カテゴリー
FXとは?

FXの出来高を確認する方法とは?確認すべき通貨ペアと経済指標を詳しく解説

株式投資では出来高という項目を多くの投資家が重視しています。

株式投資では非常に重要な項目ですが、FXにも出来高という要素があります。

「FXの出来高は知っていても意味がない」という人がいますが、出来高を知っておくことでトレードの幅を広げることができます。

今回は、FXの出来高とは何か、どうすれば確認できるのかなどを詳しく解説していきます。

【2021年最新】おすすめFX口座比較ランキング!初心者に人気の評判が高いFX会社を一覧表で徹底比較

FXの出来高とは?

FXの出来高とは、一言でいうと取引量のことを指します。

FX会社でいうところの取引量とは、売り注文と買い注文が重なったタイミングでのカバー取引の量となります。

カバー取引

カバー取引とは、トレーダーに買われている際にFX会社が資金を補填するためにおこなう取引のことです。

この取引量が出来高となりますが、FXはトレードが銀行間やFX会社とトレーダー間などの2者間で完結するため、重要視されていません。

FX会社が儲かる仕組みとは?利益構造のからくりを徹底調査

FXの出来高は意味がない?

FXの出来高はトレーダーからも重要視されていません。

しかし、取引時の参考にできる要素も出来高には十分あります。

例えば、FXの出来高は売買数量の実績になるので、インジケーターなどのツールと比べても価格の根拠は強く、信ぴょう性が高いです。

FXの出来高は金融先物取引業協会や日本銀行のHPから確認できますが、これを見ることである程度、通貨の強さなどを参考にすることができます。

出来高が増えればボラティリティが高まる

FX取引は2国間の政策金利差を利用して収益を得る仕組みです。

金利差がほとんどない通貨ペアを選んでも利益は見込めないため、取引は少なくなります。

一方、金利差の大きい通貨ペアは投資先として魅力的なので、取引量は増えて市場が活発化されます。この考えを、ボラティリティと呼びます。

適切な通貨ペアを選んでも、金利は常に動くのでボラティリティが高い時と低い時があります。

市場が活発化するかどうかは、いかに多くの投資家が市場に参入しているか、あるいは資金が市場に投入されているかによって測ることができます。

つまり、FXの出来高を見れば、ボラティリティの傾向をある程度しることができます。

FXの出来高を確認したい通貨ペア

通貨ペアの順番について解説

FXの出来高は通貨ペアごとに表示されます。出来高の大きな通貨ペアであれば取引に活用しやすいのでおすすめです。

ただし、FX取引に活用したい通貨ペアの出来高を確認しなければ、比較ができないので意味がありません。

出来高を確認したい通貨ペアとしては、シェアの大きな米ドル円やポンド円、ユーロ円などが挙げられます。

FXの通貨ペアとは?初心者におすすめの通貨ペアの特徴とおすすめできない組み合わせを紹介

FXの出来高を確認する時の注意点

FXの出来高は前述の通り、取引に活用することが可能です。

ただし、FXの出来高=取引量は、数量は分かってもどのような取引の内訳になっているか分かりません。

特定の通貨ペアで利益が出る時は、例えば通貨Aが注目されて、通貨Bがを売ってAを大量に買っている状態などが挙げられます。

ただし、通貨Aと通貨Bの取引比率が同じくらいだったとしても、取引数量が多ければ出来高は高くなります。

この場合、出来高を信じて通貨A・Bのペアで取引をしても、利益を得にくい状況になってしまいます。

逆に買い・売りの割合が良い通貨ペアがあったとしても、出来高が低ければ利益を得ることは難しいです。

FXの出来高を活用するなら、このように取引の内訳が分かる情報も併用する必要があります。

時間帯によって出来高は変わる

FXには取引の多い時間帯と少ない時間帯があります。

FXの取引時間と市場オープン時間

時間別に見ていった時、通貨が原因で出来高が下がっているのか、それとも市場が原因なのかは確認する必要があります。

一般的には、日本時間22時~25時がニューヨーク市場とロンドン市場のオープンが重なっているため、世界的に取引が活発化すると言われています。

逆に、これ以外の時間帯はマーケットが縮小し、出来高も少なくなります。

出来高が少なくなると値動きが激しくなってトレード時の判断が難しくなります。

市場によっても出来高が変わることを把握し、逆に市場に異常があるかどうかを出来高によって分析する必要があります。

FXの取引時間の基本知識|世界のマーケットの特徴と時間帯・曜日ごとの取引傾向

FXの出来高を確認できるサイト

FXの出来高を確認するには、どのデータベースを活用すれば良いのでしょうか?

ここからは、おすすめのサイトを詳しく説明していきます。

東京金融取引所「TFXヒストリカルデータベース」

東京金融取引所「TFXヒストリカルデータベース」

東京金融取引所の「TFXヒストリカルデータベース」は、主にくりっく365が対応している通貨ペアの出来高が確認できます。

通貨ペアと期間をチェックすると、期間内の出来高を閲覧することができます。

データのダウンロードもできるので、保管していおくことも可能です。

金融先物取引業協会「店頭FX月次速報」

金融先物取引業協会「店頭FX月次速報」

金融先物取引業協会「店頭FX月次速報」は、国内に50社以上あるFX会社の出来高を課月ごとに確認することが出来ます。

その他にも、前月比の増減や未決済のポジション残高も確認できます。

FX会社それぞれの大まかな出来高なら、こちらのデータベースで把握することができます。

日本銀行「外国為替市況」

日本銀行「外国為替市況」

日銀が発表しているデータで、東京外為市場の取引状況をチェックする方法があります。

年次から日次までのデータを分析することができるので特徴で、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の3つのペアの出来高を確認できます。

日銀発表ということもあり、信ぴょう性の高い指標となっています。

FXの出来高を取引の参考にしよう

FXの出来高は過小評価されがちですが、トレードの参考にできるデータが多くあります。

FXトレードとは直接関係ないと思われることも多いですが、トレーダーの知識や活用方法によっては、十分活用の余地はあります。

FXの出来高を取引の参考にして、賢くトレードしていきましょう。

関連記事