カテゴリー
取引時間

FXの取引時間の基本知識|世界のマーケットの特徴と時間帯・曜日ごとの取引傾向

FXは平日なら24時間いつでも取引できるという特徴があります。

株式投資の取引時間は平日9時~15時(11時30分~12時30分は休み)なので、FXは仕事が日中忙しい方でも対応できる強みがあります。

ただ、FXはどの取引時間も同じではありません。時間ごとの特徴を抑えて取引をすることが、トレーダーとして成功する第一歩になります。

仕事の関係上で特定の時間しか取引できない方は、その時間帯の特徴を抑えた上でトレードスタイルを決めていくことも大切です。

今回は、FXの取引時間と時間帯について、徹底解説していきます。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

FXは平日24時間いつでも取引できる理由

FXの取引時間と市場オープン時間

なぜ株式投資の時間は限定的なのにFXは平日24時間取引できるのか、疑問に思う方も多いでしょう。

FXが24時間いつでも取引できる理由は、インターバンク市場という世界中の金融機関が参入する外国為替取引ネットワークを利用しているためです。

インターバンク市場は国内の証券取引所と違い、平日は営業時間を設けていません。世界中の銀行同士が取引をするので、時差を考慮して常にオープンしているのです。

一方、土日の為替市場は世界中どの国でも閉まっているため、取引は原則できません。

FX取引の開始と終了の時間は会社によって異なる

FX取引は基本的に平日24時間いつでも可能ですが、始めと終わりの時間はFX会社によってバラつきがあります。

会社名 月曜日の取引開始時間 金曜日の取引終了(クローズ)時間 平日の取引不可能な時間帯
GMOクリック証券 7:00 翌6:00(土曜日) なし
トレイダーズ証券(みんなのFX) 7:00 翌5:40(土曜日) 5:40~6:00
外貨ex byGMO 7:00 翌5:50(土曜日) 5: 55~6:00
ヒロセ通商 6:00 翌6:00(土曜日) 6:00~6:05
トレイダーズ証券(みんなのFX) 7:00 翌5:40(土曜日) 5:40~6:00
FXブロードネット 7:00 翌5:55(土曜日) 5:55~6:05
外為どっとコム 7:00 翌5:55(土曜日) 5:55~6:10
DMM FX 7:00 翌5:50(土曜日) なし

主なFX会社の取引可能な時間帯がこちらとなります。

平日なら24時間取引ができるといっても、ほどんどのFX会社は間に取引できない時間が設けられていることが分かります。

まずはこちらの取引時間の違いを把握した上で、自分のライフスタイルへ当てはめるようにしましょう。

平日でもFX取引ができない日がある

FX取引ができない日

世界中のFX市場がクローズするクリスマスや正月は、平日といっても通常通りFX取引をすることができません。

FX取引ができないタイミングを把握した上で、当日のやり方を考えていきましょう。

クリスマスはほとんどのFX市場が閉まる

12月25日のクリスマスはほとんどのFX市場が閉まりますが、日本の市場だけは原則開いています。

海外ではクリスマスは暦上で祝日扱いになる例がほとんどですが、日本では国民の祝日扱いになってはいません。

日本の市場はクリスマスでも原則開いていますが、世界中のトレーダーの取引がストップするので、FX会社によっては取引を停止しているところも少なくありません。

7~15時に取引ができるFX会社もありますが、このタイミングでは市場に参入するトレーダーの数が少なくなるので値動きが大きくなります。

チャートの読み取りに自信のない初心者は、エントリーを避けることをおすすめします。

大晦日・元日は一部のFX市場で取引可能

日本ではクリスマスの取引に一部対応している代わりに、大晦日・正月の取引は全面的に休みとなります。

一方、海外ではクリスマスを休日にする代わり、大晦日・元日は日本のような長期休暇にならないケースも多々あります。

ただ、大晦日に取引ができても元日には全てのFX市場が休場になっているので、取引をすることができません。

逆に1月2日以降はほとんどのFX会社が取引を再開します。1月1日だけが休場になるので注意しましょう。

FXの年末年始ポジション持ち越しは危険!その理由と対処法

国民の祝日でもFX取引はできる?

日本の場合、FX市場は土日休みというのが原則になり、それ以降の国民の祝日でも土日と被らない限りは取引ができます。

一方、海外で国民の祝日が休みになるかどうかに関しては、その国の文化に依るところが大きく、一概には言えません。

ただ、世界のほとんどの国で休みになるのはクリスマス・元日くらいで、どこかの国が祝日だとしても取引は原則可能です。

FXの取引は土日も可能?覚えておくべき土日の取引可能時間・取引ルールと値動きの傾向

FXの取引時間ごとに値動きの傾向を徹底解説

FXでは、為替の中心になる三大市場というものがあります。

  • 東京時間
  • ロンドン時間
  • ニューヨーク時間

こちらの3種類の時間の特徴を把握し、的確に取引をおこなうことでFX取引の成功にグッと近づきます。

ここからは、主な市場の取引時間ごとに特徴を解説していきます。

東京時間(8~15時)

日本時間の8~15時は、時差の関係上特にアジアのトレーダーが多数参入してきます。

8~10時までは値動きが活発ですが、そこを超えると比較的穏やかになることが多いです。

ロンドン時間(16~25時)

ロンドン市場にはサマータイムが導入されているため、夏時間と冬時間で開閉タイミングが変わってきます。

  • 夏時間:16~24時
  • 冬時間:17~25時

夏時間は3月の最終日曜日から10月の最終日曜日まで続くので、1年を夏・冬時間でちょうど半分に分けるイメージになります。

ロンドン時間には他の欧米市場も開くこともあり、英ポンドよりもユール/取引のほうが活発におこなわれます。

FXのロンドン時間は稼ぎやすい?時間帯の特徴や有効活用して稼ぐ方法を解説

ニューヨーク時間(21~翌6時)

日本時間21時からニューヨーク市場が開きます。日中に仕事をしている方は、このタイミングで取引をすることになるでしょう。

21時から翌2時まではロンドン市場が開いているのと相まって、特に活発な取引がおこなわれます。

一方、午前2時を過ぎると値動きが収まり、安定して取引をおこなうことができます。

NYオプションカットとは?発生する理由と上手く活用して利益を出す方法を初心者でもわかりやすく解説

FX取引の夏時間(サマータイム)と冬時間(米国標準時間)

FX取引の夏時間と冬時間

夏時間 冬時間
東京市場 9:00~15:00 9:00~15:00
ロンドン市場 16:00~0:30 17:00~1:30
ニューヨーク市場 22:00~5:15 23:00~6:15

日本では馴染みがないですが、欧米では夏時間(サマータイム)制度によって、夏の活動時間が速まったり、短くなったりします。

ニューヨーク市場もこのサマータイム制度を採用しているため、国内のFX会社も併せて夏時間と冬時間を区別しています。

取引時間帯は各社によって異なるので、事前にチェックをしておきましょう。

FX取引が活発になる3つの時間帯

FX取引は、値動きが大きい時間帯を狙ってトレードすることで、高額利益を狙うことができます。

日本時間だと、特に以下の3つの時間帯が取引の活発化が起こりやすく、参入をおすすめできます。

  • 8時以降
  • 16時以降
  • 21時以降

それぞれの時間帯の特徴を見ていきましょう。

8時以降

8時~16時までは東京市場が中心となるため、アジア・オセアニアのトレーダーが多く参加しています。

特に9時55分に各金融機関は基準レート(TTM)を設定するので、そこに向けて取引は活発化していきます。

中でも五十日(ゴトービ)といわれる毎月5日と10日は輸入業者の決済も多いため、円安ドル高が進みやすいと言われています。

仲値が決定する10時過ぎあたりには、価格推移が穏やかになっていきます。

16時以降

日本時間16時~翌2時はロンドン市場が開くため、欧米勢を中心に世界中のトレーダーが集まってきます。

ユーロを中心に、欧米通貨の変動がこの時間帯は大きくなり、それまでの東京時間とは真逆の動きをするケースもあります。

取引で利益を狙える時間帯ではありますが、重要指標の発表などが重なるので、急激な値動きには警戒が必要です。

21時以降

21時から翌6時まではニューヨーク時間と呼ばれ、為替市場の中でも重要な時間帯です。

トレンド相場が発生しやすい傾向があり、初心者でも取引しやすいタイミングといえます。

また、ロンドン時間と同じように、アメリカの重要指標はこの時間帯で発表されるので、トレーダーの動きに注意する必要があります。

また、日本時間24時にはオプションカットという、通貨オプションの権利行使期限があるので、そこに絡めた動きも出てきます。

更に翌1時はロンドンフィキシングと呼ばれる金スポット価格などの仲値が決定されるので、売買動向が相場を動かす可能性もあります。

FX取引の時間帯ごとの癖

FX取引の時間帯ごとの癖

FXの主要市場がオープンしている時間帯は、単に取引が活発化しているだけでなく、市場ごとの特徴を色濃く反映したものになっています。

ここからは、主要な取引時間ごとの特徴を見ていきましょう。

東京時間の癖

東京時間は、円やオセアニア通貨(豪ドル・NZドルなど)の取引が活発におこなわれます。

また、オセアニア系の経済指標の影響でトレンド傾向が出やすいのも特徴の一つです。

トレンドラインの引き方は?引くメリットや利用する時注意点を解説

仲値以降の東京時間はレンジ相場も方向性を持ちやすいので、予測が比較的しやすいです。

レンジ相場はどう判断する?見分け方や役立つインジケーターを紹介

後場では、日経平均株価の動向に合わせて米ドル円の上昇がみられるケースも多々あります。

ロンドン時間の癖

ロンドン時間はアメリカ時間(ニューヨーク時間)と重なる時間帯で値動きが大きくなりやすいです。

値動きの傾向を大きく分けると、以下のように細分化できます。

  1. 東京時間の緩やかな下落から、ロンドン市場の開場に合わせて上昇
  2. 19時~21時頃に値動きは小さくなる
  3. ニューヨーク市場の開場で再び上昇
  4. ロンドンふぃきシングに合わせて3度目の上昇

ニューヨーク時間の癖

ニューヨーク時間は、日本時間の翌2時~3時頃に流れが変わることが多いので注意が必要です。

流れとしてはその前のロンドンフィキシングによって押し戻りが起こり、そこから2時までにトレンドフォローを目指したトレーダーが一気に参入します。

ロンドンフィキシングとは?知っておきたい基本知識とおすすめトレード方法を紹介

その後、2時頃にヨーロッパ勢が市場から抜けるため、方向性が逆になりやすいです。

FX初心者が狙うべき勝ちやすい時間帯

おすすめの取引時間は理想のトレードスタイルの影響を強く受けます。

この為、全ての初心者FXトレーダーの方に「○時~○時に取引するのが良いよ。」と一括りにして紹介することはできません。

例えばざっと思いつく限りでも、5つのトレードスタイルがあります。

  • とにかく短期間で大きく稼ぎたい
  • 取引チャンスは少なくとも、勝率が高い取引、負けない取引がしたい
  • 数pips程度の小さな利益をコツコツ稼ぎたい
  • トレンドに乗る順張り手法をしたい
  • レンジ相場を狙った逆張り手法をしたい

この5つのトレードスタイル。それぞれおすすめの取引時間が異なります。

そこで今回はトレードスタイル別、FX初心者におすすめの取引時間について解説したいと思います。

トレードスタイル おすすめの取引時間
とにかく短期間で大きく稼ぎたい 22時~24時
勝率が高い取引、負けない取引がしたい 9時~14時
小さな利益をコツコツ稼ぎたい 16時~21時
トレンドに乗る順張り手法をしたい 24時~朝5時
レンジ相場を狙った逆張り手法をしたい 5時~9時

短期間で稼ぎたいなら22時~24時(夏時間)

短期間で大きく稼ぎたい人は22時~24時(夏時間)に取引するのがオススメ。

22時~24時は欧州のトレーダーと、米国のトレーダーが重なって取引する時間帯。1日の中でも最も激しい値動きを記録します。

例えば通常ドル円は日中、1時間に10pips前後の値動きしかありません。

それが22時~24時になると1時間で20pips近く動きます。

単純に考えて2倍も激しい値動きとなる為、小さな資金であっても大きく稼ぐことが可能です。

日中2時間分の値動き=22時~24時の1時間分の値動きと考えても非常に効率良く売買できる時間帯だと分かります。

短期間で大きく稼ぎたい初心者は22時~24時を狙って取引するのがおすすめです。

FXトレーダーが勝てるようになったきっかけと勝てるまでの道のりを実体験に沿って紹介

勝率が高い取引・負けない取引がしたいなら9時~14時(夏時間)

勝率が高く、負けない。安定した取引をしたい人は9時~14時(夏時間)のアジアタイムに取引するのがおすすめです。

9時~14時は日本や中国といったアジア勢が外国為替市場のメインプレイヤー。この中でも特に強い影響力を持つのは日本。

この為、日本人の相場観と似た値動きが見られることが多いです。

例えば日本企業の対外直接投資、海外企業の積極的M&Aなどが盛んに行われていた時期は高い円売り、ドル買い需要に支えられ、アジアタイムは円安方向へ為替レートが動くことが多くありました。

※実際、2019年度の対外直接投資は248,675百万ドルと過去40年で最大。これだけの規模の円売り、ドル買い需要がアジアタイムに発生し、安定した円安トレンドを起こした。

アジアタイムはヘッジファンドなどが作る投機的な値動きも少ないく、実需に応じた素直な変動が中心です。

この為、FX初心者であっても正しい相場観さえ持っていれば高い勝率、安定した取引を行うことが可能です。

FXの勝率は実際のところ平均何%?たった1割って本当?利益平均と損失平均からわかる本当の確率

小さな利益をコツコツ稼ぎたいなら16時~21時

数秒から数分で取引を終えるような超短期売買でコツコツ稼ぐなら、16時~21時がおすすめの取引時間です。

小さな利益をコツコツ稼ぐ場合、問題となるのが取引コスト。

取引コストが大きいと利益と損失は同額だったけど、取引コスト分だけマイナスとなってしまう、”手数料負け”と言われる事態が発生することも。

FXの実質コストであるスプレッドは時間帯によって変動するという特徴を持ちます。(固定スプレッド採用FX業者を除く)

どのFX業者であっても、16時~21時はスプレッドが最も狭くなる時間帯です。

この為、小さな利益をコツコツ稼ぎたい人は16時~21時に取引するのがオススメです。

逆に22時以降は値動きが非常に大きくなり、想定外の大損失を抱えてしまう可能性もあり、おすすめできません。

FXのスキャルピングとは?手法の特徴・勝つコツやおすすめFX会社を解説

トレンドに乗る順張り手法をしたいなら24時~朝5時

上昇している時はロング、下落している時はショートする。このようにチャートの流れに沿った取引のことを順張りと呼びます。

流れに逆らわない為、FX初心者におすすめの取引手法と呼ばれることも多いです。

このような順張り手法を採用する場合、取引時間は24時~朝5時がオススメです。

24時~朝5時は米国の主要な経済指標の発表も終わり、慌ただしく乱高下した為替レートが真の値動きを形成し始める時間帯と言えます。

GDPや雇用統計といった経済指標は一時的に相場に大きな影響を与えるものの、その情報が真に理解されるまでに数十分から1時間程度の時間が必要です。

指標発表直後は大きく円高に振れたものの、その後、発表前の水準をはるかに超える円安へとトレンドが転換することも多々見られます。

この真の値動きには大きく2つの傾向に分けることができます。

  1. ゆるやかなトレンドが次第に大きくなる値動き
  2. 行き過ぎたトレンドが揺り戻される値動き

24時~朝5時の順張り手法で狙うのは1の値動きです。

経済指標発表直後はあまり大きな変動は見られなかったものの、時間が経つごとにその勢いが次第に強くなり、方向感も定まってきている…。

上記のような値動きは順張り手法が最も得意とする場面です。

もし既に1日の平均的な値動きを大きく超える変動が発生していれば、2の揺り戻しが起きる可能性があり注意が必要です。

順張りの売買シグナルである移動平均線の上抜けやMACDのゴールデンクロスが発生していたとしても安易に乗っかるのは避けましょう。

レンジ相場を狙った逆張り手法をしたいなら5時~9時

レンジ相場を狙った逆張り手法を採用する場合、5時~9時がおすすめの取引時間です。

FXのショート(逆張り)とは?ロングとの違いやショートポジションで利益を出す方法を解説

この時間帯は参加しているトレーダーの数が少ないため、大きな値動きが発生しにくい時間帯です。

5時~9時は比較的小さなレンジで値動きが継続する為、上昇すれば売り、下落すれば買いという逆張り手法が機能しやすいです。

FX初心者であっても、気軽に逆張り手法を実践できるおすすめの時間帯です。

ただし、5時~9時はスプレッドが広くなりやすい時間。

あまり広いとスキャルピングで勝つことが難しいため、デイトレード目線で取引すべき時間帯でもあります。

FX初心者の間はスキャルピングよりも、手数料負けの可能性が低いデイトレードを採用するという考えもあります。

安定して勝ち続けることを念頭に置き、5時~9時の逆張りトレードを実践するのもFX初心者が取れる1つの選択肢です。

FX取引では値動きが激しい時間と少ない時間を抑える

上で挙げた主要な取引時間のうち、自分が主にどの時間帯で取引するかを把握しておきましょう。

どの国の市場に参入するかによって、値動きに関係する出来事や取引の多い通貨が変わってきます。

メインの取引時間が分かったら、その中でいつの値動きが激しく、いつが少ないのかを把握しておきましょう。

関連記事