カテゴリー
FXとは?

【初心者必見】MT5の使い方を完全攻略!インディケータの設定や注文方法を徹底解説

MT5はMT4の進化版で、MT4と同じ開発元で作成されています。

しかし国内FXトレーダーはMT4利用者が多く、世界的にもMT4を継続して利用しているトレーダーが多いです。

MT5はMT4と中身がほとんど変わらず、難しい操作不要で取引できます

シンプルな操作でテクニカル分析しやすいツールに進化したので、より使いやすくなった印象があります。

今回はMT5の使い方について詳しく解説していきます。

今後MT5を利用したいと考えている人やMT4とMT5どちらを利用しようか迷っている人は必見です。

国内FX会社ではMT5普及率がまだ低い状況ですが、将来的にリリースする可能性があるので、現在MT4を利用していてMT5に興味がある人も参考にしてください。

FX取引ツール「MT4」とは?5つの特徴や取引方法を初心者でもわかりやすく解説

MT5とは

MT5は、メタクオーツ社が新しくリリースした取引ツールです。

海外FX会社ではMT4を提供している所はMT5も提供していますが、国内FX会社はMT4のみ提供している所が多いです。

MT5はインディケータの種類が豊富で、チャート分析をより詳しく行いたい人向けのツールです。

テクニカル分析面においてはFX会社の独自ツールより優れている部分が多いので、テクニカル重視で取引ツールを探している人におすすめです。

インディケータの量が豊富な取引ツール

MT5のインディケータの種類が豊富で、MT4に比べてチャートの時間軸が大幅に増加した為、より詳しくチャート分析することができます。

開発元のアップデートが多くなったので、随時改善された状態でツールを利用することができます。

一方で動作が重くなったり、MT4のEAが使えなくなった点が懸念点として挙げられており、MT4を継続して利用している人も多いです。

国内FX会社ではOANDA Japanのみ対応している

現在国内FX会社では、OANDA JapanのみMT5に対応しています。

海外業者でもMT5の利用は可能ですが、スプレッドが広く信頼性・安全性が低いのでおすすめできません。

MT5に興味のある人はOANDA Japanでの口座開設をおすすめします。

OANDA Japanの評判と口コミは?メリット・デメリットや口座開設時の注意点を解説

MT5の使い方

MT5の使い方を紹介します。

MT5の操作はMT4とほとんど同じで、特に難しくなった部分はありません。

今回の使い方では、気配値・ナビゲーターの表示方法やチャート画面での分析方法を紹介するので、MT5の操作感を知るためにも確認しましょう。

TOP画面に気配値・ナビゲーターを表示させる

MT5を開くと、チャート画面が開いているTOP画面状態になります。

MT5で気配値表示・ナビゲーターを表示させる方法

売買取引する為には、気配値やナビゲーターをTOP画面に表示させて置くと便利なので、表示されていない場合は「表示」から選択しておきましょう。

「表示」から気配値表示とナビゲーターを選択すると下記のウィンドウが左側に表示されます。

MT5表示画面

チャート画面と気配値表示・ナビゲータ表示させると、いつでも注文できる状態が整います。

通貨ペアを選択してチャート画面に表示させる

最初に取引する通貨ペアを選択して、チャート画面に表示させます。

チャート画面に取引したい通貨ペアを表示させる方法はいくつかありますが、簡単な方法を説明します。

まず気配値表示されている通貨ペアから、チャート画面に表示させたい通貨ペアを選び右クリックします。

MT5でチャート画面を表示させる方法

右クリックすると、メニューが表示されるので「チャートウィンドウ」を選択します。

MT5のチャート画面

チャートウィンドウを選択すると、チャート画面が表示されるので左上にある時間足を調整して、自分好みの時間足でチャート画面を調整しましょう。

インディケータを設置する

インディケータの設置方法は上部のメニューバーから「挿入」を選択してインディケータを選択します。

インディケータの表示方法

インディケータから選択すると、インディケータの種類別に分かれているので、表示したい種類を選択して表示しましょう。

ちなみにチャート画面を右クリックしてインディケータを表示させることも可能です。

インジケーター表示画面

 

インディケータを表示させると上記のような状態になります。

各インディケータは詳細設定で色を変更できる

各インジディケータは詳細設定で色を変更や数値を変更することができます

設定画面

インディケータの詳細設定を表示する方法は、設定したいインディケーターを右クリックすると表示できます。

インディケータ設定

自分のわかりやすい色に変更したり、チャート状況に合わせて数値を変更できるので状況に応じて活用しましょう。

また、右クリックでインディケータを証拠することも可能です。

ライン描画ツールを使ってチャート画面にラインを引く

ライン描画ツールMT5

インディケータの設定後、ライン描画したい人は上部にあるツールバーからライン描画を選択します。

「挿入」から選択することも可能なので、使いやすい方法でライン描画機能を利用しましょう。

MT5のライン描画ツール

MT5のライン描画ツールは、水平ラインやトレンドラインはもちろん、フィボナッチなども描画できるので、充実した分析を行なえます。

MT5で取引する流れ

MT5で取引する流れを紹介します。

  • 【STEP1】気配値表示から注文したい通貨ペアを選択
  • 【STEP2】取引数量を調整して注文
  • 【STEP3】ツールボックスで含み損益を確認
  • 【STEP4】ツールボックスから決済

今回は一番シンプルな新規注文方法を紹介します。

初心者でも簡単に取引出来る流れなので、覚えておきましょう。

【STEP1】トレードしたい通貨ペアを選択して新規注文をクリック

MT5新規注文方法

新規注文は、気配値表示から取引したい通貨ペアを選択して右クリックすると新規注文することができます。

新規注文を選択すると、取引数量やストップロスなどを設定する画面が表示されます。

新規注文画面

取引数量を設定した後に、売・買のボタンがあるのでクリックすると約定されます。

【STEP2】エントリー後はツールボックスで含み損益をチェック

エントリー後はツールボックスで含み損益をチェックします。

ツールボックスは上部の「表示」から選択できます。

ツールボックス

ツールボックスを表示させると画面下部にエントリーしたポジション状況を閲覧できます。

含み損益をチェック

利確ポイント・損切りポイントで決済出来るようにツールボックスでポジション状況を確認しておきましょう。

【STEP3】ツールボックスでポジションを選択して決済

エントリー後、ポジションを決済する場合はポジションをダブルクリックして決済画面を表示します。

決済画面

決済する取引数量の調整をして、成行決済ボタンをクリックすると決済完了になります。

MT5はスマホアプリでも操作可能

MT5アプリ

MT5はスマホアプリでも操作可能です。

パソコンでMT5を起動できない場合は、スマホでMT5を起動して取引状況をチェックしましょう。

機能性はパソコンに比べて劣りますが、充分チャートを分析できるので、スマホで本格トレードしたい人にもおすすめです。

おすすめFXアプリ比較ランキング!使いやすくて勝てる人気アプリの選び方を紹介

MT4とMT5の違いは?

MT4の最新版とされるMT5ですが、MT4を継続して利用しているトレーダーが多く、初心者の場合「MT4とMT5の違いがわからない」という人も居ますよね。

MT4とMT5は結論から言うと大きな変わりはありません

しかしMT4対応のEAをMT5で使えなかったり、動作が重かったりするので、MT4利用者はMT5を使わない傾向があります。

国内で対応しているFX会社の数が異なる

MT4・MT5の機能性はほとんど同じですが、国内FX会社でMT5を対応している所が一箇所しかありません

国内トレーダーの多くはMT4を利用しており、MT5の普及率が低い現状にあります。

よってMT5よりMT4の方が国内では使いやすい傾向にあります。

MT5の操作はMT4とほぼ変わらない!MT4利用者は簡単に利用できる

MT5の操作は基本的にMT4と同じで、MT4を利用していた人は簡単にMT5の操作方法を覚えられます。

難しい操作がないので、FX初心者で操作できますが、国内FX会社が独自に提供している取引ツールと異なる為、使いづらいと感じる人も居ます

またMT5を搭載している国内FX会社は、現時点でOANDA Japanのみとなっているので、MT5を利用したい人はOANDA Japanの口座開設を検討してみてください。

関連記事