カテゴリー
FX自動売買

【2021年最新】FX自動売買おすすめ比較ランキング!儲かるツールの徹底検証と失敗しない選び方

FX自動売買は、プログラムが自動でFX取引してくれるので裁量トレードの様に自分で取引する必要がありません。

簡単な設定で運用できるサービスや、少額からはじめられることから近年、注目されています。

しかしFX自動売買を始めるといっても、種類が豊富でどれが自分にあったツールなのか判断しにくいですよね。

今回は国内FX会社の自動売買を比較し、ランキング形式で紹介します。

各自動売買の魅力やメリット・デメリットを紹介するので必見です。

これからFX自動売買で運用していこうと考えている人は参考にしてください。

FX自動売買とは?仕組みと始め方・やり方・初心者向けおすすめツールを紹介

FX自動売買とは

FX自動売買とは、裁量トレードと違ってプログラムに取引を任せる運用方法です。

資金を入金して、自動売買の設定を行うだけで運用を開始できるので初心者でも簡単に始められる魅力があります。

24時間プログラムが稼働してくれる為、日中忙しいサラリーマンなども副業として利用できます。

FX自動売買の比較一覧

各FX会社が提供しちえる自動売買を比較した表は下記の通りです。

FX自動売買名 自動売買の種類 取引通貨単位 デモ口座 手数料 取扱い通貨ペア キャンペーン アプリ対応
トライオートFX システムトレード 1,000 有(口座開設後) 無料~20円(対外貨:0.2外貨) 17種類
トラリピ リピート系自動売買 1,000 無料 13種類
ループイフダン リピート系自動売買 1,000 無料 20種類
トラッキングトレード リピート系自動売買 1,000 20~200円 24種類
みんなのシストレ システムトレード 1,000 無料 27種類
iサイクル2取引 リピート系自動売買 1,000 20円 26種類
セントラルミラートレーダー ミラートレード 1,000 無料 22種類

手数料が無料になっているFX会社はスプレッドが高い傾向にあるので、取引コストを重視したい人は手数料だけでなくスプレッドも見てバランスの取れているFX会社をおすすめします。

FX自動売買おすすめランキング

おすすめのFX自動売買をランキング形式に紹介していきます。

各FX会社によってFX自動売買の種類が異なり、相性の良い相場環境が違うので、ご自身の運用戦略に合ったFX自動売買を選んで口座開設を検討してください。

FXの口座開設方法!開設の流れ・審査基準・注意点を徹底解説

【1位】インヴァスト証券「トライオートFX」

インヴァスト証券「トライオートFX」

総合
4.00
【スプレッド】 売買のコストパフォーマンス
4.5
【スワップポイント】 金利の低さ・使い勝手の良さ
3.0
【約定力】 安定性・レスポンスの速さ
3.5
【取引ツール・アプリ】 サービス充実度・モバイル対応度
5.0
【情報力】 配信の充実度・コンテンツの質
4.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 0.2錢(米ドル/円) 10(買い)
-33(売り)
※2021/07/05時点
※10,000通貨単位
トライオートFXが人気!
インヴァスト証券は様々な自動売買を提供している証券会社で、特にトライオートFXが人気です。
トライオートFXは初心者向けの簡単設定と、上級者向きのビルダー機能を搭載している為、自分のレベルに合わせて運用することができます。
  • トライオートFX 新規口座開設キャンペーン 最大50,000円プレゼント!
  • トライオートETF 新規口座開設キャンペーン 10,000円プレゼント!
  • トライオートFX 「ポンド/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」キャッシュバック金額無制限キャンペーン

トライオートFXを提供するインヴァスト証券は自動売買に強みがあり、ツールを複数展開しています。

トライオートFXは初心者でも利用しやすいように自動売買設定を実績でランキング化して提供したり、選びやすいようにある程度パッケージ化して選びやすくなっていたりと、設定選びも楽しみながら実施できます。

凄腕トレーダーの組んだ設定がシェアされて利用できるなどの試みもおこなわれています

トライオートFXのメリットとしては、以下を挙げることができます。

  • 1000通貨単位から自動売買を始められる
  • 自動売買の実績がある会社という信頼感がある
  • 細かい設定をせずに取引を始められる
  • 後で設定をカスタマイズできる

少額で取引を始められて、設定も分かりやすいので、自動売買初心者におすすめです。

トラリピの評判・口コミは?メリット・デメリットと稼げる設定方法・通貨ペアを紹介

【2位】マネースクエア「トラリピ」

マネースクエア「トラリピ」

総合
3.20
【スプレッド】 売買のコストパフォーマンス
3.0
【スワップポイント】 金利の低さ・使い勝手の良さ
3.0
【約定力】 安定性・レスポンスの速さ
3.0
【取引ツール・アプリ】 サービス充実度・モバイル対応度
4.0
【情報力】 配信の充実度・コンテンツの質
3.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 変動性 1(買い)
-99(売り)
※2021/06/18時点
※10,000通貨単位
トラリピが人気!
マネースクエアはリピート系自動売買「トラリピ」が幅広い層か高い人気を得ています。
トラリピを設定して稼働するだけでプログラムが自動的に取引してくれるので、初心者でもしっかり利益を狙うことができます。
マネースクエアの調査では平均取引時間が8.5年と長く、口座開設している人たちは長期間愛用していることが分かります。
  • ユーロ/英ポンドリリース記念!公式Twitter限定Wキャンペーン

マネースクエアのトラリピは指定した価格帯で均等に売買注文を設置できるので、コツコツ少しずつ利益を積み重ねていける自動売買ツールです。

シンプルで扱いやすく、操作もしやすいのが好印象。詳しい使い方もマネースクエアが全て公開しているので、使い方に戸惑うことはありません。

トラリピのメリットは以下の通りです。

  • シンプルに自動売買を利用できる
  • 取引開始までの設定が少ない
  • セミナー・コンテンツが充実している

トライオートFXのように初心者も利用しやすい自動売買ツールとなっています。

マネースクエアは会社のサポートも充実しているので初めての方も安心です。

何より特許取得済みのトラリピと同じ機能は他にないので、どうしてもトラリピを使いたい方は自動的にマネースクエアを利用するようになります。

トラリピの評判・口コミは?メリット・デメリットと稼げる設定方法・通貨ペアを紹介

【3位】アイネット証券「ループイフダン」

アイネット証券「ループイフダン」

総合
3.40
【スプレッド】 売買のコストパフォーマンス
3.0
【スワップポイント】 金利の低さ・使い勝手の良さ
3.0
【約定力】 安定性・レスポンスの速さ
4.0
【取引ツール・アプリ】 サービス充実度・モバイル対応度
4.0
【情報力】 配信の充実度・コンテンツの質
3.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 0.7-1.8銭(米ドル円)  4 (買い)
-34(売り)
※2021/07/30時点
※10,000通貨単位
FX自動売買「ループイフダン」が人気!
アイネット証券は、FX自動売買「ループイフダン」を搭載している証券会社です!
ループイフダンを利用したトレーダーは、平均127%資産がアップしており(2020年度4月1~翌3月31日)稼げる実績を証明しています。
アイネット証券でループイフダンを始めた66%は投資初心者で43%のトレーダーが10万円程度からはじめているので、気軽に資産運用をはじめたい人におすすめです。
  • 口座開設+お取引でキャッシュバック
  • 【毎年恒例】サマージャンボ宝くじプレゼントキャンペーン

アイネット証券のループイフダンも自動売買で人気なツールの一つです。

ループイフダンを利用する際はまず取引する通貨ペアを選んだ上で、買いか売りかを選ぶことで利食い幅を決めて開始をします。

設定した幅の通りに注文を発注するというシンプルな仕様で、初心者には利用が本来難しいと言われていた自動売買の利用者の中に初心者が増えた一因でもあります。

シンプルな仕組みだからこそ使い方次第で大きな効果を発揮し、レンジ相場・トレンド相場ともに対応することができます。

ループイフダンのメリットは以下の通りです。

  • スタートまでの設定が少ない
  • 上昇・下落のトレンド相場でも自動発注が利用できる
  • 長年使いこむことができる

トレンド相場とは一定の割合で上昇・下落を繰り返す相場で、動きが予想しやすい分FXで勝ちやすいと言われています。
稼ぎやすい一方で冷静な判断が狂いやすいトレンド相場でも、ループイフダンに任せることができます。

また、一般的な初心者向けツールと違って中・上級者向けのメニューが制限されているという訳ではないので、ずっと利用し続けられるのが大きな強みです。

アイネット証券「ループイフダン」の口コミ・評判と実績を徹底解説

【4位】FXブロードネット「トラッキングトレード」

FXブロードネット「トラッキングトレード」

総合
3.20
【スプレッド】 売買のコストパフォーマンス
3.0
【スワップポイント】 金利の低さ・使い勝手の良さ
3.0
【約定力】 安定性・レスポンスの速さ
4.0
【取引ツール・アプリ】 サービス充実度・モバイル対応度
3.0
【情報力】 配信の充実度・コンテンツの質
3.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 0.2錢(米ドル/円) 3 (買い)
-36 (売り)
※2021/06/21時点
※10,000通貨単位
トラッキングトレードが人気!
FXブロードネットは、FX自動売買「トラッキングトレード」を提供しているFX会社です。
トラッキングトレードは、ランキング上位のプログラムを選んで稼働するだけで自動売買を始められるので、初心者から高評価を得ています。
またスプレッドが狭い事から、自動売買でも取引コストを抑えることができます。
  • トラッキングトレード取引手数料0円
  • トラッキングトレード手数料半額

FXブロードネットの提供するトラッキングトレードは注文幅が相場変動に合わせて動くのが大きな特徴です。

取引する通貨幅と買いOR売り、想定変動幅、運用額を決めれば取引はスタートすることができます。

注文間隔などは上記の項目を元に自動で決めてくれます。

細かい設定は公式サイトにも公開しているので参考にしやすいです。

トラッキングトレードのメリットは以下の通りです。

  • 設定が少なく利用できる
  • 注文間隔など、細かい設定を省略できる
  • 通貨ペアが多い

トラッキングトレードは注文間隔などの細かい設定を省略できるのが大きな魅力。

自動売買は設定を細かくしすぎると予想外のシーンに対応できないのがデメリットですが、トラッキングトレードはそれにも対応してくれます。

また、意外と知られていませんが通貨ペアが多いのも特徴です。

トラッキングトレードの評判・口コミはどう?メリット・デメリット・検証実績を紹介

【5位】外為オンライン「iサイクル2取引」

外為オンライン「iサイクル2取引」

総合
3.90
【スプレッド】 売買のコストパフォーマンス
3.0
【スワップポイント】 金利の低さ・使い勝手の良さ
3.0
【約定力】 安定性・レスポンスの速さ
4.0
【取引ツール・アプリ】 サービス充実度・モバイル対応度
4.5
【情報力】 配信の充実度・コンテンツの質
5.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 0.9錢(米ドル/円) 0(買い)
-50 (売り)
※2021/06/28時点
※10,000通貨単位
iサイクル2取引が大人気!
外為オンラインはFX自動売買「iサイクル2取引」が大人気のFX会社です。
iサイクル2取引は自動で取引してくれるので、トレーダー自身が忙しくて取引できていない時でもシステムが自動売買して稼いでくれます。
初心者でも使いやすい自動売買なので、初心者から支持されています。。
  • 新規取引口座開設で最大150,000円 キャッシュバック

外為オンラインのiサイクル取引はトラッキングトレード同様、相場変動に合わせて注文幅も動きます。

3つの項目を設定すれば、上で紹介した自動売買ツールと同様、スムーズに運用スタートが可能です。

Iサイクル2取引は上記の自動売買ツールとそん色ない内容の他、デモ口座を利用して事前に練習を積むことができます。

ただ、通貨ペアが他と比べて比較的少ないのがデメリットではあります。

iサイクル2取引の評判・口コミはどう?本当に儲かる?メリット・デメリットと実際の運用実績を徹底解説

【6位】トレイダーズ証券「みんなのシストレ」

トレイダーズ証券「みんなのシストレ」

総合
3.90
【スプレッド】 売買のコストパフォーマンス
4.5
【スワップポイント】 金利の低さ・使い勝手の良さ
5.0
【約定力】 安定性・レスポンスの速さ
4.0
【取引ツール・アプリ】 サービス充実度・モバイル対応度
3.0
【情報力】 配信の充実度・コンテンツの質
3.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 0.2錢(米ドル/円) 37(買い)
-40 (売り)
※2021/06/25時点
※10,000通貨単位
初心者から大人気!
みんなのFXは初心者向けのFXサービスで、1,000通貨単位から取引可能です。
みんなのFXとLIGHT FXの総合口座数は2021年5月時点で43万口座を突破しており、初心者から高い人気があることが分かります。コンテンツだけでなく、24時間サポートで万が一のトラブルにも対応してくれるので、初心者が安心して利用できます。
  • ハッピーアワーキャンペーン
  • スワップNo.1チャレンジキャンペーン
  • 新規口座開設キャンペーン

みんなのシストレは事前に組まれたプログラムだけでなく、実際に取引をしている他のトレーダーに追従して取引をすることができます。
また、1000通貨単位からシストレを始めることができます。

みんなのシストレのメリットはこちらの3つです。

  • 他のトレーダーの取引に追従できる
  • 1000通貨単位から少額取引可能
  • スマホアプリに完全対応

機械的に判断されるのが嫌という方は、他のトレーダーに追従できるこのツールがおすすめできます。

シストレ系でも少額取引可能なので、リスクが不安な方にもおすすめです。

その他、スマホアプリで完璧に操作可能なのも魅力です。

みんなのシストレは儲かる?評判・口コミとメリット・デメリット・注意点を徹底解説

【7位】「セントラル短貨FX」セントラルミラートレーダー

「セントラル短貨FX」セントラルミラートレーダー

総合
3.50
【スプレッド】 売買のコストパフォーマンス
4.5
【スワップポイント】 金利の低さ・使い勝手の良さ
3.0
【約定力】 安定性・レスポンスの速さ
4.0
【取引ツール・アプリ】 サービス充実度・モバイル対応度
3.0
【情報力】 配信の充実度・コンテンツの質
3.0

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 0.1 銭(米ドル/円) 4(買い)
-77 (売り)
※2021/07/01時点
※10,000通貨単位
老舗会社のFXサービス!
セントラル短資FXを提供している会社は100年以上の歴史があり、金融業界のノウハウを活かしたサービスを提供しています。自動売買も搭載しており、様々な取引スタイルに対応できるFX会社です。
  • 夏お届け! メキシコペソ/円キャンペーン
  • 《第一弾》セン短 夏の大抽選会 Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

セントラル短貨FXのセントラルミラートレーダーはシストレサービスの中でも古いもので、実績が豊富にあります。

他社も利用するサービスで、実績の高さで選びたい方におすすめです。

セントラルミラートレーダーは長いサービス提供の歴史の中からユーザーに人気が高く、成績の良いプログラムを公開しています。

運用歴を考えると、ここで選ばれているプログラムはシストレの中でもトップクラスに支持を得ており、幅広い方におすすめできることになります。

安心・安全にシストレを始めたい方にはピッタリです。

セントラルミラートレーダーの評判・口コミは?口座開設の流れ・取引のやり方を分かりやすく解説

FX自動売買を選ぶ時の比較ポイント

FX自動売買を選ぶ時の比較ポイント

FX自動売買は似たような特徴を持っているものもあれば、システムが全く異なるものもあります。

特にFX初心者で知識も経験もない方だと、どんな基準でツールを選ぶべきなのか分からず悩むケースが多いでしょう。

ここからは、自動売買ツールを選ぶ上で必ずチェックしたい比較ポイントを確認しましょう。

実績を比較

自動売買ツールについて調べていると実績/運用実績という言葉が良く出てきますが、自動売買の実績とはツールを今まで運用してきた中での以下のようなデータを指します。

  • 勝率:ポジションを持った全回数のうち利確に到った割合
  • 期間収益率:特定の期間で元手の何%の利益を獲得したかの割合

チャートの推移を自動で判断して取引する自動売買ツールですが、判断基準やスピードはツールごとに異なるため、似たような仕組みでも実際の勝率には差が出ます。

ただし、世の中に出回っている自動売買ツールは「勝率90%以上!」などの高い実績のものばかりです。

これは、各社が出来るだけ都合の良いデータを紹介しているからに他なりません。

例えば、勝率が90%超えでも1回の取引で大きな損失を被ったら期間収益はマイナスかもしれません。

この場合、FX会社が勝率を強調して「勝てるツール」のように見せるケースが常態化しているのです。

実績の比較は確かに重要ですが、データの根拠を必ず確認するようにしましょう。

手数料を比較

FXの裁量トレードでは手数料無料が当たり前ですが、自動売買ではスプレッドと別に取引手数料が設定されていることが多いです。

手数料は片道設定(売り・買いそれぞれにコストが発生)が多く、売買取引で40円前後のコストが発生してしまいます。

ただ、全ての自動売買ツールに取引手数料が設定されている訳ではありません。

リピート注文を繰り返す「ループイフダン」などは取引手数料が無料です。

取引のスパンが短いほど手数料がかさんでリスクが高まるので、トレードスタイルに合わせて厳しく手数料を比較する必要があります。

使いやすさ・操作性を比較

決済・注文や設定のしやすさなど、総合的な操作性の高さも自動売買を選ぶ際には重要となります。

操作性の高いツールだと使いやすくて快適なのはもちろんですが、OSとも適合しているために動作の不具合などが起こりにくく、安心して利用することができます。

PCとスマホのどちらか一方の取引ツールしか確認しない方もいますが、出先でも急な相場対応をチェックするケースはPCツール中心で利用している場合もあるので、どちらも必ず確認しましょう。

最小取引単位を比較

自動売買ツールによっては、少額取引できるものもあります。

国内のFX取引は10,000通貨単位からが主流ですが、中には1,000通貨単位から取引できるケースもあります。

1,000通貨単位で自動売買が出来るFX会社

  • 外為オンライン「トライオートFX」
  • アイネット証券・ひまわり証券「ループイフダン」
  • FXブロードネット「トラッキングトレード」

こうしたツールは少ない元手で自動売買を始められるメリットがありますが、証拠金額が少なすぎてロスカットのリスクが高まる可能性もあります。

少額取引は必ずしも良いことばかりではないので、注意して始めましょう。

通貨ペアの種類・数を比較

自動売買ツールによって、対応している通貨ペアの種類や数が異なります。

米ドル円、ポンド円など初心者の多くが利用するメジャーな通貨ペアはほぼ全ての自動売買ツールで対応できているので問題ありませんが、それ以外にも自動売買は豪ドルNZドルや豪ドル円とも相性が良いです。

取引の可能性がある通貨ペアに対応しているかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

FXの通貨ペアの選び方とは?初心者におすすめのペアと失敗しない組み合わせのポイント

取引スタイルを比較

取引スタイル 内容 おすすめな人
リピート型 売買注文を細かくおこない、少額の利益をコツコツ積む 低リスクでコツコツ利益を増やしたい人
トレーダー型 大まかな設定をすれば、専業トレーダーなどの戦略を追従できる 少ない手間で成果を上げたい人
プログラム型 売買条件を細かく設定してプログラムを組む 自分好みの自動ツールを作りたい上級者

自動売買ツールは、リピート型・トレーダー型・プログラム型の大きく3種類に分かれます。

それぞれ仕組みが異なるだけでなく、強みや利用目的も変わってくるので注意が必要です。

例えばループイフダンなどのリピート系自動売買はコツコツ資金を増やしたい方には向いていますが、1回の取引で高額利益を得たい方には不向きです。

このように、FX取引の目的を何に設定しているかで使用すべきツールは異なります。

FX自動売買を利用する時の注意点

FX自動売買は便利なツールですが、選び方や設定方法を間違えると大失敗してしまいます。

取り返しの付かない失敗を侵さない為にも、注意点を把握してリスクヘッジしていきましょう。

長期間運用で判断する

FX自動売買は裁量トレードのように短期的な成績で良し悪しを判断できません。

稼働してみて、うまく運用できているかの判断は3ヶ月ごとにおこなうくらいが丁度良いです。

ただし、相場の急変時には自動売買の設定を見直しをする必要があります。

長期間運用で成績を判断するといっても、相場を毎日チェックする必要があるので勘違いしないようにしましょう。

放置すると稼げない

自動売買ツールはプログラムが自動で運用してくれるので、一見放置しても勝てるように見えます。

しかし相場は毎日変動しており、状況によっては大きく流れを変える局面もあるので、完全放置していると負けてしまいます。

運用を任せるといってもトレーダーは舵取りをする必要があるので「勝手に自動売買が稼いでくれる」と思わず、しっかり相場環境を読んで微調整しましょう。

複数の自動売買ツールを使いながら選ぶ

自分にあった自動売買ツールは取引しながら見つけていく必要があります。ある程度FXに慣れたら、一つのツールにとらわれず様々なものを利用してみることをおすすめします。

FX取引を様々なツールを使いながら実施していった結果、開始から5~10年経ってやっと自分にあったツールを見つけたという報告も珍しくありません。

1つのツールを使い続けなければいけないという決まりは一切ないので、柔軟に比較していきましょう。

ただ、自動売買ツールを選びすぎて失敗した結果をツールのせいにしてしまうのは良くありません。

また、最初から自動売買をすると他人任せの取引になれてしまい、トレーダーとしても成長スピードが遅くなるので注意が必要です。

自動売買を成功させるためにはツール選びが重要ですが、それだけでなくトレーダー自身がどう成長するかも考えていくようにしましょう。

関連記事