カテゴリー
FXとは?

FXのレバレッジとは?計算方法と倍率のかけ方・最大値やリスクを徹底解説

FXの醍醐味といえば、レバレッジをかけた取引です。

取引で扱う資金が10万円でも、10倍のレバレッジを使えば10万円分の取引が可能になります。

取引で得られる利益も実際の10倍になるので、一攫千金を狙うことも可能です。

FXのレバレッジは解禁当初から段階的に上限値の規制がおこなわれ、2021年現在の国内FXは最大25倍までレバレッジをかけた取引が可能です。

国内FXのレバレッジ規制の歴史
年代 レバレッジ規制
1998年~2005年 400倍が標準設定※規制なし
2005年~2011年 最大50倍
2011年~ 最大25倍

レバレッジの仕組みを知ることで、FX取引がより奥深いものになりますが、一方で失敗した時のリスクも大きくなります。

FX取引を始めるにあたって、レバレッジの仕組みをしっかり理解した上で活用するようにしましょう。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

FXのレバレッジとは?

レバレッジ(Leverage)とは本来は「テコの原理」を意味する言葉ですが、経済用語としては、資金を用いてより大きな金額の投資をおこない、利益率を高める方法を指します。

FXは2国間の通貨の政策金利差を利用して利益を得る仕組みです。

例えば、1ドル=100円の時に1万ドル(100万円)を購入した後に円安で1ドル110円となった場合、100万円が110万円にアップするので10万円分の利益が発生します。

一方、レバレッジ10倍をかけて100万円を購入した場合、元手は10万円で済みます。円安で100万円が110万円になれば、100万円分の利益を得ることになります。

このように、レバレッジをかけることで、少ない元手で効率よく利益を得ることが出来ます。

レバレッジをかけた取引のリスク

レバレッジをかけた取引は大きな利益を見込める一方で、高いリスクも存在します。

例えば上記の例だと、レバレッジ10倍をかけて100万円を購入した後、円高で1ドル=90円になると、本来は10万円分の損失だったのが、その10倍(100万円分)の損失となってしまいます。

為替相場は変動しながら推移するのが一般的ですが、高いレバレッジをかけると僅かな変動が損益に強く影響するため、相場の見極めやトレーダーの判断力が重要になります。

証拠金維持率とロスカット

FX取引で元手となる資金のことを証拠金と呼びます。例えば、1万円の証拠金で10万円分の取引をする場合、レバレッジは10倍となります。

それとは別に、FXにはロスカットという仕組みがあります。ロスカットはFX取引で一定の損失が出た時に、トレーダーを保護するために取引を強制終了する仕組みです。

ロスカットをする損失のラインはFX会社によって異なりますが、証拠金維持率という必要証拠金に対する純資産の比率を基準にラインが設定されるケースが多いです。

例えば1ドル100円の時に1万通貨を買う場合、レバレッジは最大25倍までかけられると考えると最低の証拠金は4万円(×25=100万円)となります。

口座の入金(有効証拠金)が10万円だった場合、証拠金維持率は以下の計算式で求められます。

  • 有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率(%)
  • 10万円÷4万円×100=250(%)

この場合のレバレッジと証拠金維持率の関係は以下の通りです。

レバレッジ 証拠金維持率
1倍 2,500%
2倍 1,250%
5倍 500%
10倍 250%
20倍 125%
25倍 100%

証拠金維持率が100%を下回ると追証が発生し、50%を下回るとロスカットを受けるのが一般的です。

ロスカットはトレーダーが損失を被る前に強制決済する仕組みなので、本来はこの機能があれば取引に負けても借金をする心配はありません。

ただし、急激に相場が推移した場合はロスカットが間に合わず、高額の借金を被って自己破産をする例なども少なくありません。

FXの強制ロスカットとは?間に合わなくて借金が発生するケースもある?回避するポイントを解説

FX取引ではレバレッジをかけるべき?

レバレッジをかけることで効率良く利益を出せるようになる一方で、失敗した時のリスクも倍増します。

FX初心者はレバレッジをかけることに不安を覚える方も多いですが、結論から言えばFX取引では基本的にレバレッジをかけるべきです。

FXは投資や資産運用の一種ですが、あらゆる投資はレバレッジの考えを基に利益を積み上げることを目的としています。

例えば不動産投資は、住宅ローンを借りて元手を減らし、賃貸経営で大きな利益を狙うというレバレッジ構造になっています。

FXは1回あたりの取引で大きな利益を見込める訳ではない以上、レバレッジをかけないと旨みのない投資になってしまいます。

低レバレッジのまま数年継続して取引をおこない、微々たる利益の積み重ねで大金を保有しているトレーダーというのもほぼ存在しません。

FX取引を継続できているトレーダーの平均勝率は1割ほどと言われており、高レバレッジで高リターンを得て、負けそうな時は早めに損切りをして収益を維持しているケースがほとんどです。

リスクを恐れてレバレッジを調整するのは間違いありませんが、レバレッジを全くかけないとFX取引の魅力が半分以上失われてしまうので注意しましょう。

FXのハイレバは稼げる?初心者が勝てない理由や儲かるハイレバ手法を解説

FX のレバレッジ計算方法

FXのレバレッジ倍率は、以下の式で算出することができます。

取引金額÷投資資金=レバレッジ(倍率)

1ドル=100円のレートで、100万円の投資資金で10万ドルの建玉を保有する場合、円換算で整理すると以下のようになります。

  • 投資資金:100万円
  • 建玉:10万ドル=1000万円

この場合、レバレッジは10倍になります。

レバレッジは取引画面で○○倍と設定するのではなく、上記のように投資資金と建玉の価格差を利用してかけるようになります。

FXの損益計算(利益計算)方法は簡単?トレード実例から計算のやり方を初心者でも分かりやすく解説

FX取引でレバレッジをかける方法

FX取引でレバレッジをかける方法は2通りあります。

  • レバレッジコースを指定して最大倍率を決めて取引する
  • 実効レバレッジを自動計算してくれる状態での取引

多くのFX会社は後者のシステムが多く、レバレッジを固定して取引することが出来ない状態です。

レバレッジをある程度コントロールしてエントリーしたい場合は、実効レバレッジを調節する為に資金と取引数量をコントロールする必要があります。

一方でレバレッジコースを指定して取引する場合は、最大レバレッジを固定することが出来る為、自動的に最大25倍レバレッジで取引することがありません。

長期的にポジションを保有したい人やローリスクで運用死体人に有効的な手段です。

レバレッジコースを搭載しているFX会社は少なく、現時点では下記の会社が搭載しています。

  • 外為オンライン
  • YJFX!
  • SBI証券

レバレッジのコントロール方法は取引方法によって向き不向きがあるので、運用方針を決めてからレバレッジ設定をどうするか判断しましょう。

FXの口座開設方法!開設の流れ・審査基準・注意点を徹底解説

FXのレバレッジとリターンの関係

「レバレッジをかけると大きなリターンを貰えるけど実際どのくらい?」と疑問に思う初心者が多いです。

レバレッジをかける事によって大きな利益を得られることが理解できても、具体的にどのくらいリターンが大きくなるのか分からないとレバレッジのメリットを把握できません。

今回は米ドル円で100pips利益がでた場合のリターンを各レバレッジ別で紹介します。

算出する上でのルールは下記の通りです。

  • 米ドル円=100円
  • 1,0000通貨単位からの投資
資金 取引数量 レバレッジ 100pipsの利益 利率
150万円 10,000 0倍 10,000円 0.6%
150万円 60,000 約5倍 60,000円 4%
150万円 120,000 約10倍 120,000円 8%
150万円 370,000 約25倍 370,000円 24%

上記の表を見るとレバレッジが高くなればなるほど利率が大きくなっています。

一方でこれがマイナスに動いた場合、利益がそのまま損失になる為リスクも比例の関係にあることがわかります。

バルサラの破産確率とは?確率表の見方・FXで破産する確率の計算方法を徹底解説

レバレッジの賢いかけ方

FX初心者がいきなり最大25倍のレバレッジをかけるのは危険性が高いため、おすすめできません

最終的に高いレバレッジをかけた取引を目標にするにせよ、段階的に倍率を増やしていくのが理想的です。

ここからは、レバレッジの賢いかけ方を見ていきましょう。

レバレッジ0倍の取引は期限を決めて実施

全くの初心者がFX取引の練習をするなら、デモ口座を利用してレバレッジ0倍の取引で慣れるのがおすすめです。

FXデモトレードとは?本番の収益につなげる上手な活用方法とおすすめ4社を紹介

実際の取引と近い状況で実践的な取引に慣れることで、本番でも戸惑わずに取引を進めることができます。

ただし、レバレッジ0倍の取引を長期間やっても練習の効果は限定的です。

レバレッジをかけない取引はリスクが無いので、取引時の緊張感がどうしても薄れてしまいます。

デモトレードでは正しい判断が出来ていたのに、レバレッジをかけてロスカットの不安を感じながらだと焦って全く異なる判断をしてしまうケースも多いです。

取引に慣れたら少しずつレバレッジをっけていきましょう。

FX初心者は最大4倍ほどのレバレッジをかける

デモトレードに慣れてきたら、レバレッジ2~4倍ほどをかけて取引をするのがおすすめです。

レバレッジをかけることで、収益を上げる喜びを実感できるようになり、FX取引が一気に楽しく感じられます。

慣れたら最大10倍の取引で経験を積む

最大4倍のレバレッジに慣れてきたら、次は最大10倍までの間でレバレッジを設定していきましょう。

最大10倍のレバレッジをかけるとロスカットを回避しながら利益を上げる必要性に迫られるので、トレーダーとして一気に成長できます。

ただ、レバレッジ5~10倍の取引はロスカットが間に合わず借金を負うリスクも十分存在するので、各自で資金状況をチェックしながら慎重に判断する必要があります。

レバレッジのリスクを回避するコツ

レバレッジをかけた取引は、ロスカットを受けやすくなるのが最大のリスクです。

高いレバレッジをかけて取引をするなら、ロスカットを回避する方法も合わせて理解しておく必要があります。

レバレッジのリスクを回避するために知っておきたい3つのコツを紹介していきます。

証拠金維持率を注視する

FX会社 ロスカットライン
DMM FX 証拠金維持率50%以下
GMOクリック証券『FXネオ』 証拠金維持率50%以下
SBI FXトレード 証拠金維持率50%以下
インヴァスト証券(トライオートFX) 証拠金維持率50%以下
外為ジャパン 証拠金維持率60%以下
FXプライム byGMO 証拠金維持率80%未満
マネースクエア 証拠金維持率100%未満
ヒロセ通商『LION FX』 証拠金維持率100%以下
みんなのFX 証拠金維持率100%以下

ロスカットのラインは証拠金維持率で設定されることが多いです。

証拠金維持率の変動はレバレッジをかけるほど大きくなるので、ロスカットラインを下回らないか常に注意する必要があります。

ロスカットを避けるために、証拠金維持率が一定割合を下回ったらポジションを減らすなどのルールを定めておくと安心です。

ポジションの持ち越しを控える

高レバレッジをかけるほど、1回あたりの取引の利益率を高めたいと思うものです。

ただし、ポジションの保有期間が長引けば、その分ロスカットのリスクは高くなります。

特に、週末にポジションを持ち越して土日祝日の値動きに対応できずロスカットを受ける事例だけは回避しておきましょう。

ポジションを長めに持ちたい場合でも、月曜日にポジションメイクをしたら金曜日までに必ず決済するなどのルールを決めておくことをおすすめします。

マージンコール機能を活用する

FX会社 マージンコール
DMM FX 証拠金維持率70%以下
GMOクリック証券『FXネオ』 証拠金維持率100%以下
SBI FXトレード 証拠金維持率100%以下
インヴァスト証券(トライオートFX) 証拠金維持率120%以下
外為ジャパン 証拠金維持率100%以下
FXプライム byGMO 証拠金維持率100%以下
マネースクエア 証拠金維持率150%以下
ヒロセ通商『LION FX』 証拠金維持率200%以下
みんなのFX 証拠金維持率110%以下

証拠金維持率50%でロスカットを受けるFX会社なら、維持率が100%台に差し掛かったタイミングでマージンコールが発生します。

マージンコールは大手FX会社なら基本的に搭載している機能です。

ロスカットされないためにはトレーダー自身のルール徹底と維持率のチェックが不可欠ですが、予想外の値動きに対してはマージンコールの機能も活用して対応しましょう。

FX初心者はレバレッジのリスクから把握する

レバレッジはメリットもありますが、それ以上にロスカットを受けた時のリスクが大きい仕組みです。

FXを始めたばかりの人が高レバレッジをかけて取引をスタートした場合、一瞬でロスカットを受けて借金を背負うということにもなりかねません。

FXを始める際は、レバレッジをかけるリスクを一通り理解しておくようにしましょう。

関連記事