カテゴリー
FXとは?

FXのポジション比率・売買比率とは?見方とトレードに活用する方法を紹介

FXで決済せずにエントリーしたままの状態のことを、ポジションを保有しているといいます。

1日以上ポジションを保有しているとスワップポイントが受け取れたり、大きな価格変動で利益を狙えたりなどのメリットがあります。

また、市場でどのくらいの人がポジションを保有し続けているかによって相場の動向が変わりますので、ポジション状況を確認することは非常に重要です。

そこでポジションの状況を知ることができるポジション比率について詳しく解説していきますので、確認していきましょう。

FXのポジションとは?保有期間・持つタイミングを初心者でもわかりやすく解説

FXのポジション比率とは

FXでは売りと買いの2つの手法で取引でき、それぞれの取引ごとに成立した注文数をグラフ化したものです。

他のトレーダーが保有しているポジションを確認する手法で、例えば買いのポジションが70%、売りが30%の場合勢いがあることがわかります。

ポジション比率と類似した言葉で売買比率・注文比率がありますが、売買比率は売買された決済の比率、注文比率はエントリーされた比率とポジション比率とは意味合いがことなりますのでご注意ください。

FXでポジション比率を見る理由

FXについて考える人

市場全体のポジション比率は市場で保有されているポジションを確認でき、どちらに偏りがあるかによって今後の市場がどのように変動するか予測できる判断する材料にできます。

また、ポジション比率からトレーダーの心理状況や相場の熱量を確認できます。

なぜトレーダー心理やポジション比率が確認できかについて、一つずつ解説していきますので確認していきましょう。

トレーダー心理がわかる

ポジション比率はトレーダーが保有している通貨を表していますので、現在の相場状況が売り・買いのどちらが優勢であるかの判断指標になります。

FXは各国の経済状況や社会情勢などによって市場が動きますが、元をたどれば社会の状況によって為替取引が動くため、相場が変わります。

そのため相場の変動を見るためにはトレーダー心理を把握することは非常に重要です。

ポジション比率から需給の傾向を確認しトレーダー心理を読み解くことは、今後の相場を予測するためには欠かせません。

FXは大衆心理を理解する必要がある!チャートから思考を読む方法・トレードに取り入れて勝つコツ

相場の熱量がわかる

FX会社によってはポジション比率の他にも注文状況が確認できる場合があります。

注文状況を確認すると大口トレーダーや機関投資家の逆指値の注文数が、どの相場・ポジションにどのくらいあるか読み取れます。

逆指値に注文が集まっている場合は、価格がある点を突破したときにトレンドになる勢いを持っている可能性があります。

ポジション比率で現在の相場状況を把握し、注文数でトレンドの発生する目安を確認するとよいでしょう。

FX取引はどんな注文方法がある?各注文方法の概要・使い方や注文から決済までの流れを解説

ポジション比率の活用方法

FXに関して相談する様子

これまではポジション比率の意味や活用するべき理由について確認してきましたが、実際に活用する場合はどのように使うべきなのでしょうか。

ポジション比率は、複数のFX会社が公表している比率を確認しながら、相場の動向を把握するために活用します。

また、相場が反転する可能性を探る際も活用できますので、それぞれの活用方法について具体的に解説していきます。

複数のFX会社で傾向を見る

FXは世界各国の色々なところで様々なツールが使われて取引されているため膨大な数のエントリー・決済が繰り返されています。

全ての取引を把握することは不可能で、どの企業も全ての取引状況を把握できていません。

そのため会社によって把握している取引に偏りがありますので、複数のFX会社が公表しているポジション比率を確認して、市場全体の傾向を把握する必要があります。

一つの会社で公表している比率を確認していても相場の実態とは大きく異なることがあるので、必ず複数のFX会社のポジション比率を確認しましょう。

【2021年最新】おすすめFX口座比較ランキング!初心者に人気の評判が高いFX会社を一覧表で徹底比較

相場の傾向を見る

ポジション比率から相場の傾向を読み解くことで適切な取引手法を探ることができます。

例えば、ポジション比率が1:1で拮抗している場合は、相場があまり変動しない可能性が高いので、両建てでエントリーして短期取引を繰り返しで利益を重ねられます。

また、ポジション比率が6:4、7:3とどちらかに偏りがある場合は、ポジション比率が大きい方に相場が伸びる可能性が高いため順張りでエントリーすることがおすすめです。

トレンドがどこまで続くかなど細かい分析はテクニカル分析も併用して確認しましょう。

FXのテクニカル分析とは?2つの種類と初心者におすすめの手法・分析時の注意点を徹底解説

相場に偏りがある場合は大きく反転する場合がありますのでご注意ください。

相場が反転する可能性を探る

ポジションに偏りがあるということは、買い・売りのどちらかに大量の資金がある状態を示しています。

個人投資家の場合はポジションの保有期間に制限はありませんが、ヘッジファンドや機関投資家は投資家から預かっている資金のため、清算するまでの期間が決まっており、いずれは大量のポジションを決済します。

そのためポジションに偏りがある場合は今後、相場が反転する可能性が高いので注意してポジション比率を確認しましょう。

ポジション比率を公開しているおすすめFX会社

これまでポジション比率を見る理由や活用方法を紹介してきましたが、これからは具体的にポジションを確認できるFX会社について紹介していきます。

ポジション比率は公表していない会社もあり、公表している会社によってもそれぞれ特徴があります。

今回は、公表している会社の中でもおすすめのFX会社を紹介しますので確認していきましょう。

DMM FX

DMM FX

総合
4.20
【スプレッド】
売買のコストパフォーマンス
5.0
【スワップポイント】
金利の低さ・使い勝手の良さ
4.5
【約定力】
安定性・レスポンスの速さ
4.5
【取引ツール・アプリ】
サービス充実度・モバイル対応度
4.0
【情報力】
配信の充実度・コンテンツの質
3.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
10,000通貨~ 0.2錢(米ドル/円) 7(買い)
-10(売り)
※2021/06/29時点
※10,000通貨単位
FX口座数国内NO.1!
DMM FXは総口座数が75万口座を突破し、2020年1月時点で国内1位の口座数になりました。(※DMM FXと外為ジャパンFXの合計)
使いやすい取引ツールやデモ口座が初心者から人気で、コールセンターも24時間体制なので、はじめての取引も安心して運用できます。
  • DMM FXの新規口座開設+お取引で最大200,000円キャッシュバック【2021年2月1日以降】
  • ZAR/JPY、MXN/JPYスプレッド縮小キャンペーン【2021年6月15日 ~】
  • 取引応援ポイントサービス【2010年8月2日(月)~】

DMM FXは国内のFX会社の中でも登録者数がトップクラスのFX会社です。

そのため取扱いしている取引数も多く、ポジション比率も信頼性が高いです。

さらにDMM FXで公表しているポジション比率は5分ごとに更新されるためリアルタイムで確認できます。

DMM FXは全通貨ペアのスプレットが業界最狭水準で各種手数料が無料であるため低コストで取引ができます。

困ったときにいつでも相談できるLINEカスタマーサポートもありますので、初心者でも利用しやすいFX会社です。

また、DMM FXでは取引ツール各種分析ツールを完備されているためテクニカル分析など難しい分析手法について詳しく理解していない方も利用しやすいでしょう。

定期的にキャッシュバックキャンペーンも実施していますので、確認してみてください。

DMM FXの評判・口コミはどう?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

みんなのFX

みんなのFX

総合
3.90
【スプレッド】
売買のコストパフォーマンス
4.5
【スワップポイント】
金利の低さ・使い勝手の良さ
5.0
【約定力】
安定性・レスポンスの速さ
4.0
【取引ツール・アプリ】
サービス充実度・モバイル対応度
3.0
【情報力】
配信の充実度・コンテンツの質
3.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 0.2錢(米ドル/円) 37(買い)
-40 (売り)
※2021/06/25時点
※10,000通貨単位
初心者から大人気!
みんなのFXは初心者向けのFXサービスで、1,000通貨単位から取引可能です。
みんなのFXとLIGHT FXの総合口座数は2021年5月時点で43万口座を突破しており、初心者から高い人気があることが分かります。コンテンツだけでなく、24時間サポートで万が一のトラブルにも対応してくれるので、初心者が安心して利用できます。
  • ハッピーアワーキャンペーン
  • スワップNo.1チャレンジキャンペーン
  • 新規口座開設キャンペーン

みんなのFXは売買手数料が無料なこともあり初心者から著名のトレーダーまで幅広い方に人気のFX会社です。

みんなのFXではポジション比率の他にも売買比率や価格分布も確認できるため、市場分析に必要な情報を他者よりも多く集められます。

また、多くのFX会社で提供しているスマホアプリでは、チャーやレートなど簡単な情報しか確認できないことが多いです。

みんなのFXではポジション比率など詳しい情報も確認できるため屋外にいるときも本格的な分析ができます。

みんなのFXでは最低1,000通貨から取引できドル円取引なら11万円から、レバレッジを25倍かけた場合は4,000円から取引可能です。

またスワップポイントも業界トップクラスで高いため長期的な取引をしたい方にもおすすめです。

みんなのFX(トレイダーズ証券)の評判・口コミはどう?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

外為オンライン

外為オンライン

総合
3.90
【スプレッド】
売買のコストパフォーマンス
3.0
【スワップポイント】
金利の低さ・使い勝手の良さ
3.0
【約定力】
安定性・レスポンスの速さ
4.0
【取引ツール・アプリ】
サービス充実度・モバイル対応度
4.5
【情報力】
配信の充実度・コンテンツの質
5.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 0.9錢(米ドル/円) 0(買い)
-50 (売り)
※2021/06/28時点
※10,000通貨単位
iサイクル2取引が大人気!
外為オンラインはFX自動売買「iサイクル2取引」が大人気のFX会社です。
iサイクル2取引は自動で取引してくれるので、トレーダー自身が忙しくて取引できていない時でもシステムが自動売買して稼いでくれます。
初心者でも使いやすい自動売買なので、初心者から支持されています。
  • 新規取引口座開設で最大150,000円 キャッシュバック

外為オンラインは口座開設数が55万を誇る大手のFX会社です。

外為オンラインでは30種類の通貨ペアのポジション比率を公開しているおり、他社では提供していない情報に関しても幅広く提供しています。

主要ではない通貨ペアで取引したい方におすすめです。

外為オンラインは自動売買ツールを主要に取り扱っているため裁量トレードをしたい方には向いていません。

ただし、i2サイクルという独自の自動売買システムがあり寝ている間も利益を積み重ねてくれるため各種分析に自信がない方や手間を掛けずに取引したい方におすすめです。

外為オンラインの口コミ・評判はどう?メリット・デメリットと口座開設の流れを徹底解説

FX会社に登録してポジション比率を分析しよう

ポジション比率は市場の動向やトレンドが反転するタイミングを探るためには必須の分析手法です。

各FX会社のHPで公開しているポジション比率は基本的に1日ごとの更新ですが、FX会社に登録すると使用できる取引ツールでは5分ごとに更新など細目に更新されています。

そのためリアルタイムの状況を確認でき特に短時間でこまめな取引をしたい方はFX会社の取引ツールを使用しましょう。

FX会社によっても公表している情報や提供サービスが異なりますので、自分に合ったFX会社に登録しましょう。

関連記事