カテゴリー
FXの手法

FXデイトレードは少額からでも増やせる?初心者におすすめの理由と使用上の注意点を解説

少額のデイトレードで利益を積み上げることは可能です。

損失のリスクを抑えて取引ができるので、初心者におすすめの手法といえます。

しかし安易に投資を始めて資金を失う人は多く、誰でも利益を積み上げることができるわけではありません。

FX会社選びやトレードのルールなど、取引を始める前の準備が重要です。

デイトレードは少額で始めるべき理由

デイトレードを少額から始めると、リスクを抑えながら投資の経験を積めるため、初心者や副業で取り組みたい人におすすめの手法です。

少額投資とは1~10万円から行う投資を指します。

専業トレーダーでない人でも、多額の資金を用意せずにFXを始められるので、たとえ資金を失ったとしても被害を最小限に抑えることが可能です。

トレード資金は実力に比例して増やす

FXにおいて利益を安定させることは難しく、プロのトレーダーでも多くの損失を出しながら投資を続けています。

実際にFXを行う人は全体の10%が勝率を維持でき、残り90%の投資家は負け続けているのです。

どんな人でもトレードが上達して利益を出すまでは、多くの失敗を経験することになります。

高額な利益を得ているプロのトレーダーであっても、始めて間もないころから成功しているわけではありません。

FXは実力がつくまでは少額の投資を行い、損失のリスクを抑えながらトレードの失敗を繰り返して、経験を積むことを優先しましょう。

失敗してもリベンジできるだけの資金を残す

FXに限らず投資全般にいえることですが、トレードは失敗はつきものです。

為替相場を分析して、仮説検証を繰り返して利益を積み上げます。

たとえ資金を失った場合でも、FXは挑戦を続けることが重要です。

少額投資は高額な利益を出せませんが、資金を失うリスクが低いことでリベンジの機会が多くなり、仮説検証によってトレードの改善に繋がります。

損失が少なくなれば資金を失わずにトレードを続けられるので、経験を積みながら勝率を高めやすくなるわけです。

少額のデイトレードはヘッジファンドの新人教育にも使われている

少額のデイトレードはリスクを抑えながら投資の経験が積めるので、ヘッジファンドの新人教育のために使われることが多いです。

ヘッジファンドとは、「資産家のみ購入可能な投資信託」を指します。

一般の投資信託よりも預かる金額が増えるだけでなく、収益を出すことのプレッシャーが高くなりがちです。

ヘッジファンドは収益に対して責任重大なので、新人に多額の資金を運用を任せることはできません。

最初はデイトレードで投資の経験を積まなければなりません。

つまり少額のデイトレードはヘッジファンドが採用するほど、FX初心者にとって経験を積むために有効な手段なのです。

トレーダーに必要な自制・自律が身につく

トレーダーは資金を管理しなければならないため、自制心をもって投資に取り組まなければなりません。

トレーダーの資質としては損失が出た場合でも感情を左右されずに、利益が出る確率の高い投資することが求められます。

損失を出してしまうと、動揺して判断力が低下して失敗を繰り返しがちです。

多額の資金を運用する際に、損失や利益に一喜一憂していたらトレーダーとしては続けられません。

デイトレードを少額でおこなうための準備

デイトレードを少額でおこなうための準備は以下の2つです。

  • 取引はハイレバレッジでおこなう
  • 証拠金は最初から出金してしまう

より多くの利益を積み上げるためには、レバレッジをかけた取引を行いましょう。

最大で25倍までの取引が可能なので、証拠金の合わせて倍率を調整して利益を出すことができます。

取引はハイレバレッジでおこなう

少額のデイトレードは、ハイレバレッジで行うことをおすすめします。なぜなら少額取引はリスクを取らないと利益を得ることは難しいからです。

日本のFX業者では最大で25倍までのレバレッジをかけて取引を行うことが可能です。

ただしFX初心者が最初から25倍で取引すると損失が出たときのリスクが高いので、徐々にレバレッジを高めることをおすすめします。

証拠金は最初から出金してしまう

証拠金を出してから取引を行うと、大胆な手法で取引を行いやすくなります。

証拠金のギリギリの範囲でレバレッジをかけて、利益が出やすい取引を行いましょう。

少額デイトレードのポイント

基本的には損失のリスクを抑えなければなりません。

損失が出る前に利益は早めに確定することが重要です。

利益を増やしたい場合は、2~3万円が安定して出せるほどの経験が必要なので、余剰資金を増やしてから投資に回すようにしましょう。

数pipの利益が乗ったらすぐに切る

少額のデイトレードは数pipsの利益が出たら決済を行います。損失を拡大させる前に、小さく利益を積み上げることを優先しましょう。

ハイレバレッジで取引すると数pipsでも利益が出るため、利益を確定は総額でプラスになることを意識することが重要です。

+2~3万円になったら大きなlotで取引

2~3万円の利益が出始めると、トレードの手法がある程度安定してきた証拠になるため、lot数を増やして取引を行った場合でも利益を出しやすくなっているでしょう。

ただしlot数をいきなり増やしては損失のリスクが大きくなってしまうので、少しずつ増やすことをおすすめします。

利益を出してその中でトレードするのが基本

トレードで出した利益を使って取引を行うことで、余剰資金の中で投資を行うことができます。

基本的に投資は資金に余裕のない人は避けた方がよいです。

たとえ余剰資金がなくなった場合でも、元本である資産を失うことにはなりません。むしろトレードの経験を得られるので、次に投資する時に活かせるでしょう。

少額デイトレードを初心者が成功させるコツ

デイトレードは利確や損切りのルール設定を行うことで、予想外の値動きをする為替相場に対応しやすくなります。

ただでさえFXのデイトレードは感情に左右されやすいため、例外を持たずに取引を継続させることが勝率を高めるコツです。

とくに損切りには注意が必要です。人間は損をしたくない気持ちが強くなるためルール通りに損切りを行い、気持ちの切り替えを行いながら取引を継続させましょう。

エントリールールを設定する

エントリーのルールは、損失を防止するために必要不可欠です。なぜならFX初心者は利益や損失が出るたびに、感情が左右されやすく、その場の判断で失敗しやすいからです。

とくに初心者は損切りが苦手な場合が多く、どこかで価値が戻ると信じて損失を拡大させてしまいます。

そもそも為替相場は予測不可能な値動きをするため、ルール通りに利益や損切りを機械的に行うことで安定したトレードが可能になるわけです。

ルール設定は予測不可能な相場に対処するために有効なので、初心者や経験者に関係なく設定することをおすすめします。

エントリーしてポジションが+-0になったら決済

FX初心者は損失が出るよりも、総額で負けないことを意識しましょう。

ポジションがプラスマイナスで0になれば、決済しても問題ありません。

デイトレードは1日に何度も取引を行うため、トレードに負けそうな時はなるべく損失を減らすことが重要です。

マイナスに動いたら2~3pipsで損切

デイトレードに限らず、損切りはルール通りに行いましょう。

マイナスに2~3pips動いた場合、すぐに損切できる設定を推奨します。

なぜなら2~3pipsは資金の総額が減りすぎずに、取引を継続しやすくなるラインだからです。

利益を狙いながら、損失額を最小限に抑えることができます。

少額のデイトレードはYJFX!がおすすめ

YJFX!

YJFX!はFX会社に比べて少ない金額で投資を始められるので、資金に余裕のない人でもFXに取り組めるメリットがあります。

YJFX!のツールは初心者にも使いやすく、操作に迷わずに取引ができる点も魅力の一つです。

他にもFXの学習コンテンツの「YJFX!アカデミー」があるので、FX初心者でも安心して投資を始められます。

さらにPayPayとの連携が強く、今後は「PayPay FX株式会社」に社名が変わります。取引ごとに現金がもらえるため、これから利用者が増える見込みのサービスです。

1,000通貨単位から始められる

YJFX!は取引に必要な最小単位が1,000通貨なので、約5,000円からデイトレードを開始できます。

主要通貨である「米ドル/円」や「ユーロ/円」の取引を価格を抑えて始めることが可能です。

しかし人民元や香港ドルなどのマイナー通貨には対応していないため、少額取引ができる通貨は限定されている点に注意が必要です。

ただし、あくまで最小単位なので利益を積み上げるには、1,000通貨では足りないと考えましょう。

Yahoo!グループでネットに強い

YJFX!はヤフーグループ傘下の企業なので、運営元が大手企業の安心感があります。

24時間の問い合わせが可能なサポートや、ヤフーグループのサービスを利用できる仕組みも大きな魅力です。

またスマートフォンアプリの使いやすさやシステムの改善など、グループ企業がサービスに多額の資金を投下が期待できます。

他にはPayPayポイントをもらえるキャンペーンを実施しており、取引通貨の量と回数が増えるたびにポイントの獲得量が増えます。

少額でデイトレードをおこなう時の注意点

高額な利益を狙いすぎによる損失の拡大や、ポジションの長期保有によるリスク管理ができなくなる恐れがあります。

どちらも少額な取引による影響が大きいので、あらかじめ設定したルール通りに取引を行うことを意識しましょう。

投資は機械的に処理する部分を決めて、感情に左右されない取引を実行することが勝率を高めるコツです。

ロスカット対策でレバレッジ3~5倍程度は用意しておく

資金に余裕のない状態で取引を行うと、大きく損失を出す可能性があるので、レバレッジは3~5倍程度までに抑えておきましょう。

ロスカットを防ぐためには、FX会社が設定している証拠金維持率を下回ってはいけないので、まとまった資金を用意しておくことをおすすめします。

損失の少ないためポジポジ病になりやすい

少額のデイトレードは損失を出す可能性が低いため、トレードに根拠を持たずに取引をしてしまう「ポジポジ病」になる人が多いです。

ポジポジ病は損をしたくない、または損を取り返したいと思う気持ちになってしまい、決済を先延ばしにしてしまう現象です。

少額の取引でもルールを設定して、利確や損切りのタイミングを機械的に処理することを意識しましょう。

もし高額な取引を行う場合、ポジポジ病による損失の被害が拡大する恐れがあります。

少額のデイトレードはFXを学んで成長したい方に最適

少額のデイトレードは損失のリスクが少ないため、FX初心者や経験を積みたい人におすすめの手法です。

デモトレードのように無料でトレードを行うよりも、少額でもお金をかけてトレードする方が学習効率が高まります。

FXを学んで成長したい人は、高額の取引を始める前に少額のデイサービスで投資に慣れましょう。

関連記事