ボリンジャーバンド

Posted by:



ボリンジャーバンドは、1980年代前半にジョン・ボリンジャーが考案。

統計学を応用し、中心線から外側に向かって±2σ(第2標準偏差)、±3σ(第3標準偏差)線を引き、現在のマーケット動向や状態、位置や方向性の判断を総合的に行える非常にマルチなテクニカル指標です。

「-1σ」~「+1σ」の間に値が存在する確率は68.3%
「-2σ」~「+2σ」の間に値が存在する確率は95.5%
「-3σ」~「+3σ」の間に値が存在する確率は99.7%

と計算され上下それぞれに線が描画されます。
「-2σ」や「+2σ」のラインの外側に現在値がある場合、その発生確率は4.5%しかないと読むことができます。

使い方は、
■トレンドの確認
■トレンド転換の判断
■ボラティリティの目安
■スクイーズ(圧縮)形状、期間から相場のエネルギー蓄積度合いを予測
■エクスパンション(拡大)の順張り

詳しくは、ボリンジャーバンド.pdf  をダウンロードしてください。(非公開メンバー用資料となります。 パスワードをお忘れの方は、お気軽にメールにてお尋ねください。)


0

About the Author:

  Related Posts
  • No related posts found.

Add a Comment