W2C-Clipper MT4資産運用システム … 10

Posted by:



W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」… 9/
より...

【W2C-Clipper リスク管理についてのQ&A】

W2C-Clipperユーザー様や購入をご検討の方々から、大変貴重なご質問をいただきます。
今回それらの中でリスク管理に直結するようなご質問と回答を下に列記します。

Q.70
日本のFXブローカーで運用をする場合、リスクコントロールの設定は、海外ブローカーと同じと考えてよろしいのでしょうか? レバレッジの関係で必要証拠金及びロスカットのラインが違ってくる場合、その数値を教えて頂ければ幸いです。
========

業者や国の規定する最大レバレッジ、業者側で定められたロスカット水準により多少の差はあります。
またポジション取得から最大逆行レートまでの変動幅は、為替レート や 売買方向 にも依存し変動します。

下記参考例を挙げましたので、ご査収下さい。

ex.1
1万ドル(=80万円)0.03ロットスタート レバ25倍 80円からのロング の場合
5ナンピン(初手含め計6ポジション)後の 適当な戻りのない 67.6円 までの下落でレバ25倍を超える

ex.2
1万ドル(=80万円)0.03ロットスタート レバ200倍 80円からのロング の場合
5ナンピン(初手含め計6ポジション)後の 適当な戻りのない 65.2円 までの下落でレバ200倍を超える

ex.3
1万ドル(=80万円)0.03ロットスタート レバ25倍 80円からのショート の場合
5ナンピン(初手含め計6ポジション)後の 適当な押し目のない 91.4円 までの上昇でレバ25倍を超える

ex.4
1万ドル(=80万円)0.03ロットスタート レバ200倍 80円からのショート の場合
5ナンピン(初手含め計6ポジション)後の 適当な押し目のない 94.7円 までの上昇でレバ200倍を超える

ex.5
1万ドル(=120万円)0.03ロットスタート レバ25倍 120円からのロング の場合
5ナンピン(初手含め計6ポジション)後の 適当な戻りのない 105円 までの下落でレバ25倍を超える

ex.6
1万ドル(=120万円)0.03ロットスタート レバ200倍 120円からのロング の場合
6ナンピン(初手含め計7ポジション)後の 適当な戻りのない 102.1円 までの下落でレバ200倍を超える

ex.7
1万ドル(=120万円)0.03ロットスタート レバ25倍 120円からのショート の場合
5ナンピン(初手含め計6ポジション)後の 適当な押し目のない 133.9円 までの上昇でレバ25倍を超える

ex.8
1万ドル(=120万円)0.03ロットスタート レバ200倍 120円からのショート の場合
5ナンピン(初手含め計6ポジション)後の 適当な押し目のない 137.8円 までの上昇でレバ200倍を超える

※上記はあくまでもW2C-Clipperを用いたリスク管理にける目安の提示であり、その数値を保証するものではありません。また、各業者によりロスカット水準は異なるため、上記数値は参照程度に留め、余裕のあるリスクを抑えた実運用をされますこと強く推奨します。

ちなみに、購入後閲覧可能となります各人リスクテイクと最適なロット数を決定するために必要な、各年度および通年での各初期ロット、バックテスト結果とそのチャート表記は、FXDDMalta-MT4(x200)を用いております。

■Q.71
FXDD レバレッジ200倍の円口座で1000万円、0.6lot スタートで始めようかと思っておりますが、$100,000、0.6lot スタート(ハイリクス設定)と同じと考えてよろしいのでしょうか?
あるいは、現在のレートで考え約800万円、0.6lotが同等と考えるのでしょうか?
========

10万ドル(現状レートで約800万円) 0.6lot をハイパフォーマンス(=ハイリスク)設定と定義づけています。
ちなみにこれは、以下2つの考え方に準じます。ご承諾の上設定下さい。

・ 円口座、ドル口座に関係なく、W2C-Clipperにおけるリスク管理の提案(1~6)は以下の考えに従います。
ex.1万ドル0.06ロット=ハイパフォーマンス(ハイリスク)というのは、あくまでもバックテストにより導かれた、不確定な未来の相場に対峙するための目安となるものであり、それ以上の、例えばロスカットにならないことを保証するような数値ではありません。

・ 説明し易いので以下極端な例をもちいます。
1ドル120円の場合、10,000ドル=1,200,000円、この初期資金から合計30,000ドルLポジが10円逆行で掴まった場合、30万円の含み損で、これは資金に対して25%。
対して、1ドル40円、10,000ドル=400,000円の場合、同様に合計30,000ドルLポジが10円逆行で掴まった場合、30万円の含み損で、75%となってしまい、一見リスクは3倍であるように見えます。
しかし、120円からの10円逆行というは、変動率(相場のボラティリティ)を考慮すると、40円からの3.3円逆行相当となるかとおもいます。
ゆえに、1万ドルに対する初期ロット設定のみでのリスク管理の考え方に破綻はないと考えております。

その他リスクに関するQ&A:http://www.w2c-clipper.com/top/questionanswer.html#S20

W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」… 11/
 に続く...


0

About the Author:

  Related Posts
  • No related posts found.

Add a Comment