カテゴリー
FXとは?

【2021年最新】原油価格(WTI/ブレント/ドバイ/OPECバスケット)の推移を紹介!

原油価格は原油を取引する時の価格で、市場の需要と供給のバランスで価格が変動します。

世界経済の景気動向や石油製品の需要変動や原油を提供している国の供給状況によって価格が影響される為、株式市場より激しく変動する特徴があります。

過去に価格の高騰・暴落で投資家達が振り回された事例もいくつかあります。

今回は様々な原油価格の推移を紹介します。

原油価格の変動から、今後世界情勢がどのような方向に動いていくのか分析もしていくので、先物投資を検討している人は必見です。

原油CFD対応のおすすめ証券会社を厳選紹介!対応銘柄や手数料を徹底比較

原油価格(WTI/ブレント/ドバイ/OPECバスケット)の推移

原油価格の推移

今回はWTI・ドバイ・OPECバスケットの価格推移をまとめています。

原油価格の推移の詳細は下記の通りです。

WTI ドバイ ブレント OPECバスケット
2017/07 46.65 47.63 48.69 46.93
2017/08 48.03 50.43 51.37 49.6
2017/09 48.03 53.86 55.16 53.44
2017/10 51.56 55.58 57.62 55.5
2017/11 56.65 60.58 62.57 60.74
2017/12 57.94 61.41 64.21 62.06
2018/01 63.67 66.02 68.99 66.85
2018/02 62.17 62.79 65.42 63.48
2018/03 62.76 63.29 66.45 63.76
2018/04 66.32 68.43 71.63 68.43
2018/05 69.98 73.66 76.65 74.11
2018/06 67.52 73.22 75.19 73.22
2018/07 70.84 72.72 74.44 73.27
2018/08 67.99 72.13 73.13 72.26
2018/09 70.21 77.02 78.86 77.18
2018/10 70.75 78.96 80.47 79.39
2018/11 56.67 65.11 65.17 65.33
2018/12 48.95 56.47 56.46 56.94
2019/01 51.52 58.96 59.27 58.74
2019/02 54.95 64.32 64.13 63.48
2019/03 58.15 66.8 66.41 66.37
2019/04 63.87 70.66 71.2 70.78
2019/05 60.84 69.13 70.53 69.97
2019/06 54.68 61.3 63.3 62.92
2019/07 57.52 62.91 64 64.71
2019/08 54.84 58.92 59.25 59.62
2019/09 56.95 60.84 62.33 62.36
2019/10 53.98 58.47 59.37 59.91
2019/11 57.06 61.41 62.74 62.94
2019/12 59.8 64.41 65.85 66.48
2020/01 57.52 63.76 63.6 65.09
2020/02 50.53 54.51 55 55.49
2020/03 29.88 33.75 32.98 33.92
2020/04 16.52 23.27 23.34 17.66
2020/05 28.56 31.56 31.02 25.17
2020/06 38.3 40.14 39.93 37.05
2020/07 40.75 42.64 42.81 43.42
2020/08 42.36 43.71 44.26 45.19
2020/09 39.6 41.1 41.09 41.54
2020/10 39.53 39.7 40.47 40.08
2020/11 41.1 42.58 43.23 42.61
2020/12 47.05 49.26 49.87 49.17
2021/01 52.1 54.16 54.55 54.38
2021/02 59.06 60.37 61.96 61.05
2021/03 62.35 63.95 65.19 64.56
2021/04 61.71 62.52 64.77 63.24
2021/05 65.18 65.98 68.04 66.91
2021/06 71.38 70.96 73.07 71.89
2021/07 72.5 73.0 74.4 73.53

引用元:THE WORLD BANK

各原油価格は2021年7月時点で70ドル代を突破しています。

2020年のコロナショック後から、世界的に経済回復の兆しとワクチン開発によるコロナ脱却が見えてきた為、2021年の原油価格は高騰している状態です。

WTI原油価格の推移(年次)

WTI原油価格の推移

WTI原油価格の推移を年次別に紹介します。

年代別 WTI
1982 32.77
1983 30.41
1984 29.38
1985 27.76
1986 15.08
1987 19.16
1988 15.97
1989 19.60
1990 24.49
1991 21.48
1992 20.56
1993 18.56
1994 17.16
1995 18.37
1996 22.07
1997 20.33
1998 14.35
1999 19.24
2000 30.33
2001 25.92
2002 26.09
2003 31.11
2004 41.44
2005 56.44
2006 66.04
2007 72.28
2008 99.56
2009 61.65
2010 79.43
2011 95.05
2012 94.16
2013 97.94
2014 93.11
2015 48.71
2016 43.19
2017 50.91
2018 64.82
2019 57.01
2020 39.31
2021/07 72.5

引用元:THE WORLD BANK

WTIはウエスト・テキサス・インターミディエイトが正式名称で、西テキサス地方で産出されている原油です。

硫黄分が少なくガソリンを多く取り出せることから高品質な原油と言われています。

WTIはニューヨーク・マーカンタイル取引所で取引されおり、取引量と市場参加者の多い銘柄になっています。

【2021年最新】ポンド円の今後の見通しはやばい?EU離脱からの上昇理由や下がる見通し・売り時と買い時を解説

ブレント原油価格の推移(年次)

ブレント原油価格の推移

ブレント原油価格の推移(年代別)は下記の通りです。

年代別 ブレント
1982 33.42
1983 29.83
1984 28.80
1985 27.33
1986 14.77
1987 18.34
1988 14.97
1989 18.22
1990 23.68
1991 20.07
1992 19.31
1993 17.02
1994 15.83
1995 17.07
1996 20.65
1997 19.09
1998 12.72
1999 17.81
2000 28.27
2001 24.42
2002 24.97
2003 28.85
2004 38.30
2005 54.43
2006 65.39
2007 72.70
2008 97.64
2009 61.86
2010 79.64
2011 110.94
2012 111.97
2013 108.86
2014 98.94
2015 52.37
2016 44.05
2017 54.39
2018 71.07
2019 64.03
2020 42.30
2021/07 74.4

引用元:THE WORLD BANK

ブレント原油は別名で北海ブレント原油とも呼ばれています。

ブレント原油は世界3大原油の1つで、重要な原油価格の指標です。

ドバイ原油価格の推移(年次)

ドバイ原油価格の推移

ドバイ原油価格の推移(年代別)は下記の通りです。

年代別 ドバイ
1982 31.76
1983 28.73
1984 27.49
1985 26.46
1986 13.20
1987 16.94
1988 13.22
1989 15.70
1990 20.46
1991 16.56
1992 17.19
1993 14.94
1994 14.67
1995 16.12
1996 18.54
1997 18.10
1998 12.13
1999 17.17
2000 26.08
2001 22.71
2002 23.72
2003 26.74
2004 33.46
2005 49.29
2006 61.43
2007 68.37
2008 93.78
2009 61.75
2010 78.06
2011 106.03
2012 108.90
2013 105.43
2014 96.66
2015 51.18
2016 41.20
2017 53.12
2018 69.15
2019 63.18
2020 42.17
2021/07 73.0

引用元:THE WORLD BANK

ドバイ原油はアラブ首長国連邦のドバイで産出されている原油です。

一般人でもアラブ首長国連邦に石油王が居ることを認知しているほど、高い認知度をもっています。

ドバイ原油は主にアジアで取引されており、アジアの石油価格の指標になっています。

OPECバスケット価格の推移(年次)

OPECバスケット価格の推移

OPECバスケット価格の推移(年代別)は下記の通りです。

年代別 OPECバスケット
2003 28.15
2004 35.98
2005 50.60
2006 61.04
2007 69.07
2008 94.04
2009 60.86
2010 77.38
2011 107.44
2012 109.50
2013 105.94
2014 96.19
2015 49.56
2016 40.68
2017 52.51
2018 69.52
2019 64.02
2020 41.37
2021/07 73.53

引用元:OPEC
OPECバスケット価格は、OPEC諸国を代表する原油価格を荷重平均した値です。

原油市場全体を分析する時に利用する重要な指標で、約13カ国の原油をベースに産出しています。

FXの経済指標の見方とは?6つの重要指標の読み方と取引に活用する方法をわかりやすく解説

2021年の原油はコロナから回復している

代表的な原油価格WTIは、2021年1月に1バレル=60.5ドルを突破しており、新型コロナウィルス感染拡大前の水準に戻りました。

2021年は原油価格が右肩上がりに高騰している状態で、今後コロナショック時のような暴落が起きることは考えにくい見通しです。

新型コロナウィルスのワクチン接種の普及によって、各国の経済活動は正常化にむかっている為、原油の需要が回復傾向にあります。

これから原油をETF・CFDで取引しようと検討している人は、価格調整の乱高下でエントリーしないように注意しましょう。

コロナショックでFXの退場者が急増!今後のリスクと回復時期について徹底解説

関連記事