カテゴリー
経済指標

米国雇用統計の日程はいつ?発表日程の詳細や為替変動にどう影響するのかくわしく解説

FX取引をやっているSNSユーザーは、「今日は雇用統計があるからお祭りだ!」・「雇用統計前後は取引を避ける」などのコメントをみたことがありますよね。

FX初心者の場合、「なんのことを言っているの?」と疑問に持つ人もいますが、雇用統計は初心者も必ず知っておくべき重要な知識です。

雇用統計の数値によって大儲けした人や大損した人がいるので、今後FXで継続的に利益を得たいという人は雇用統計についてある程度知識を付ける必要があります。

今回は、FX取引で爆益・爆損を引き起こす雇用統計について解説します。

雇用統計とは何の事を指しているのか、FX初心者でもわかりやすく解説するので必見です。

雇用統計について何も知らない人や、知っているけど取引に活用する方法がわからないという人は参考にしてください。

雇用統計の日程は?発表日程の詳細や為替変動にどう影響するのかくわしく解説

FXトレーダー達が騒ぎ始める雇用統計とは?

雇用統計とは雇用情勢を表す統計で、国の景気状況を把握するために重要な指標となります

雇用統計は各国にありますが、FX取引ではアメリカの雇用統計を重要視している人が多いです。

アメリカの雇用統計は、米ドルだけでなく他の為替や株式に影響を与えるのでFXトレーダー以外も注目している指標です。

景気状況を把握できる経済指標

雇用統計は国の景気状況を全体的に把握できるので、景気が良くなっているのか悪くなっているのか数値で把握することができます。

FXでは雇用統計=アメリカの雇用統計と指していることが多く、FXトレーダー達が「雇用統計が~」と発言している時は大方アメリカの雇用統計のことを指しています。

雇用統計が発表されると、発表内容によってはレートの乱高下が始まりドルストレートの通貨ペアは勿論、他の通貨ペア同士でもボラティリティが高くなります。

米国雇用統計の日程は毎月第1金曜日

原則、米国雇用統計の日程は月曜日の第1金曜日21:30~22:30(日本時間)の間に発表されます

雇用統計は色々な種類がありますが、特に非農業部門雇用者数と失業率がレート変動と大きく関わっていく経済指標となります。

失業率は景気の良さが顕著にあらわれますし、非農業部門雇用者数も雇用人数が少ないと雇用に困っている人たちが多く景気がよくないことが素直に理解できます。

アメリカの雇用統計を紹介

アメリカの雇用統計は以下の通りです。

アメリカの雇用統計
  • 失業率
  • 非農業部門雇用者数
  • 建設業就業者数
  • 製造業就業者数
  • 小売業就業者数
  • 金融機関就業者数
  • 週労働時間
  • 平均時給・・・etc

雇用統計は種類が多数存在しますが、FXトレーダー達が見ているのは「失業率」・「非農業部門雇用者数」となります。

雇用統計の結果次第ではレートが±2円程一時的に動くこともあるので、スキャルピングトレーダーにとっては絶好のチャンスです。

失業率・非農業部門雇用者数の指標発表前後は注意が必要

失業率・非農業部門雇用者数の指標発表はスキャルピングトレーダーにとってチャンスと説明しましたが、ボラティリティが高い為失敗すると大損してしまうこともあります

雇用統計によって引き起こるレートの乱高下は一時的なものであり、ギャンブル性が強いと考える人もいるのでトレードを避けてリスク回避している人もいます。

FX取引での手法や資産運用方法によって考え方は異なりますが、FX初心者は失敗してしまう可能性が高いので様子見することをおすすめします。

アメリカの非農業部門雇用者の推移(2017年~2021年)

アメリカの非農業部門雇用者の推移を紹介します。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
21年 4.9 37.9
20年 22.5 27.3 -70.1 -2050 250.9 480 176.3 137.1 66.1
19年 30.4 19.6 26.3 7.5 22.4 16.4 13 13.6 12.8
18年 20 31.3 10.3 16.4 22.3 21.3 15.7 20.1 13.4
17年 22.7 23.5 9.8 21.1 13.8 22.2 20.9 15.6 -3.3

引用元:Yahooファイナンス!

2017年から2021年の推移をみてみると、新型コロナウイルス感染拡大によって雇用者数が2020年に激減していることがわかります

2020年は新興国通貨が一斉に売却されており、信頼性の強い米ドルでさえ一時期102円台まで低迷しました。

円通貨が強い状態が続いた2020年の背景には、非農業部門雇用者数などの雇用統計が関わっていることもあります。

2021年現在も数値は低迷していますが、マイナスになっていた時期と比べると安定しています。

アメリカの失業率の推移(2017年~2021年)

アメリカの失業率の推移は以下の通りです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
21年 2.9
20年 2.4 2.4 2.5 2.6 2.9 2.8 2.9 3 3
19年 2.5 2.3 2.5 2.4 2.4 2.3 2.2 2.2 2.4
18年 2.4 2.5 2.5 2.5 2.2 2.4 2.5 2.4 2.3
17年 3 2.8 2.8 2.8 3.1 2.8 2.8 2.8 2.8

引用元:Yahooファイナンス!

失業率は非農業部門雇用者数と同じで、2020年のコロナショックによって急増しています。

2020年5月がピークになっており、アメリカ経済がどれだけ混乱していたか数値を見ても理解することができます。

失業率が急増した時期は雇用者数も激減しており、アメリカの経済が今までに無いほど悪化していました

ただし2020年はアメリカだけでなく、世界各国の経済情勢が悪化していたので世界全体の経済がストップした年になりました。

現在は失業率が下がってきていますが、2017年~2019年頃と比べるとまだ抑えられていないことがわかります。

コロナの感染拡大はまだ続いているので、アメリカが開発したワクチンで感染拡大に終焉を迎えられるかが鍵になります。

雇用統計を利用して利益を得る方法

FXでの決済注文とは

雇用統計とはどのようなものなのか説明していきましたが、「雇用統計でどうやって儲けるの?」と疑問に思っている初心者もいますよね。

雇用統計はアメリカの経済状況を把握できる数値なので、注目度が高く雇用統計によって売買判断しているトレーダーが多いです

よって雇用統計によってレートの乱高下が始まり、数十分で約2円動くということもありうる状況になります。

更に雇用統計には事前予想というものがあり、各FX会社の経済指標カレンダーで確認することがかのうです。

雇用統計の事前予想に比べて発表された数値が予想外の方向になるとレート変動幅はより大きくなります。

レートの変動幅が大きくなると、予想通りのエントリーをしている人は爆益を狙えるので、上手く活用していけるようにしましょう。

FX会社の雇用統計予想から戦略を立てる

FX会社は雇用統計発表前に事前予想を開示しています。

FXトレーダー達は事前予想を見てトレード戦略を立てます。

FX会社によっては前回の雇用統計とチャートの動きを表示してくれる所もあるので、前回の動きを活用して売買判断することもおすすめです。

事前予想は、予想通りになることもありますが外れることもあります

事前予想が外れると、レート変動も大きく乱高下がより激しくなっていくので、損失トレード担っている場合は早めの撤退を考えましょう。

トレーダー達の売買比率を確認する

各FX会社によって提供している情報は異なりますが、トレーダーの売買比率を見るグラフがあります。

トレーダーの売買比率と事前の予想を照らし合わせて売買エントリーを確立できます。

売買比率てきに片方のポジションが多くても、予想通りに行くとは限らないので実際のチャート画面でテクニカル分析を踏まえて判断するとより正確になります

twitterでトレーダー達の考え方や重要人のツイートを見る

TwitterではFXトレーダー達が雇用統計によってどのようなエントリーを考えているかコメントしている人たちが居ます

あくまでの1トレーダーの思考なので、盲信するのは厳禁ですが1意見として捉えましょう。

またトレーダーだけでなく、雇用統計に深く関わりのある重要人物が発言していることもあるのでこまめにチェックしてみましょう。

トランプ大統領時代は、雇用統計前にtwitterで意味深な発言をしておりレートが乱高下した事例があります。

両建てトレードする

両建てトレードはレートが上に行っても下に行っても利益を取る方法です。

しかし雇用統計に合わせた両建てトレードはリスクが高く、両方損失を出してしまうこともあります

日頃から両建てトレード利益を得られるスキルを持っている人にはおすすめできますが、FX初心者にはおすすめできません。

雇用統計発表時にFX取引する時の注意点

FXでのエントリーポイントとは

雇用統計発表時はレートが大きく動くことによって爆益を狙うことができます。

しかし爆益を狙えるということは比例して爆損する可能性もあがるということです。

損失リスクを徹底してエントリーしないと、取り返しのつかないことになるので注意が必要です。

スプレッドの拡大に注意

雇用統計発表時は多くのトレーダー達が参入するので、レートの乱高下が発生しスプレッドが拡大します。

原則固定スプレッドのFX会社でも、固定スプレッドより高くなることがあるのであまりにもスプレッドが拡大してしまっている場合はエントリーを控えましょう

スプレッドはレートの値動きが落ち着き次第元に戻る傾向にあります。

注文が約定されないこともある

雇用統計が発表されるとレートが不安定な状況になるので、約定力のあるFX会社でも約定できない場合があります。

特に元から約定力のないFX会社は、約定出来ずにロスカットに陥る可能性もあるので注意しましょう。

雇用統計発表前にエントリーを考えるか、約定力の高さに自信を持っているFX会社の口座で取引することをおすすめします

【2020年最新】約定力の高いFX会社比較ランキング!スリッページが発生しない・滑らない業者を厳選

大きく上昇・降下する可能性がある

雇用統計ではレートが大きく上昇・降下する可能性があります。

レートが大きく動くことは、利益をより多く狙うことができますが間違った方向へエントリーすると損失が大きくなります

大きな利益幅で大金を狙うことは取引戦略の1つですが、ある程度経験とスキルが無いと勝つことが難しいので、初心者は注意しましょう。

FXでの雇用統計の日程は第1金曜日なので発表前に戦略を立てておこう

FXの雇用統計はアメリカの雇用統計の事を指し、毎月第1金曜日に発表されることがわかりました。

コロナショック時の雇用統計をみると、経済悪化を数値で判断できるということがわかるのでレートへの影響もある程度予想できます

大きく利益をねらうチャンスになりますが、損失リスクもあるので特にFX初心者は注意しながらエントリーしましょう。

関連記事