カテゴリー
DMM FX

DMMFXのレバレッジは変更可能?設定方法や低レバレッジで取引する方法を解説

FX取引は、レバレッジをいかに活用するかがカギとなります。

FX会社によってレバレッジの調整・設定の方法は少しずつ違います。この違いを知っておくことが、リスクを減らして利益を増やすことにつながります。

DMM FXは日本でトップクラスに利用者の多いFX会社ですが、レバレッジが他社と若干異なるという声も多く、十分注意が必要です。

今回は、DMM FXのレバレッジについて、詳しく解説していきます。

DMM FXの口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

DMM FXの公式サイトはこちら

DMMFXのレバレッジの仕組み

DMM FXのレバレッジの仕組み

FXのレバレッジは、下記の式で計算することができます。

実効レバレッジ=取引金額÷純資産=(為替レート×取引量)÷(資金±含み損)

まず、最低限の必要証拠金は常に取引金額の1/25に設定されます。

1ドル100円時に取引する場合、DMM FXは1万通貨単位からなので最低100万円が必要となります。

この1/25なので、4万円の資金が最低でも必要になるということです。

ただ4万円だとDMM FXの最低通貨単位を満たしていないので、100万円に達するようにレバレッジがかかるのです。

つまり、100万円÷4万円=25倍ということです。

もし必要証拠金が10万円なら10倍、20万円なら5倍、100万円ならレバレッジ無しということになります。

もちろん1ドル100円というのはあくまで例で、レートの変動によってレバレッジの倍率も変わってきます。

FXのレバレッジとは?計算方法と倍率のかけ方・最大値やリスクを徹底解説

DMMFXのレバレッジは変更不可能

DMM FXのレバレッジは25倍で固定されています。

25倍は法律で決められたレバレッジの上限額です。レバレッジをかけることで、元手よりも大きな金額で取引をすることができます。

DMM FXのレバレッジは1lot=100,00通貨単位なので、ドル円取引の場合は10,000ドル=100万円の元手が必要になります。
※1ドル=100円時

DMM FXの場合は25倍のレバレッジがかかっているので、4万円から取引が可能ということになります。

レート変動によってレバレッジ25倍なる可能性がある

DMM FXのレバレッジが25倍で固定されているということは、損失も25倍になるということを指します。

【証拠金10,000円で1ドルあたり1円の値下げが起きた場合】
レバレッジ5倍 →500ドル×100円-500ドル×99円=500円損失
レバレッジ25倍 →2500ドル×100円-2500ドル×99円=2500円損失

元手を増やすことで、相場変動のリスクをより強く受けるようになってしまいます。

高いレバレッジであるほど損失が大きくなり、ロスカットされやすくなるのも大きなデメリットです。

利益を出すためにレバレッジをかけるのは絶対必要ですが、いきなり25倍をかけるのはおすすめでいません。

少額運用はロスカットリスクを高める

FXをやる上で最も避けたいことの一つがロスカット(強制決済)です。

為替レートは変動しているので、利益が出る時もあれば損する時もあります。

ただしロスカットを受けると強制的に損失が確定し、もう取引を続けられなくなってしまいます。

ロスカットは証拠金維持率が基盤になりますが、証拠金維持率は以下の計算式で算出できます。

・証拠金維持率=時価評価総額÷必要証拠金×100

DMM FXで1lot(10,000取引通貨)の取引する場合、必要証拠金は4万円になります。

一方、時価評価総額とは口座に入れているお金を指します。

円安が進んでいったりすると時価評価総額の含み損はレバレッジと相まってどんどん膨らんでいきます。

DMM FXの場合は上記の割合が50%以下になった時にロスカットが執行されます。

DMMFXのレバレッジを低く調整する方法

DMM FXのレバレッジは原則25倍で固定されています。それでも初心者が多く利用しているのは、実質のレバレッジを低く抑えることができるためです。

レバレッジを動かすことはできませんが、口座にお金を多く入れることで、実質レバレッジを調整できるのです。

自己資金 実質レバレッジ
100万円 1倍
50万円 2倍
25万円 4倍
10万円 10倍
4万円 25倍

多めに資金を持っておくことで、DMM FXの取引にかかるリスクを減らすことができます。

逆に言えば、少ない資金から一攫千金を狙う方にDMM FXは不向きだと言えます。

FXの証拠金とは?証拠金維持率と計算方法・目安の金額について解説

DMMFXの証拠金維持率100%以下だと実効レバレッジ25倍超

レバレッジを利用するには、証拠金維持率について理解する必要があります。

証拠金維持率とは、必要証拠金の何倍の純資産があるかを表した割合のことです。

証拠金維持率が100%を切った場合、DMM FXでは追加証拠金の対象になります。

つまり、追加証拠金は常に100%超を維持する必要があり、下回った場合は追加の資金を用意しなければいけないのです。

証拠金維持率が50%を下回るとロスカットの対象になる

証拠金維持率が50%を下回ると、DMM FXではロスカットの対象になります。

ロスカットされることのないよう、100%を下回った際は早めに証拠金の追加をおこない、ロスカットラインから余裕をもって取引をすることができます

ただ、証拠金維持率が100%を超えていても、急な相場の下落で一気に50%を下回る可能性もあるので注意が必要です。

資金と取引量のバランスで安全なレバレッジを維持する

レバレッジは取引金額と資金のバランスによって決まります。

資金が少ないのに取引金額が多ければレバレッジは高倍率になり、資金が多いのに取引金額が少なければ低倍率となります。

理想は高額資金を用意して低レバレッジで取引するのが安心ですが、利益を得るという点では物足りない部分もあります。

また、トレーダーとして成長していけば取引の金額も上がってくるので、それと比例して資金も追加で準備し、安定したレバレッジの倍率を維持する必要があります。

資金 200万円 100万円 20万円
為替レート 1米ドル=100円
取引量 10万通貨 5万通貨 1万通貨
取引金額 1,000万円 500万円 100万円
実効レバレッジ 5倍

DMMFXはレバレッジ3~5倍運用がおすすめ

DMM FXは1万通貨単位から取引可能ですが、この際のクロス円ペアの必要証拠金は以下の通りです。

通貨ペア 必要証拠金 ロスカット(必要証拠金の50%)
USD/JPY 44,580円 20,705円
EUR/JPY 50,020円 23,480円
GBP/JPY 58,160円 27,633円
AUD/JPY 31,458円 14,010円
NZD/JPY 29,609円 13,067円

ドル/円で取引をする場合は最低でも約4万5,000円の資金が必要ということになりますが、この金額を準備してもレバレッジが最大25倍かかってしまうので危険です。

利益を出すことができ、かつ安全にとどめておくにはレバレッジ5倍程度がおすすめです。

ドル円の為替レートが111円の場合、実効レバレッジを5倍にするには約22万円の資金が必要。

その他のクロス円ペアも15~30万円の資金が必要です。

  • ユーロ/円:約25万円
  • ポンド/円:約25万円
  • 豪ドル/円:約16万円
  • NZドル/円:約15万円

DMM FXのような1万通貨から取引可能なFX会社で安定取引をするには、意外と結構な金額が必要というのが分かるかと思います。

DMMFXでレバレッジ25倍かける時の必要証拠金一覧

通貨ペア 必要証拠金 ロスカット(必要証拠金の50%)
USD/JPY 44,580円 20,705円
EUR/JPY 50,020円 23,480円
GBP/JPY 58,160円 27,633円
AUD/JPY 31,458円 14,010円
NZD/JPY 29,609円 13,067円
CAD/JPY 33,210円 14,904円
CHF/JPY 43,850円 20,333円
EUR/USD 50,010円 23,475円
GBP/USD 58,248円 27,678円
AUD/USD 31,353円 13,956円
NZD/USD 29,609円 13,067円
EUR/GBP 50,023円 23,482円
USD/CHF 44,655円 20,743円
USD/CAD 44,651円 20,741円
EUR/AUD 50,020円 23,480円
EUR/NZD 50,025円 23,483円
EUR/CHF 50,031円 23,486円
GBP/AUD 58,272円 27,691円
GBP/CHF 58,286円 27,698円

※レートは2019年5月のもの

最低1万通貨取引というDMM FXの条件に合わせると、上記の金額が取引の際に最低限必要ということになります。

ただ、この金額を用意してもレバレッジが25倍かかっている状態なのでリスクは大きいです。

レバレッジを5倍に抑えようと思ったら、以下の資金が必要です。

通貨ペア レバレッジ5倍時の資金
USD/JPY 222,900‬円
EUR/JPY 250,100‬円
GBP/JPY 290,800円
AUD/JPY 157,290‬円
NZD/JPY 148,045‬円
CAD/JPY ‭166,050‬円
CHF/JPY ‭219,250‬円
EUR/USD ‭250,050‬円
GBP/USD ‭291,240‬円
AUD/USD ‭156,765‬円
NZD/USD ‭148,045‬円
EUR/GBP ‭250,115‬円
USD/CHF ‭223,275‬円
USD/CAD ‭223,255‬円
EUR/AUD ‭250,100‬円
EUR/NZD ‭250,125‬円
EUR/CHF ‭250,155‬円
GBP/AUD ‭291,360‬円
GBP/CHF ‭291,430‬円

DMMFXでレバレッジをかけるリスク

DMM FXでのFXトレードで、レバレッジをかけると効率よく資金運用できます。

しかしレバレッジは損失リスクも比例して高まる為、リスク・リターンのバランスを考慮する必要があります。

これからDMM FXでレバレッジトレードするリスクについて紹介するので、レバレッジトレードすることによってどのような資産損失リスクがあるか理解しましょう。

利益に比例してリスクも高まる

FX取引は取引数量を増やしてレバレッジを増やせば利益も大きくなりますが、損失する金額も増えていきます。

レバレッジは手持ち資金より大きい金額で取引している為、含み損が発生した際に手持ち資金より損失が大きいケースもあり得ます。

例えば1万円資金で10万円分トレードしているとします。

10万円トレードで5千円の損失がでたとして、本来10万円の投資であれば資金は95,000円になります。

しかし手持ち資金が1万円なので、損失5,000円すると資金は5,000円まで減ってしまいます。

上記の例のように、レバレッジをかけるということは損失する金額も大きくなるということを理解しましょう。

長期運用でのロスカットリスクが高くなる

ロスカットはレバレッジが25倍以上かかってしまう状態で執行されます。

DMM FXはロスカット執行に猶予があり、証拠金維持率100%以下の状態でマージンコールが発生します。

長期運用でレバレッジをかけると、ロスカットリスクが高まり追証が発生してしまう可能性があります。

ロスカットを執行されない為にも、余裕を持った証拠金で低レバレッジを維持して運用することをおすすめします。

DMMFXのレバレッジの注意点

DMM FXのレバレッジに関する注意点がいくつかあります。

DMM FXはレバレッジを固定してトレードできないので、レバレッジを取引数量・証拠金でコントロールする必要があります。

すでにポジション保有している状態でレバレッジをコントロールしたい場合は、証拠金を増やすか決済して取引数量をへらす方法しかありません。

上記の様に、DMM FXのレバレッジコントロールは方法が限られている為、注意して運用する必要があります。

ハイレバ取引したくない人は取引数量を抑える

損失が怖くてローリスク取引したいという人は、レバレッジを抑えましょう。

DMM FXでレバレッジを抑える方法として、取引数量を抑えてトレードする方法があります。

取引数量をへらすことによって必要最低証拠金を抑えられるので、証拠金維持率も高く維持できます。

しかし取引数量をへらすと取得できる利益も減ってしまうので、利益効率を考慮しながらコントロールしましょう。

FXのハイレバは稼げる?初心者が勝てない理由や儲かるハイレバ手法を解説

DMMFXのレバレッジは取引数量・証拠金でコントロールしよう

DMM FXのレバレッジは変更することが不可能です。

よって取引数量や証拠金の増加でレバレッジをコントロールしなければなりません。

取引数量や証拠金のコントロールは投資家の采配によって決まります。

リスク管理を怠ると、レート変動でハイレバレッジ取引状態になり、最悪の場合ロスカットになります。

資産を損失しない為にも、低レバレッジを心がけて運用してみましょう。

関連記事