カテゴリー
お金の知識

LINEスタンプの収入は平均いくら?収益の仕組みと稼ぐコツについて解説

皆さんも一度は使ったことがあるであろうLINEスタンプですが、実際のところ稼げるのでしょうか。

今回はLINEスタンプでの収入やどのような仕組みで収益化になるのか詳しく説明していきます。

【2021年】儲かる在宅副業ランキング!PC・スマホで安全に稼げる10個の副業を徹底比較

LINEスタンプの平均収入は月1,000円以下

LINEスタンプのクリエイターの収入を平均すると月1,000円以下の方が多いです。

最近はLINEスタンプも飽和化してきて、スタンプ自体が売れなくなってきているということもあり、月1,000円以下の方が多くを占める形となっております。

平均すると月1,000円以下の方が多くを占めますが、逆に月100万円以上稼ぐ人もいます。

これだけ稼げない人が多い中で、月100万以上稼いでいる方はどのような稼ぎ方をしているのでしょうか。

これも後程詳しく説明させていただきます。

LINEスタンプで得られる収入の実例

LINEスタンプで得られる収入の実例

収入が月数百円のクリエイターが半数

LINEスタンプを販売するクリエイターは、収入が月1,000円に満たないケースがほとんどです。

クリエイターを始めたばかりの方が大半を占めていて始めたばかりですぐ稼ぐのはやはり難しいです。

このレベルだと知り合いに頼んで購入してもらうぐらいの収入になります。

収入月数千円は知人以外からの購入が必要

身内以外の方に買ってもらえるようになると、月数千円も見えてきます。

ここまでは一つのスタンプでも達成可能な額にはなってくるのですが、これ以上稼ぐためには一つのスタンプ商品では難しいです。

新しいスタンプを作るなり、今作っているスタンプのシリーズ化を考えるなどの工夫が必要になります。

月数万円を稼ぐには100~1,000以上のスタンプ販売が必要

月数万を稼ぎたいとなってくると、一つのスタンプでは厳しくなってきます。

大体スタンプの数として最低100個は必要になるでしょう。

しかし、この数字は一つのスタンプが結構売れている場合で、一つのスタンプが大きく売れていなければ、1000以上のスタンプが必要になることもあります。

月数百万円以上を稼ぐにはヒット作が必要

新着クリエイターズスタンプ

LINEスタンプも年ごとに新しいものがどんどん出てきます。

月数百万以上稼いでいる方は年々増加していく中で、売り続けているということなのでとても難しいです。

数百万を稼ぐにはまずはヒットスタンプが必要になってきます。

ヒットしたスタンプが出ると露出が増えるので、次に出すシリーズ作なども購入されやすくなるのです。

他にも稼いでいる人がやっている手法があるので詳しく説明していきます。

LINEスタンプ販売が年々稼げなくなっている理由

LINEスタンプのクリエイターの収入などを紹介してきたのですが、稼げていない方がほとんどという結果になりました。

稼げなくなっている理由としては、LINEスタンプの購入率は下がってきているのにクリエイターの数が増えてきているという需要と供給が合っていないことが大きな理由です。

LINEスタンプで宣伝してもらえるのはランキング上位のスタンプと最近追加されたスタンプだけです。

LINE Creators Marketにおける利用実績(2019年)

引用:LINE株式会社 公式HP

データ上は販売中のスタンプセットも登録クリエイターの数も増えていますが、実際は商品数の増加と一部のクリエイターの売上独占が同時に起こっているので、多くのクリエイターの収益は減少しています。

最近追加されたスタンプはすぐに宣伝から外されてしまうので、稼ぐためにはランキング上位に入り続ける必要があります。

それはなかなか難しいことなので、売り続けるということが困難で稼ぎにくいということになってきます。

また、LINEスタンプクリエイターの90%は一つもスタンプが売れたことがないというデータがあり、ここでも稼ぐことが難しい副業だということが分かります。

では、稼いでいるクリエイターはどのようにして自分で作成したスタンプを上位に表示させ続けて、稼ぎ続けているのでしょうか。

LINEスタンプで稼いでいる人の特徴

時代的にもかなり稼ぎにくいLINEスタンプのクリエイターですが、稼いでいる人にはどのような特徴があるのでしょうか。

共通点をまとめてたので紹介していきます。

海外での販売も視野に入れる

一つ目は日本以外の国も視野に入れることです。

日本ではたいして使われないようなスタンプでも世界を視野に入れると評価が変わることもあります。

LINEは世界の国々でも使われているツールなので、稼ぎたいと思っているのであれば世界のLINEを使っている国を調べて研究することも重要です。

ランキング上位になったらシリーズ化する

LINEスタンプランキング

LINEスタンプはランキング上位に入ると、多くの利用者に宣伝できます。

この宣伝してもらっている時期にシリーズ化をすると、元々人気があるスタンプのシリーズ化ということで人気も出やすく、稼ぎやすいです。

LINEスタンプで収入を得るポイント

売れるスタンプを作るというのが目的ではありますが、LINEスタンプの中にも守らないといけないルールもあります。

作ってから気付いても遅いので、スタンプを作る際に気を付けることを紹介していきます。

競合が少ないカテゴリーで勝負する

これはスタンプ作成以外でも重要なことなのですが、競合が少ないカテゴリーで勝負するということが大事になってきます。

これからLINEスタンプのクリエイターとして始めていくということになって競合が多いサイトで勝負していくのは難しいです。

稼ぐことにフォーカスするなら登録数の少ないカテゴリーを狙っていきましょう。

スタンプの売れ行きを研究する

スタンプを作るからには研究が大事になってきます。

また、この研究では売れているスタンプの傾向などを見ることが重要になってきます。

実際に売れているスタンプを自分で使ってみて初めて分かることもあると思うので、まずは自分で使ってみましょう。

日常で瞬間的に使えるスタンプを作る

日常で瞬間的に使えるスタンプ

スタンプには様々な種類がありますが、選ぶ時間がかかってしまうスタンプは売れない傾向にあります。

すぐに返信をしたい場合などにスタンプ選びに時間をかけられないからです。

そのため瞬間的に使えるスタンプの方が需要があるということが分かります。

送金方法にLINE Payを選ぶ

分配金は1000円から申請できます。

送金方法は銀行振り込みかLINEPayを選べますが、銀行振り込みは1回につき手数料が550円もかかるのでLINEPayがおススメです。

売上の額が小さいので1000円になるまで長い時間がかかった人もいるみたいですが、実際送金されると達成感がありますよね。

販売価格は120円から始める

スタンプの販売額は以下の5種類となっています。

  • 120円
  • 240円
  • 360円
  • 480円
  • 600円

販売されているスタンプは120円のものが最も多いです。

稼ぎたいからと言って販売額を釣り上げても、かえって売れなくなるだけなので、その点には注意しましょう。

LINEスタンプの収入は副業に最適

LINEスタンプの報酬は最終的にクリエイターに35%程度が分配されます。

ざっくりですが、LINEスタンプを本業として生活するに上位100位までのクリエイターでないと生活は厳しいでしょう。

上位100人に入るのは今もなおクリエイターが増えている中ではとても難しいですが、上位100位までの販売額を平均すると5億を超えるとも言われているのでそれを聞くと夢がありますね。

イラストに興味があって副業として行うなら問題ないですが、LINEスタンプクリエイターとして専業で活動するのは難しいです。

イラストに興味がある方はイラスト案件の仕事を受けたりしていった方がお金にもなりますし、絵でお金を稼いでる感が出ると思うのでそちらの方をおススメします。

関連記事