カテゴリー
スワップポイント比較

【2021年】カナダドルのスワップポイント比較ランキング!運用におすすめのFX会社や収益シュミレーションも紹介

カナダは先進国でありながら世界有数の天然資源大国で、今後の人口増加や新興国の経済成長によって、資源大国であるカナダは更に成長していく見込みです。

現在カナダはカナダドルを発行しており、FXでも取引することが可能です。

2019年代にはカナダの政策金利が1.75%だったこともあり、スワップ運用としても人気がありました。

現在コロナショックによる金融緩和で0.25%と低迷していますが今後、金融緩和縮小で金利上げになってくると再びスワップ運用で利益を積み重ねることが可能です。

今回は各FX会社のカナダドルのスワップポイントを比較しました。

カナダドルでスワップ運用するのにおすすめのFX会社を紹介したり、カナダドルの今後の動向を解説したりします。

カナダドルでFXを始めようと検討している人は、参考にしてください。

【2021年最新版】FX口座のスワップポイントを比較!通貨ペア別スワップ運用のポイント・おすすめ業者の厳選紹介

【2021年】各FX会社のカナダドルのスワップポイントを比較

各FX会社のカナダドルのスワップポイントは下記の通りです。

FX会社 カナダドルスワップポイント スプレッド
みんなのFX 3円 -3円 1.6銭
LIGHT FX 3円 -3円 1.6銭
FXTF 1円 -16円 1.6銭
トライオートFX 1円 -45円 1.9銭
FXブロードネット 1円 -25円 4.8銭
GMOクリック証券 4円 -7円 1.7銭
DMM FX 4円 -7円 1.7銭
SBI FXトレード 4円 -9円 1.6銭
外為どっとコム 2円 -17円 1.7銭
YJFX! 2円 -17円 1.7銭

GMOクリック証券・DMM FX・SBI FXトレードが1番高いスワップポイントを提供していることが分かります。

カナダドル円はスプレッドが広めに設定されていますが、FXブロードネット以外大きな差は無いので、どのFX会社でもある程度取引コストを抑えて運用できます。

スワップポイントとは?スワップで利益を得る方法とメリット・デメリットを解説

大手FX会社のスワップポイントが高め

カナダドルのスワップポイントを高水準で提供しているFX会社は大手FX会社の傾向にあります。

高水準で提供していたGMOクリック証券は、9年連続取引高NO.1のFX会社で、DMM FXは口座数NO.1のFX会社です。

SBI FXトレードもSBIグループの大手FX会社で、1通貨単位から取引できる為、学生から高い人気を得ています。

【2021年】各FX会社のカナダドルのスワップポイント推移

各FX会社のカナダドルのスワップポイント推移をグラフ化しました。

各FX会社のスワップポイントの推移

年月月 みんなのFX トライオートFX GMOクリック証券 DMM FX SBI FXトレード 外為どっとコム YJFX!
08/01 0
08/02 3 1 5 4 3 3
08/03 3 1 5 4 4 2 2
08/04 12 4 16 4 4 8 8
08/05 3 1 4 16 16 3 3
08/06 4 4 0 0
08/07 0 0
08/08 0 0
08/09 3 1 4 0 1 1
08/10 3 1 4 4 4 1 1
08/11 9 3 15 4 4 3 3
08/12 3 1 6 12 12 1 1
08/13 3 6 5 4 4 1 1
08/14 4 0 0
08/15 0 0
08/16 3 6 4 4 1 1
08/17 3 6 5 4 4 2 2

カナダドルのスワップポイントの推移を見ていくと、やはりGMOクリック証券・DMM FX・SBI FXトレードが安定して高スワップポイントを提示していることがわかります。

【2021年最新版】豪ドル(オーストラリアドル)のスワップポイントを業者別に比較!スワップ運用におすすめのFX業者ランキング

カナダドルの政策金利推移

スワップポイントは通貨同士の政策金利の差益によって生まれる為、カナダの政策金利の変動によってポイントが変わります。

スワップ運用する人にとって政策金利は重要な指標になるので、カナダの政策金利がどのように推移しているか確認しておきましょう。

年代 政策金利
2017年 1%
2018年 1.75%
2019年 1.75%
2020年 0.25%
2021年 0.25%

2018年~2019年のカナダは政策金利が1.75%で推移していましたが、2021年現在は0.25%になっています。

政策金利が大幅に下がった原因はコロナショックが大きく、コロナウィルス感染拡大によって大きな経済ダメージを受けた結果、金融緩和政策を打ち出しました。

世界的に見てもどの国も金融緩和で経済回復を促しているので、コロナが収束するまでは政策金利は上がらない見込みです。

【2021年】メキシコペソの今後の見通しは地獄?10年後レート推移や政策金利の影響・売り時と買い時を解説

カナダドルのスワップポイント収益予想

現在のカナダドルのスワップポイントを1年間・5年間運用するとどのくらい収益を得られるのかシミュレーションします。

スワップポイントの運用は長期間運用が一般的で、年間単位で収益を得ます。

カナダドルのスワップポイントだと、大体どのくらい収益を得られるのか把握しておきましょう。

スワップポイントは高水準の4円/日で換算します。

100万円からはじめるおすすめ資産運用を紹介!初心者でも手軽に始められる方法や注意点も解説

1年間の収益

カナダドル円でスワップ運用した場合の収益を計算します。

レバレッジ2倍と10倍掛けて取引した場合の収益をそれぞれ提示するので、自分の自己資金と近いものを参考にしてください。

カナダドル円のレートは、86.8円で固定します。

資金 取引数量 レバレッジ 収益
10万円 10,000 約10倍 1,440円
100万円 110,000 約10倍 15,840円
1000万円 1,150,000 約10倍 165,600円
100万円 20,000 約2倍 2,880円
1000万円 230,000 約2倍 3,3120円

カナダドル円のスワップポイントは、高金利差通貨ペアに比べて低い為、約1,000万円以上の資金で運用しないと年間収益が10万円を超えません

レバレッジ10倍以上で取引すると、利率を高くすることができますが、長期間運用でのハイレバレッジはロスカットリスクが高くなるのでおすすめできません。

5年間の収益

NZドル円でスワップ運用を5年続けた場合の収益は下記の通りです。

資金 取引数量 レバレッジ 収益
10万円 10,000 約10倍 7,200円
100万円 110,000 約10倍 79,200円
1000万円 1,150,000 約10倍 828,000円
100万円 20,000 約2倍 14,400円
1000万円 230,000 約2倍 165,600円

5年間運用すると、100万円資金でレバレッジ10倍運用すると10万円近く利益を得ることは可能です。

しかし高スワップポイントの通貨ペアと比較すると効率が悪く、現在の政策金利ではレート変動で得る差益を利用して運用したほうがうまく利益を得られるでしょう。

カナダドルのスワップ運用におすすめのFX会社を紹介

カナダドルのスワップ運用におすすめのFX会社を厳選しました。

カナダドルのスワップポイントは、現在カナダの政策金利が金融緩和によって低くなっている為低い状態です。

しかし、今後景気が回復下再び金利が上がればスワップ運用することも可能です。

今回紹介するFX会社は、カナダドルのスワップポイントを高水準で取得できる上にサービスも業界トップクラスです。

これからFX会社の口座開設を考えている人は参考にしてください。

FXの口座開設方法!開設の流れ・審査基準・注意点を徹底解説

【1位】SBI FXトレード

SBI FXトレード

総合
3.60
【スプレッド】 売買のコストパフォーマンス
4.5
【スワップポイント】 金利の低さ・使い勝手の良さ
3.0
【約定力】 安定性・レスポンスの速さ
3.5
【取引ツール・アプリ】 サービス充実度・モバイル対応度
4.0
【情報力】 配信の充実度・コンテンツの質
3.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1通貨~ 0.0~0.9銭(米ドル/円)
※1~1,000通貨単位
1(買い)
-6 (売り)
※2021/06/25時点
※10,000通貨単位
超少額取引できる!
SBI FXトレードは1通貨単位から取引できるFX会社なので、米ドル円を5円程度で取引することができます。
さらに少額取引する場合のスプレッドが業界トップクラスなので、少額取引者から高い人気を得ています。
  • 人民元スプレッド縮小&受取スワップポイント増量キャンペーン
  • 新規口座開設プログラム

SBI FXトレードは1通貨単位から取引できるFX会社で、カナダドルのスワップポイントを高水準で提示しています。

少額運用から始められる為、FX初心者で損失が怖い人も安心して運用できます。

また1~1,000通貨単位のスプレッドが業界最狭水準で提供している為、スプレッドで利益を大きく減らす心配もありません。

口座開設してログインするだけで500円もらえるキャンペーンも常設しているので、少額運用から始めたい初心者に最適のFX会社です。

SBI FXトレードの評判・口コミは?メリット・デメリットと初心者におすすめの理由・口座開設の流れを解説

【2位】GMOクリック証券

GMOクリック証券

総合
4.70
【スプレッド】 売買のコストパフォーマンス
5.0
【スワップポイント】 金利の低さ・使い勝手の良さ
5.0
【約定力】 安定性・レスポンスの速さ
5.0
【取引ツール・アプリ】 サービス充実度・モバイル対応度
4.5
【情報力】 配信の充実度・コンテンツの質
4.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
10,000通貨~ 0.2錢(米ドル/円) 6(買い)
-9(売り)
※2021/06/29時点
※10,000通貨単位
9年連続取引高NO.1!
GMOクリック証券は9年連続取引高NO.1のFX業者で、初心者トレーダーから上級者まで満足できるFXサービスを提供しています。
スプレッドが業界最小水準で提供されており、大量注文でも原則固定スプレッドになっているので大口取引の人もしっかりコストを抑えられます。
  • はじめてのFX口座開設+お取引で最大30,000円キャッシュバック!

GMOクリック証券は9年連続取引高NO.1の大手FX会社です。

カナダドルのスワップポイントも高水準を維持して提供している為、じっくりリスクを抑えて運用したい人におすすめです。

他の高スワップポイント通貨ペアも高水準で提供しているので、スワップ運用をメインに資産運用したい人に最適です。

GMOクリック証券は証券会社ですが、24時間対応のコールセンターも常設している為、万が一夜中にトラブルが発生しても迅速に対応してくれます。

初心者サポートも充実しているので、色々な通貨ペアでスワップ運用したい人は口座開設を検討してみてください。

GMOクリック証券「FXネオ」の評判・口コミはどう?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

【3位】DMM FX

DMM FX

総合
4.20
【スプレッド】 売買のコストパフォーマンス
5.0
【スワップポイント】 金利の低さ・使い勝手の良さ
4.5
【約定力】 安定性・レスポンスの速さ
4.5
【取引ツール・アプリ】 サービス充実度・モバイル対応度
4.0
【情報力】 配信の充実度・コンテンツの質
3.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
10,000通貨~ 0.2錢(米ドル/円)  7(買い)
-10(売り)
※2021/06/29時点
※10,000通貨単位
FX口座数国内NO.1!
DMM FXは総口座数が75万口座を突破し、2020年1月時点で国内1位の口座数になりました。(※DMM FXと外為ジャパンFXの合計)
使いやすい取引ツールやデモ口座が初心者から人気で、コールセンターも24時間体制なので、はじめての取引も安心して運用できます。
  • DMM FXの新規口座開設+お取引で最大200,000円キャッシュバック【2021年2月1日以降】
  • ZAR/JPY、MXN/JPYスプレッド縮小キャンペーン【2021年6月15日 ~】
  • 取引応援ポイントサービス【2010年8月2日(月)~】

DMM FXは大手DMMグループが運営しているFX会社で、カナダドルのスワップポイントを高水準で提供しています。

安定した推移でスワップポイントを提供しているので、大手の安心感を得ながら運用したい人におすすめです。

DMM FXは初心者でも使いやすい取引ツールを搭載しており、デモ口座も対応しているのでFX初心者でも始めやすいFX会社です。

とりあえずメイン口座を開設してFX取引をはじめたいという人にもおすすめです。

DMM FXの評判・口コミはどう?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

カナダドルはスワップ運用に向いていない?

カナダの政策金利が0.25%と低水準で推移している為、現在の状態でスワップ運用することはおすすめできません。

カナダドル円のレート変動から得られる利益と併用してスワップポイントを貯める戦略の方が効率良く運用できるのでおすすめです。

カナダドルのスワップポイントはどのFX会社も低め

カナダドルのスワップポイントはどのFX会社でも低めに設定されています。

高スワップポイントで人気の南アフリカランド円やメキシコペソ円に比べて低い水準で提供されているので、スワップ運用向きではありません。

今後カナダの金利政策が上がって行くと、効率スワップ運用できる可能性があります。

2021年現在は、カナダドル円で取引する場合、レート変動での差益を狙って取引することを推奨します。

 

関連記事