カテゴリー
FXとは?

【2021年最新版】海外FX業者ってどんなところがあるの?主な海外FX会社を徹底比較

海外FX会社は日本国内の法律が適用されていないので、国内FX会社では利用できないFXサービスを利用することができます。

日本ではハイレバレッジによる自己破産者が続出したため、レバレッジが25倍までと規制されていますが海外FX会社の場合ハイレバレッジ取引が可能となっています。

上記で説明したように海外FX会社は国内FX会社より投資効率を上げることが可能となっています。

今回は海外FX会社のおすすめランキングとおすすめする理由・注意点を徹底解説します。

メリットの多い海外FX会社ですが、デメリットも存在します。

注意するべき点をしっかり理解して口座開設しましょう。

これから海外FXで口座開設を考えている人は参考にしてください。

【2020年最新】おすすめFX会社ランキング!初心者に人気の優良会社・口座を徹底比較

海外FX会社の基本情報を徹底比較

人気海外FX会社の基本情報を比較した表は以下の通りです。

人気海外FX会社の基本情報を徹底比較
FX会社名 信頼性 取引コスト 日本語対応 ボーナス制度
XM Trading
AXIORY
iFOREX  ◎  ◎  ◎
GemForex
FXGT

海外FX会社の場合、比べる基準が国内FX会社と異なります。

キャンペーン内容も国内FX会社と異なるので、国内基準で考えないようにしましょう。

海外FX口座の安全性(ヤバさ)をプロが徹底解説します!

国内FX会社と海外FX会社の選ぶ基準は異なる

国内FX会社ではレバレッジ・スワップポイントが重要となっていますが、海外FX会社の場合信頼性が1番重要なポイントとなっています。

国内FX業者の場合、国が定めている法律で守られているのである程度保証が効きますが海外の場合日本で保証されていないので注意する必要があります。

信頼度を1番最初に見て、次にFXサービス内容を見比べましょう。

海外FX会社は信頼性が重要

海外FX会社は信頼性が重要となっています。

出金・入金も海外のFX口座と取引するので、トラブルが起きてしまう場合もあります。

安全に資金運用できるのが大前提なので、信頼性がしっかりある海外FX会社で口座開設しましょう。

人気のある海外FX会社3選

信頼度が高く人気のある海外FX会社のおすすめランキングを紹介します。

どの海外FX会社も国内FX会社にないFXサービスを提供しているので魅力的です。

国内ではできないハイレバレッジ取引を体験できるので、資金効率をぐっと上げたい人におすすめのFX口座となっています。

XM Trading

XMtradingの使い方

XM Tradingは海外FXの代名詞といえるレベルで浸透している海外FX会社です。

国内で利用している人も多いので信頼性も高く金融ライセンス・資産保証額最大100万ドルとなっているので安全に資金運用することができます。

XM Tradingの最大の魅力は、レバレッジを最大888倍かけられるところで少額資金でも充分ボリュームのある取引が可能です。

通貨ペアも57種類と豊富で、MT4・MT5にも対応しています。

取引高に応じたXMポイントを貯めると換金できる制度等あるので、資金0円状態から利益をだすこともできます。

日本語対応でサポートも充実しているので安心

XM Tradingは日本語対応のサイトなので、安心して口座開設できます。

トラブルサポートも充実しており、初心者トレーダーでも安心して利用することができます。

ただし、スプレッドが広いので取引コストを抑えたい人は考える必要があります。

AXIORY

AXIOPY

AXIORYは金融ライセンスをベリーズ国際金融サービス委員会で取得しており、日本人への細いサービス・サポートが充実しています。

AXIORYは取引コストが業界トップクラスで、レバレッジも400倍までかけることができるのでハイスペックな海外FX会社です。
ただし、XM Tradingのようなボーナス制度はないので、0円から投資する様なことはできません。

最低入金金額2万円となっていて、レバレッジが最大400倍ですが入金金額によって変化するので注意が必要です。

取引コストが業界トップクラスで高い

AXIORYは取引コストを抑えられるFX会社で、国内FX会社と比べるとスプレッドが広く感じてしまいますが、海外FX会社レベルで考えると業界最高水準となっています。

取引手数料も無料となっているのでおすすめです。

ただしナノスプレッド口座では片道3ドルかかってしまうので注意しましょう。

iForex

iFOREX

iForexは老舗FX会社として有名で、日本でも馴染みのあるFX会社です。

金融ライセンスを取得していますが、資産保証制度がないので注意する必要があります。

レバレッジは最大400倍と高く、通貨ペアも82種類と豊富に取り揃えています。

スプレッドが変動制となっていますが、取引手数料を無料にしているので取引コストが高いという訳ではありません。

出金トラブルも少ないので国内トレーダーから支持を得ています。

取引ツールが使いやすい

iForexが提供している取引ツール「FXnetview」はわかりやすく機能性もしっかりしているので初心者におすすめのツールです。

分割チャート画面や比較チャートもあるので、国内FX会社が提供している取引ツールに劣らない機能性を持っています。

初心者でも分かりやすく利用することができるのでおすすめです。

海外FX会社のメリット・デメリット

海外FX会社はレバレッジ規制が日本と違うので、国内FX会社では不可能なレベルのレバレッジをかけて取引することができます。

ハイレバレッジ取引は追証が発生してしまうのでは?と心配するトレーダーもいますが、海外FX会社の場合ゼロカットシステムという制度があり、マイナス資金分はカットされます。

ハイレバレッジ取引しても借金が発生しないので、リスクをしっかり抑えてハイレバレッジ取引できます。

海外FX会社はレバレッジ規制が無い

海外FX会社は日本の様なレバレッジ規制制度がないので、数百倍かけることが可能です。

数百円で数千万円分の投資が可能なので、少額資金でも大きな利益を得ることができます。

国内FX会社より投資効率をあげることができるのでおすすめです。

ゼロカットシステムで追証なしにできる

国内FX会社は追証をなるべく少なくする為にレバレッジを規制していますが、海外では追証をゼロにするゼロカットシステムがあります。

日本の場合、ロスカットで追証が発生する確率はレバレッジを規制している状態でもありますが、海外FXでは追証は発生しません。

効率を上げて借金リスクを減らせるので、海外FX会社の方が利益を向上させることができます。

投資効率のメリットが大きいが日本国外なので国が保証してくれない

海外FX会社は投資効率のメリットが大きいのですが、日本国外なので国が保証してくれません。

海外FX会社も資金保証制度を取っていますが、取得していないFX会社もあります。

信頼度は国内FX会社の方が高いので、信頼度重視の場合は国内FX会社をおすすめします。

出金手数料が国内FX会社より高い

海外の場合、海外口座から出金する形になるので出金手数料がかかってしまいます。

国内の場合、FX会社が出金手数料を負担してくれることもありますが海外の場合自己負担となります。

得られる収益が出金手数料で減ってしまうので、出金する時は出金金額に気をつけましょう。

海外FX会社に関する注意点

海外FX会社を利用するにあたっての注意点を紹介します。

海外FX会社を利用するにあたっての注意点
  • ハイレバレッジ取引で資金をゼロにしてしまう可能性がある
  • 税率が高いので確定申告の時注意しよう
  • 日本語対応しているFX会社を選ぼう

海外FX会社は税率が国内FX会社と異なるので確定申告が必要な場合は充分気を付けましょう。

ハイレバレッジ取引で資金をゼロにしてしまう可能性がある

ハイレバレッジ取引は資金効率を格段に上げてくれますが、資金をゼロにしてしまう可能性があります。

ゼロカットシステムで追証をゼロにしても資金自体は大損失している状態なので、注意しましょう。

リスクを軽減する為に、全ての資金を入金するのではなく資金分散することをおすすめします。

税率が高いので確定申告の時注意しよう

海外FX会社は儲ける金額が大きくなればなるほど税率が上がるので注意しましょう。

少額の場合、国内FX会社よりも低くすみますが金額が大きくなると国内FX会社の方が安く済みます。

自分がどれくらい稼いだかを把握して年末困ることの無いように対処しましょう。

日本語対応しているFX会社を選ぼう

当然のことですが、日本語対応のFX会社を選びましょう。

日本語に対応していないFX会社は日本向けに作られていません。

サポートが適当で、トラブルが発生しても対処できないので注意しましょう。

海外FX会社は国内FX会社よりも効率よく稼げる

海外FX会社は国内FX会社ほどの信頼度はありませんが、投資効率をアップさせて取引することができます。

ハイレバレッジ取引をうまく活用して、収益向上をめざしましょう。

海外FX会社はロスカットしても追証が発生しないので、ハイレバレッジ取引を考えている人は海外FX会社で口座開設したほうがリスクを抑えることができます。

関連記事