カテゴリー
FX口座開設

FXの口座開設方法!開設の流れ・審査基準・注意点を徹底解説

FXをこれから始めようと思っている初心者が最初に直面する疑問が「どうやってFX口座を開設するの?」です。

FXの口座開設方法は銀行口座の開設やカードローンの申請などと違う部分がある為、不安になる初心者が多いです。

今回はFXの口座開設方法を紹介します。

口座開設だけでなく、口座の選び方や口座開設前の審査で注意するポイントなど解説するので必見です。

これからFX口座開設を検討している初心者は参考にしてください。

【FX初心者】FXの始め方とは?初心者がチェックすべき稼ぎ方・やり方と失敗を防ぐ方法

FX口座開設の流れ

FXで口座開設する時の流れは以下のようになっています。

  • 【STEP1】口座開設フォームに基本情報を記入
  • 【STEP2】本人確認書類の提出
  • 【STEP3】審査
  • 【STEP4】口座開設完了のお知らせを受け取る
  • 【STEP5】初期ID・パスワードを入力して取引開始

FXの口座開設方法はどのFX会社も大方同じ手順になっています。

これから詳細を説明するので、どのような流れで口座開設できるのか把握していきましょう。

【STEP1】申し込みフォームに基本情報を記入する

口座開設したいFX会社の公式サイトから、口座開設の申し込みフォームを記入します。

口座開設申込みフォームに記入する情報は下記の通りです。

口座開設申込みフォームで記入する情報
  • 名前
  • 住所
  • 生年月日
  • 勤務先
  • 投資経験の有無
  • 金融資産

申し込みフォームで記入する情報は、個人の基本情報で難しい内容ではありません。

ここで記入する住所は、後に提出する本人確認書類に記載されている住所と同一でない場合は再提出になるので注意しましょう。

「投資経験無いと落ちてしまう?」と懸念して投資経験を詐称してしまう人がいますが、投資経験の無い人でもFX会社で口座開設することは可能です。

情報を詐称せず正直に回答しましょう。

【STEP2】本人確認書類を提出

基本情報を記入した後、本人確認書類を提出します。

本人確認書類の提出方法は大きく分けて4つ存在します。

本人確認の提出方法
  • アップロード
  • Eメール
  • 郵送
  • スマホで簡単確認(非対応のFX会社あり)

スマホで簡単確認は、スマホで本人確認を完結する方法です。

アップロード・Eメールでの提出より本人確認を瞬時に終わらせられるので、スムーズに口座開設を進めたい人におすすめです。

また郵送での提出は、FX会社に届くまで時間がかかってしまうので、即日審査完了できるFX会社でも最低数日かかってしまいます。

【STEP3】審査結果を待つ

FXの口座開設は即日~1週間程度で終わります。

投資経験の無い人が口座開設を申し込む場合、情報が少なく審査が長くかかってしまう場合もあります。

審査中にFX会社から電話がかかってきたりメールが届いた場合は、書類に不備があり再提出の可能性があります。

電話がかかってきた場合は迅速に対応できるようにしておきましょう。

【STEP4】審査後にID・パスワードを取得

審査に通過するとID・パスワードを取得できます。

メールで送られてくるFX会社もありますが、郵送で届けるFX会社もあるので注意しましょう。

パスワードは後に覚えやすいパスワードに変更できますが、IDは変更不可能なFX会社が多いです。

万が一忘れてしまうと再度ID・パスワードの登録が必要になるので、ログインできなくならないように郵送物やメールは保管しておきましょう。

【STEP5】口座に入金して取引開始

口座にログインすると取引時間内であれば、取引することが可能です。

しかし口座開設後の口座は資金が0円なので、まず入金する必要があります。

ネットバンキングを持っている人は即時入金で手数料負担0円になるので、なるべくネットバンキングで入金しましょう。

FXの口座開設で必要な書類

FXの口座開設で必要な書類

FX口座を開設する時に、本人確認書類を提出します。

本人確認書類を提出しないと口座開設することができません。

これからFX口座開設に必要な本人確認書類を紹介していきます。

FXの口座開設で必要な書類
  • マイナンバーカード
  • 顔つき身分証明証(顔なしの場合は2つ必要)

FXではマイナンバーカードが必須で必要となっています。

マイナンバーカードを持っていない人は代用できる書類を用意しましょう。

➀マイナンバー証明書類

FX会社で提出するものは持っている身分証明書によって異なります。

異なりますが、共通して必ず必要なものがマイナンバーとなっています。

マイナンバーカードを持っていない人は、以下の書類で代用書類を用意する必要があります。

  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバーが記載されている住民票

上記で説明した代用できる書類を提出する場合、別途身分証明書類が必要になります。

FX口座開設にはマイナンバーが必要?マイナンバー登録をおすすめする理由と提示方法

②身分証明書

マイナンバーが記載されている書類を提出する人は、他の身分証明書類も提出する必要があります。

顔つきの身分証明証を提出する場合、1つで済みますが顔なしの場合2つ提出する必要があります。

本人確認書類で提出できる身分証明証
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

顔つきの身分証明証をもっている人は、スピード本人確認というシステムを利用できるのでおすすめです。

スピード本人確認はスマホで本人確認を完結するシステムで、最短即日から取引をはじめられるようになります。

搭載していないFX会社もありますが、搭載しているFX会社が増え始めているので素早く口座開設したい人は利用しましょう。

FXは複数口座を開設できる

FXの口座は複数開設することが可能です。

初心者のうちは1つで充分ですが、トレードスキルが上がっていくとサブ口座が必要になってきます。

サブ口座を持つ理由として、情報量が増える・色々なトレードスタイルで投資できる・各FX会社のツールを利用できることが挙げられます。

取引の幅が広がるので、投資効率を上げたいひとはメイン口座とは別の口座を開設してみましょう。

FX口座を複数開設すべき理由とメリット・デメリットを紹介!おすすめの組み合わせや注意点も解説

複数口座を持つメリット

複数口座を持つメリットをまとめました。

複数口座を持つメリット
  • マーケット情報量が増える
  • 分析方法が多彩になる
  • 各FX会社の情報ツールを使える

複数口座を持つと、各FX会社の良いところだけ利用することができます。

マーケット配信に特化しているFX会社や分析ツールに特化しているFX会社など、特徴のあるFX会社があるので、必要な機能を搭載しているFX会社をピックアップしましょう。

FX口座の審査基準

FXの口座開設では審査が実施されます。この審査に通るか不安な方も多いでしょう。

ただ結論から言えば、審査自体はそこまで難しいものではありません。

ローンの審査などとは違い、必要最低限の資金額が少ないので、そこまで高い年収が求められるようなことはありません

しかし、FX口座開設の審査に通過するには、以下の3点は必ずクリアする必要があります。

  • 自分の投資資金を持っている
  • 投資経験の有無
  • 虚偽の申込内容を記入していない

ひとつずつ見ていきましょう。

審査が甘い・ゆるいFX会社はどこ?審査基準や通りやすい会社の選び方について紹介

自分の投資資金を持っている

FX取引をおこなう際は投資に使える資産が必要になります。

どれくらいの規模を求めるのかはFX会社によって違いますが、GMOクリック証券などは100万円以上の資産があることが条件になります。

金融資産がいくらあるかに関しては自己申告になりますが、自分で自由にできるお金がないのに嘘をついて口座開設をするのはNGです。

運よく審査に通過しても、嘘が発覚した段階でいつでも契約解除、賠償請求を受けるリスクがあります。

投資経験の有無

口座開設するFX会社によっては投資経験の必要がある会社もあります

FX初心者の場合、投資経験が無いので上記のようなFX会社に申し込まないように注意しましょう。

上級向けFX会社ではなく、初心者コンテンツが充実している初心者向けのFX会社だと投資未経験でも口座開設できます。

虚偽の申込内容を記入していない

FXの審査は自己申告の情報を元におこなわれます。

そのため、少し嘘をついてもバレないだろうという甘い気持ちを持つ方が多いです。

しかし、嘘をついて申し込んだ場合、バレてしまったら強制解約されてしまうので注意しましょう。

仮に嘘がバレずに審査に通ったとしても、その後バレた時点で解約されます。一旦嘘をつくと、リスクは半永久的にふりかかってくるのです。

一度強制解約になると、再度そのFX会社の審査に通る見込みはほぼありません。更にFX会社のグループ会社を利用する際も、悪影響を受ける可能性があります。

場合によっては、他社のFX口座開設時にも影響する可能性があるので注意しましょう。

FX口座開設にかかる時間

FX口座開設にかかる時間

本人確認の提出方法にかんたん本人確認機能がある場合、最短即日・即時で口座開設することができます。

既に口座を持っている人は、即時口座開設できる可能性があります。

初心者でも翌日までには口座開設出来るので、なるべく早く口座を開設したい人は、本人確認提出方法にかんたん本人確認があるかチェックしておきましょう。

郵送だと1週間以上かかるケースも

郵送で本人確認を送る場合や、ID・パスワードが郵送で送られてくる場合は1週間以上かかる可能性があります。

また書類不備での再提出があると、本来の口座開設にかかる日数より長くなってしまうので注意が必要です。

キャンペーン実施での口座開設者の増加で、審査が遅れてしまうケースもあるので、FX会社の状況を確認しましょう。

口座開設審査に落ちた時の対処法

FX会社の口座開設の審査はそこまで難易度が高くありません。

ただ、審査基準・審査内容は一切公表されておらず、稀に問題ない人も審査に落ちる可能性があります。

一度審査に落ちたとしても、今後絶対にFX口座が開設できない訳ではないので、会社を変えて再度申し込んでみましょう。

一度落ちたFX会社でも、2度目で問題なく審査通過できるケースもあります。ただ、一度落とされている以上、あなたの中に低評価される要因が何かあったのは事実です。

確証をもって上の要因を改善できない場合は、一度落ちたのとは違うFX会社に申し込むことをおすすめします。

開設するFX口座を選ぶポイント

開設するFX口座を選ぶポイント

いざFXの口座を開設しようと思っても、どの口座を開設すれば良いか分からないという方は多いです。

開設できるFX口座は豊富にあり、それぞれ特徴が異なります

自分に適したFX口座を選ばなければ、生活リズムにあった取引スタイルができず、失敗する恐れがあります。

ここからは、開設するFX口座を選ぶポイントを紹介します。

FX会社の選び方とは?失敗せずに選ぶための重要チェックポイントを紹介

口座開設数の多さで選ぶ

FX会社の中には、累計や直近の口座開設数を公表しているケースも多いです。

口座開設数の多いFX会社は、その分だけ多くのトレーダーから支持されているということに繋がります。

国内ではDMM FXとGMOクリック証券(FXネオ)の2社の口座開設数が飛びぬけて高いです。

FX会社の口座数比較ランキング!年別の口座開設数推移と幅広い方が開設している理由

総預かり資産の多さで選ぶ

FX口座で取引をする際、入金した資金や出金していない利益はFX会社の預かり資産となります。

FX口座は開設費や維持管理費がかからないので、とりあえず口座を開設してそのままにしておくケースも多いです。

そのため、口座開設数の多さは人気を測る指標にはならないという意見もあります。

一方で、預かり資産の多さはリアルタイムで取引しているトレーダーの数が影響しているので、現在人気のFX口座を見つける指標になります。

総預かり資産で比較すると、GMOクリック証券が2,000億円を超えてダントツで大きい状況です。

スプレッドの狭さで選ぶ

FX取引の実質的なコストであるスプレッドの幅は、FX会社によって異なる設定をされています。

スプレッドが狭いほど徴収される手数料は少なくなるので、低リスクで安心してトレードをすることが出来ます。

スプレッドには原則固定型と変動型があります。

変動型はもちろんですが、原則固定型でも時間帯によっては広がるケースがあるので注意が必要です。

FXのスプレッドとは?仕組みとFX会社のスプレッド比較・計算方法を解説

最小取引単位で選ぶ

FX口座は、それぞれ通貨ペアを売買する際の最小単位を設定しています。

国内のFX会社の場合、1万通貨から取引できるケースが一般的です。

1ドル100円で計算すると1万ドル=100万円となります。

レバレッジを最大25倍かけたとすると、100万円÷25倍=4万円から取引をすることが可能です。

一方で、FX会社の中には最低取引単位を1,000通貨に設定しているところもあります。

この場合、1万通貨からのFX会社と比較して10分の1の資金から取引を始められます。

FX初心者は少額から始めよう!低リスクな始め方と1通貨単位から少額取引できるおすすめFX会社を紹介

キャンペーン内容で選ぶ

多くのFX会社は新規口座開設時にキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックされる金額や支給条件は各口座で異なるため、しっかり比較した上で選ぶ必要があります。

サービス内容を比較しても結果的にどの業者が良いかわからない方は、キャンペーンで選ぶのも一つの手です。

【2021年】FX会社のキャンペーン・キャッシュバック比較ランキング!FX業者が提供する最新特典はどこがおすすめ?

どのFX会社の口座を開設するかが重要

FXは、どの会社の口座を開設するかによって結果も大きく変わってきます。

取引環境、得られる情報の質、取引条件など、何もかも変わってしまうので、じっくり口座を選ぶ必要があります。

おすすめの口座は時期によっても変わります。様々な要素を参考にして、自分にあったFX会社を選びましょう!

【2022年最新】おすすめFX口座比較ランキング!初心者に人気の評判が高いFX会社を一覧表で徹底比較

関連記事