カテゴリー
注文方法

IFO注文はIFDとOCOを組み合わせた注文方法!実践での活用の仕方と使用時の注意点を徹底解説

IFO注文は、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。

IFD注文は新規注文が約定した時に、事前に設定した1つのポイントにチャートが到達したら決済される方法です。

OCO注文は、指定された2つの値(利確と損切り)にチャートが到達したら、新規注文の約定に関わらず決済される方法です。

IFO注文はこれらの条件を組み合わせて発注から決済までワンストップで注文できる、非常に便利なやり方です。

今回は、IFO注文の仕組みがイメージしにくいと感じているFX初心者に向けて、基本的な仕組みや具体的な活用方法を分かりやすく解説していきます。

FX取引はどんな注文方法がある?注文の種類・使い方と注文から決済までの流れを解説

IFO注文の仕組み

IFO注文の仕組み
引用:楽天銀行HP

IFO注文のポイントを整理すると、以下の通りになります。

  • 設定した値にチャートが到達したら、新規注文される
  • 新規注文が成約した時に、自動的に決済注文が発注される
  • 決済注文は、2種類の決済注文(売りと買い)を発注できる
  • 2つの決済注文の値にチャートが到達したら、自動的に決済される

つまり、チャートの動きと設定した値に応じて新規注文と決済注文が自動で行われる仕組みとなります。

また、新規注文が成立した後は、利確・損切りの2パターンの決済注文を発注できます。

新規注文後にチャートがトレンドに乗って利確したら、損切り注文の予約は取り消されます。

チャートが転換した際も同様で損切り注文のみが発注され、利確注文は削除されるので安心です。

IFO注文を活用すれば、事前に3つもの注文を同時に出せるので便利です。

IFD注文とOCO注文のいい所どり

IFO注文はIFD注文とOCO注文を組み合わせることで、それぞれの長所を生かして短所を補いあうことが出来ています。

IFD注文とOCO注文のメリット・デメリットを比較すると、以下の通りになります。

IFD注文 OCO注文
メリット 新規注文を事前に予約できる 2つの決済注文を予約できる
デメリット 決済注文を1つしか予約できない 新規注文の予約ができない

IFD注文は新規注文の予約を事前におこなえますが、決済注文は1つしか発注できません。

つまり、利確か損切りのどちらかしか予約できず、反対に動いたら手動で注文する必要があります。

IFD注文は注文・決済が1度でできる!メリット・デメリットと具体的な活用方法を紹介

一方、OCO注文は利確と損切りの両方を事前に発注できる一方で、新規注文の予約ができません。

OCO注文は2つの決済注文が同時にできる!実際のやり方とデメリット・おすすめしないケースを解説

IFO注文は、正に両者のメリットが合わさった便利な方法です。

IFO注文を取り入れた手法

IFO注文を取り入れた手法

IFO注文を実際のFX取引に取り入れると、通常の注文方法では出来ないような戦略的なトレードが出来るようになります。

より実践的なIFO注文の使い方を紹介していきます。

最大5pipsの値幅でスキャルピング

決済の幅を細かく設定できるIFO注文は、スキャルピングとの相性がかなり良いです。

値幅を3~5pipsほどに設定しておけば、感情に惑わされず非常に速い間隔で売買を繰り返すことが出来ます。

手動では素早い判断と手さばきが必要だったスキャルピングも、IFO注文で機械的に実行することが出来ます。

FXのスキャルピングとは?手法の特徴・勝つコツやおすすめFX会社を解説

レンジ相場の突き抜けを狙う

レンジ相場

レンジ相場とは、上値と下値の間の一定の幅で相場が繰り返し上下する状態のことです。

レンジ相場では何回か往復を繰り返し、最終的に上値/下値を突き抜けてトレンド相場に変化します。

この傾向を利用すれば、レンジ相場の外に新規注文ライン・決済ラインを置いておき、相場が崩れた後のトレンドフォローを狙うことが出来ます。

レンジ相場はどう判断する?見分け方や分析に役立つインジケーターを紹介

IFO注文を使うのがおすすめの人

IFO注文は便利な注文方法であると同時に、トレーダー自身が不安に感じている課題も解決することができます。

IFO注文がおすすめの人の特徴を、ここから解説していきます。

FXに長い時間を取れない人

チャート分析やFXの学習に長い時間をかけられない方にIFO注文はおすすめです。

FX初心者のほとんどは仕事の合間に副業として取引を始めています。

1日の半分以上を仕事に取られると考えると、食事や睡眠時間を除けばFXの分析やトレードにかけられる時間はほぼありません。

しかし、トレーダーのライフスタイルに合わせて新規注文や決済をするのは決して良いことではありません。

相場の変動は完璧には予測できず、活動時間外にチャンスが来るケースも非常に多いからです。

そんな時にIFO注文を使えば、トレーダーがチャートに張り付いていなくても勝手に希望の条件で新規注文と決済注文をしてくれます。

FXの取引時間の基本知識|世界のマーケットの特徴と時間帯・曜日ごとの取引傾向

自分の判断に自信がない人

FX取引では、どのタイミングで利確と損切りをするかが非常に重要なポイントです。

まだ利益が伸びると思って利確を先延ばしにしていたら相場が反転してしまうケースや、相場が予想の反対に動いた時に「また戻ってくる」と思って損切りをせず、そのままロスカットされたケースは良くあります。

FXの強制ロスカットとは?間に合わなくて借金が発生するケースと回避するポイントを解説

IFO注文を使えばどこで利確・損切りをするかが明確になるので、感情に左右されることがありません。

マイルールを守るのが苦手な人

勉強や分析に時間をかけているのに勝てない人の特徴として、マイルールを決めたのに守れないというものがあります。

例えば、これまでの経験をもとに、「新規注文時の+5円で利確、-3円で損切りがベスト」という結論を導き出したとします。

しかし、いざ取引になると焦りや優柔不断さから、決めたルールとは違うことをしてしまうという方は多いです。

マイルールを徹底しやすい環境作りもトレーダーはすべきですが、中にはいくら頑張っても性格的にルールが守れない方は存在します。

こうした方もマイルールをIFO注文に落とし込めば、必ずルール通りの注文が出来ます。

FXの検証のやり方とは?トレードルール検証の手順と注意点を初心者にも分かりやすく紹介

IFO注文を上手く使うポイント

IFO注文を上手く使うポイント

IFO注文はリアルタイムの相場状況で判断できない上、事前に決めたポイントで必ず決済してしまいます。

これらの特徴は、使い方次第ではデメリットになってしまうので、注意が必要です。

IFO注文を取引で活用して利益を得るために、抑えておきたいポイントはどこなのでしょうか?

押し目で入って上に利確ラインを置く

IFO注文の特性を生かした手法が、上昇トレンドで一時的に下がったタイミングで買い注文をするやり方(押し目買い)です。

継続する上昇トレンドでは、上昇→一時的に下降→更に上昇という動きになりやすいです。

そのため、押し目買いで入り、より上に利確ラインを置いておくことで、高確率で利益を得ることが出来ます。

売り注文では損切りまでの幅を最低15pips取る

IFO注文では損切りラインを発注できますが、初心者のうちはどうしても浅い(値が高い)位置に損切りラインを設定してしまいがちです。

損失が怖いから浅めに取るというのは間違っていないですが、売り注文から入る際は少し深めに取るのが鉄則です。

順張りをロング、逆張りをショートと表現するように、下降トレンドは短期間に急勾配で動くのが普通です。

そのため、損切りラインが高めだとトレンド中にすぐ決済されてしまい、利益が伸びなくなってしまいます。

売り注文から入るなら、新規注文から最低でも15pipsは距離を取ったところにラインを設定しましょう。

FXは損切りしなくても大丈夫?損切りせず勝つ手法と注意点

相場の荒れる時間帯では使わない

IFO注文は一度に注文が出せて便利ですが、実際に取引で活用しようと思ったら押し目買いで利用するなど、シンプルな方法でしか活用できません。

IFO注文は新規注文から決済ラインまで決めてしまうので、複雑に相場が動くシーンは対応できないためです。

強いトレンドが発生している時など、相場が変わりやすいと言われるタイミングでの使用は避けましょう。

FXの環境認識のやり方とは?相場状況の読み取り方や注意点を徹底解説

IFO注文の注意点

IFO注文は便利な注文方法ですが、決してどの相場に対しても万能ではありません。

IFO注文を使用する際に注意すべきポイントを、ここから解説していきます。

決まった条件でしか取引が始まらない

IFO注文をすると、注文した内容以外の取引は一切おこなわれません。

新規注文のラインを1ドル105円のタイミングに入れても、相場が到達しなければ取引は始まりません。

IFO注文をしたのに一向に取引が始まらないなら、注文内容の見直しをしなければいけません。

必ず2つの決済注文が必要

利確と損切りの2つの決済注文が必要なIFO注文は、伸びているトレンド相場では不利に働くことが多いです。

事前に注文をした時には想定できなかった大きなトレンド相場が発生して利益が伸びているのに、事前に設定した利確ラインで途中決済してしまうためです。

IFO注文をしたばかりに本来得られる利益より下がってしまうケースは何としても回避しましょう。

IFO注文は活用の幅を広げやすい

IFO注文は押し目買いやスキャルピングなどで効果を発揮しますが、特定の状況での利用を推奨されている訳では特にありません。

便利かつ独特な性質を持った注文方法なので、トレーダー自身が考えた活用の仕方なども出しやすいです。

IFO注文のメリット・デメリットを把握したら、どんなタイミングで使えるか、知識の吸収と実践を繰り返していきましょう。

FXトレーダーが勝てるようになったきっかけと勝てるまでの道のりを実体験に沿って紹介

関連記事