カテゴリー
FXトレーダー

YouTuberラファエルの現在の年収は5億円以上!アカウントBANの原因と現在の収入源を解説

生年月日 ????年6月25日
身長 178cm
配偶者 一般女性
職業 YouTuber・実業家・投資家・作家

ラファエルは大阪出身の人気YouTuberです。

2014年に偶然見たCMをきっかけにYouTubeチャンネルを立ち上げて、現在ではYouTuberとしてTOPクラスの知名度を誇ります。

YouTubeチャンネル
  • ラファエル
  • ラファエルサブチャンネル
  • 炎上軍の休日
活動期間 2014年10月28日~
登録者数
  • ラファエル:179万人
  • ラファエルサブチャンネル:27.2万人
  • 炎上軍の休日:792万人
総再生回数(2021年6月現在)
  • ラファエル:6億9094万回
  • ラファエルサブチャンネル:5882万回
  • 炎上軍の休日:792万回

現在はYouTuberの顔以外にも、実業家・投資家・作家としての顔をもちます。

YouTuberになる前は自衛隊の隊員をやっており、その後はサラリーマンをしながら両立してYouTubeを始めたそうです。

両立した後にYouTuberとして有名になっていき、収益が増えていったことでYouTuber一本になりました。

マスクをつけたスタイルは、2つの理由があるそうです。

  • 身バレ防止のため
  • ディズニーのミッキーのようにキャラクタービジネスをめざすため

上記の理由により今のマスク姿を貫いているといいます。

YouTuber以外にも実業家や投資家、作家としての顔を持つラファエルですが、一体年収はいくらなのでしょうか?

本記事では、ラファエルの年収と収入源について紹介していきます。

FXトレーダーの年収はいくら?個人(専業デイトレーダー)・法人別の年収分布と年代別推移・年収ランキング

ラファエルの現在の年収は5億円以上


ラファエルの年収は5億以上です。

絵本作家でお笑いタレントのキングコング西野亮廣との対談動画で自身の年収に触れ、5億はいくとのことでした。

メインの収入源としてはGoogleの広告収入と案件収入です。

メイン収入だけで月収約4000万円はあるといわれております。

メインの収入源以外にもいくつか収入源があるので、以下で詳しく紹介していきます。

収入源①Googleの広告収入

ラファエルがもつ収入源の中で一番大きいのは、YouTube動画の広告収入といえます。

複数のチャンネルを運用しており、中には人気YouTuberのヒカル・シバターと共同で活動しているチャンネルがあるのです。

月でみると6000万回再生されるラファエルは、メイン・サブチャンネルでのトータルで月1700万円の収益をあげました。

2018年時点で、YouTuberの年収は2億円との発言もありました。

YouTuberは経費で落とせる種類が多く、中には経費フェラーリも買えるそうです。

YouTuberの動画の中では高級車を使ったドッキリなどもよく見ますが、経費で落とせるのが要因といえます。

2019年にメインチャンネルがアカウント停止されてしまい、アカウントBANの被害額は5000万円だそうです。

一時は収入が0になりましたが、2020年時点では月収4000万円と発言しており驚異の復活をとげました。

収入源②企業案件

YouTuberとして人気になると企業案件の依頼がくる可能性があがります。

ラファエルの発言によると、企業案件の一件当たりの値段は「クラウン一台分」と発言しており100万円~200万円と考えられるでしょう。

過去には月の最高で22本の企業案件を受けており、これだけでも約3000万円の収入になります。

収入源③ビジネス書の印税

YouTuberとしてのイメージが強いですが実は「秒で決めろ!秒で動け!」などのビジネス書も執筆しています。

YouTubeと比べると大きな収益はでていないそうだが、印税も立派な収入源です。

自身がつけている白マスクなどのグッズ販売も収入につながりそうだが、販売する予定はないとしています。

収入源④会社経営

YouTubeでも活動しながら、会社を5つ経営しています。

会社のジャンルとしては、以下のようになっています。

  • YouTube活動のための法人:1社
  • アプリ開発系:2社
  • コンサル系:1社
  • アパレル系:1社

YouTube活動のための会社以外は、共同経営をしているそうでYouTuberとして力をいれて活動できるそうです。

経営している会社の詳しい内容については1社以外公表されていらず、YouTube活動のための会社になります。

会社名 株式会社イスラーフィール
設立 2017年3月1日
資本金 300万円
代表取締役 田中正一
所在地 愛知県名古屋市緑区桃山

会社名のイスラーフィールは、イスラム教でいう大天使ラファエルを意味します。

ラファエルとの名前と一致しており、本名は田中正一の可能性が高いです。

FXの法人化で本当に節税できる?会社設立の効果と起業タイミング・注意点を徹底解説

収入源⑤FX・不動産投資

ラフカエルはFXや不動産経営も行っております。

FXは年収2000万円以上も稼いでいるとの噂もあるのです。

不動産運用だけでも生活できるほど収入があり、寝ていても勝手に収入があるうえにFXで莫大な収益もあります。

FXでのギャンブル手法で大量にお金をつぎ込み、運よく大儲けをしたそうです。

大儲けしたお金を不動産などにあてて、勝手にお金が入る仕組みを作り上げたという事ですね。

しかし、大儲けしたのは決して運だけではなく政治関係に詳しく経済用語の知識も豊富でマクロ経済にも精通しているそうです。

株の勉強を必死にした勝ち組といえますね。

ラファエルが実は金持ちではないと言われる理由

人気YouTuberの年収は億を超えているといわれており、例外なくラファエルも金持ちであるイメージがあります。

しかし、手持ちの金は少なくお金持ちは嘘ではないか噂されているのです。

嘘言われている理由としては以下があげられます。

  • 度々ヤラせ動画が浮上
  • 札束を使いまわしている疑惑
  • メインアカウントBAN

ラファエルのヤラせ疑惑動画の理由としては、1200万円するブランド時計を購入する動画アップするとリスナーから既に杯盤であるとの指摘をうけました。

やらし疑惑の理由に加えて、部ラウンド時計を購入する動画以前から動画内で既に同じ時計を身に着けている姿が目撃されているのです。

既に持っていた時計を新しく購入したように見せかけたヤラせ動画ではないかと、巷ではいわれており炎上しました。

金持ちは嘘と言われる理由として、メインアカウントがBANされたことがあげられます。

2019年にメインアカウントがBANされました。

BANされた理由としては、未成年者の視聴で適さない動画があったとされており一切の収益が得られなくなったのです。

ラファエルの人気の秘密

将来なりたい職業ランキングで小中学生の間で常に上位にいるYouTuberは、多くの芸能人もYouTuberとしてデビューしています。

多くの芸能人がデビューし始めた今、継続して収益化するのは難しくなっていえるでしょう。

しかし、難しくなった現状でも人気で高収益を上げているのがラファエルです。

下記では、人気YouTuberラファエルの人気の秘密について紹介していきます。

富豪を夢見る視聴者からの憧れ

ラファエルの人気の秘密の一つとして、動画の配信内容があげられます。

動画シリーズでは、金持ちアピールの動画があるのです。

一般的な人にはできないことや高級車を乗ったりなど、お金持ちの世界をみせてあげていることがユーザーから根強い人気を得ている秘訣だと考えられます。

身内ネタ

ラファエルは、人気YouTuberであるシバターと組み登録者数を多く増やしました。

他のYouTuberと組むことはお互いに大きなメリットがあります。

ラファエルは登録者数が伸びる一方で、シバターは身内ネタにより視聴者をダブらせてファン離れを防ぐ効果があるのです。

ラファエルの人当たりの良さは動画から見て取ることができ、性格の良さが人脈拡大につながったのではないかと思われます。

企業案件のオープン化戦略

ラファエルの特徴として、多方面からビジネス的に考えて先行投資やコストをかけることをYouTuberとして行っていました。

白マスクを被っており匿名性が高いことから、他のYouTuberが踏み込めなかった企業案件のオープン化に切り込んでいけます。

ブルーオーシャン戦略と呼ばれる競合の少ない分野を攻める配信内容が、後発ながらラファエルが人気の秘密といえるでしょう。

メインチャンネルのアカウントBANの原因


ラファエルが2019年にメインチャンネルをBANされ収益が無くなったように、YouTuberにとって最も怖いのがアカウントBANです。

アカウント停止されたユーザーは最悪の場合、新チャンネルの開設や他のYouTubeチャンネルの利用が禁止されます。

二度とYouTubeで収益が出ないと考えると、アカウントBANはYouTuberにとって死活問題といえるでしょう。

公序良俗に反しているものはアカウントBANの対象にあります。

誰かへの攻撃と捉えられるものは、無意識にせよ規約違反となる可能性があるのです。

しかし、万人受けするようなコンテンツを作るのは難しいといえるでしょう。

YouTubeでは、アカウント3ヶ月間で3回の警告を受けない限りはアカウントBANにはなりません。

YouTubeに挑戦したい方がいれば、警告を受けた際には原因を考えて対策を練りましょう。

ラファエルは今も億越え年収を維持

ラファエルのメイン収入は、Googleからの案件収入と広告収入です。

メイン収入以外にも、出版した本の印税や会社経営、投資で得た収益などあり年収が5億円以上あります。

メイン活動のYouTubeでは、フェラーリなど多くのものが経費として扱えることから税金対策にもなっているのです。

YouTubeは莫大な収益を出し、経費も健全に申請することができ夢の職業といえますね。

関連記事