カテゴリー
DMM FX

DMMFX PLUSの使い方を紹介!機能の特徴やメリット・デメリットも解説

「FXをはじめよう!」と思い立ってはじめても「取引ツールの使い方が良く分からない」「高性能だけどシンプルにまとまったツールがほしい」と悩んでいる人が人が多いです。

高性能な機能を搭載している取引ツールは、操作性が難しく、使いづらい印象を持っているトレーダーもいますよね。

今回は上記の悩みを一発で解決してくれるDMMFX PLUSを紹介します。

DMMFX PLUSはDMM FXが独自開発した取引ツールで、シンプルにまとまっているにも関わらず、高性能な機能を搭載しています。

初心者でも使いやすい取引ツールなので、おすすめです。

取引ツール選びに悩んでいる人や、DMM FXで取引を始めようかなやんでいる人は参考にしてください。

DMM FXの評判・口コミはどう?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

DMMFX PLUSの特徴

DMMFX PLUSの特徴を紹介します。

高性能な機能や操作感について詳しく説明するので、DMMFX PLUSに興味がある人は必見です。

インストール不要

DMMFX PLUS

DMMFX PLUSはWebブラウザ版の取引ツールなので、インストールする必要がありません。

Google Chromeやsafariからアクセスするだけで利用できるので、インストールする手間を省けます。

数年前までは、インストール版の取引ツールの方が高性能と言われていましたが、DMMFX PLUSはインストール版に劣らない高性能な取引ツールです。

面倒なダウンロード不要で高性能な取引ツールを気軽に使えるので、手軽にチャートを確認したい人にもおすすめです。

ストリーミング注文を搭載

DMMFX PLUSはストリーミング注文を搭載して居る為、スピーディーに注文することができます。

ワンクリックで発注・決済することができるので、デイトレーダーに適している環境です。

また自動損切機能を搭載しちえる為、損失リスクを自動でコントロールしてもらうことも可能です。

更にIFD注文・OCO注文・IFO注文も直感的操作で発注できるので、取引チャンスを逃さず取引したいタイミングでエントリーできます。

チャートを見ながら注文できる

DMMFX PLUSはレイアウトを自由に変えることができる為、チャートを見ながらストリーミング注文で発注することが可能です。

DMMFX PLUSのチャート&ストリーミング注文画面

上記の画像のように、レイアウトを変えてチャート画面とストリーミング注文を同時に表示させることができます。

保有ポジションの管理もしやすく、テクニカル分析しながら取引を進めていけるので汎用性の高いツールです。

チャート連動・複製機能が充実している

DMMFX PLUSの1番の魅力は、チャート連動や複製機能が充実している所です。

DMMFX PLUSのチャートはワンクリックでチャートを複製することができます。

同一通貨ペア・同一テクニカル指標を設定することが可能で全く同じ状態のチャート画面を即時に複製できます。

チャート複製ボタン

またテクニカル指標を設定して、コピーしたものを他のチャート画面に反映することも可能です。

テクニカル指標のコピーはチャート画面右部にある「テクニカル指標コピー」のボタンをクリックします。

テクニカル指標反映

コピー先の通貨ペアを選択すると反映されます。

単純な機能に見えますが、以外に上記の様な機能が搭載されている取引ツールは少ないです。

様々な時間足で同じテクニカル指標を用いて分析する時もワンタッチで反映できるので非常に便利です。

通貨ペアの変動を比較する機能を搭載

DMMFX PLUSはチャート画面だけでなく、為替レートを比較するチャート機能も搭載されています。

通貨ペアの変動を比較する機能を搭載

比較できる通貨ペアは最大4種類で、創刊分析やデータ差分分析も搭載しているので、様々な視点からチャート変動を分析できます。

チャート変動を比較できるツールは、高性能な機能を搭載している取引ツールでも中々搭載していません。

通過強弱や相関関係を見ながらトレードできるので、テクニカル分析をより詳しく分析できます。

注文比率・売買比率を確認できる

注文比率・売買比率を確認できる

DMMFX PLUSは注文比率・人数比率を見ることができます

注文比率は約定前の指値・逆指値注文の比率を見ることが可能で、直感的に売買強弱を見て状況を判断できます。

人数比率は注文比率を人数で示しているデータで、DMM FXで取引しているトレーダーが売・買どちらにかたよっているのか判断できます。

上記の比率データは5分毎で自動更新されますが、手動で更新することもできます

自由にレイアウトできる

DMMFX PLUSはレイアウト機能を自由に操作可能で、更にそのレイアウトほ保存することができます。

レイアウト保存方法は下記の通りです。

レイアウト画面

保存したいレイアウト配置を完了した後に「レイアウト」をクリックして「レイアウト保存」を選択すると保存画面に移行します。

レレイアウト名と説明を記入して設定すると、レイアウトの中に保存したレイアウトが表示されるようになります。

配置を変更しても、オリジナルの取引画面に戻すことができるので、配置を動かす手間を省けます

DMMFX PLUSのチャート上で注文する方法

DMMFX PLUSではチャート上で注文する方法があります。

チャート上で感覚的に取引したいタイミングを見つけて注文設定できるので、チャート分析重視のトレーダーと相性のよい注文方法です。

  • 【STEP1】発注したいレート付近で右クリック
  • 【STEP2】注文レートを微調整
  • 【STEP3】注文実行を選択して注文完了

これからチャート上で注文する方法を解説していくので、興味のある人は参考にしてください。

【STEP1】発注したいレート付近で右クリック

発注したいレート帯で右クリックをして指値・逆指値を選択します。

右クリックで注文開始

注文レートを決めてクリックすると注文画面が別ウィンドウで開きます。

【STEP2】注文レートを微調整する

チャート画面が注文を設定すると別画面に注文画面が表示されます。

注文レート画面

設定画面では、注文レートの微調整や損切設定が可能です。

損切設定値は変更することが可能で、10pips以外に設定したい人は設定画面で別途損切値を設定しましょう。

【STEP3】注文実行を選択して注文完了

注文を確認して注文ボタンを押すと確認画面に移行します。

もう一度内容を確認して注文実行を選択すると注文完了します。

注文完了後にチャート画面を見ると、注文を設定したラインを資格的に確認することができます。

ライン確認

損切を設定している人は損切ラインも表示されます。

視覚的に損益確認できるので、短期取引する人と相性の良い注文方法です。

DMMFX PLUSのスペック

DMMFX PLUSのスペックを紹介します。

DMMFX PLUSはDMM FXが提供している取引ツールなので、DMM FXが提供しているサービス下で利用します。

取扱い通貨ペアなど取引に重要なスペックも紹介しているので必見です。

取扱い通貨ペア

DMM FXの取扱い通貨ペアは20種類です。

DMMFX PLUSの取扱い通貨ペア
米ドル/円 ポンド/米ドル
ユーロ/円 豪ドル/米ドル
ポンド/円 NZドル/米ドル
豪ドル/円
米ドル/スイスフラン
NZドル/円
米ドル/カナダドル
スイスフラン/円 ユーロ/ポンド
カナダドル/円 ユーロ/豪ドル
南アフリカランド/円 ユーロ/NZドル
ユーロ/米ドル
ユーロ/スイスフラン
ポンド/スイスフラン ポンド/豪ドル

クロス円通貨ペアやドルストレード通貨ペアが豊富に搭載されているので、色々な通貨ペアでDMMFX PLUSの機能を利用して取引できます。

チャートタイプ

DMMFX PLUSのチャートタイプは全部で3種類あります。

  • ローソク足
  • ラインチャート
  • 平均足

DMMFX PLUSは平均足が搭載されているので、ローソク足を主体にしたテクニカル分析も可能です。

テクニカル指標

テクニカル指標は全部で14種類搭載されています。

DMMFX PLUSのテクニカル指標
トレンド系 オシレーター系
SMA(単純移動平均線)
MACD
EMA(指数平滑移動平均線)
RSI
WMA(加重移動平均線)
RCI
一目均衡表
ストキャスティクス
ボリンジャーバンド
ピボットポイント
エンベロープ
パラボリックSAR
スパンモデル
スーパーボリンジャー

人気のテクニカル指標は勿論、オシレーター系のテクニカル指標も搭載されているので、充実した分析が可能です。

しかし、マイナーなテクニカル指標は搭載されていないのでこだわりのある独自手法を試したいという人にはおすすめできません

DMMFX PLUSのメリット

DMMFX PLUSは魅力的なメリットが豊富です。

また初心者にもプラスになるメリットが多いので、おすすめです。

これからメリットを紹介するので、ご自身の取引スタイルと合致するか確認しましょう。

デイトレード向きの機能が豊富

DMMFX PLUSはデイトレード向きの機能が豊富に備わっています。

チャート画面でテクニカル分析をした後に、スムーズに取引できるので、トレードタイミングをしっかり合わせたい人におすすめです。

またチャート上でどこで約定しているか視覚的に見ることができるので、他の取引の戦略を立てやすいです。

デイトレードに最適な環境を備えているので、デイトレードで稼ぎたいという人はDMMFX PLUSの利用を検討してみてください。

様々な取引手法に対応できる

DMMFX PLUSはチャート複製・連動機能が豊富にあるので、様々な取引手法に対応できます。

例えばMTF手法はチャート画面を一気に表示させて、時間足毎の変動見て分析する必要があります。

DMMFX PLUSは一発ですべてのチャートにテクニカル指標を搭載できるので、いちいち1画面ずつ設定する必要がありません。

上記のように、チャートの複製・連動機能があるおかげで操作に手間取ることが無いのでストレスフリーで取引に挑めます。

DMMFX PLUSのデメリット

メリット豊富なDMMFX PLUSですが、デメリットも存在します。

トレードスタイルによってはDMMFX PLUSで取引に不向きなケースもあるので注意しましょう。

取扱い通貨ペアが少ない

DMMFX PLUSを搭載しているDMM FXの取扱い通貨ペアが少ない為、ツールで分析できる通貨ペアが限られています

マイナー通貨ペアをメインに取引していきたいという人に不向きなツールなので、おすすめできません。

また高金利通貨ペアの搭載が少ないので、スワップポイントをメインに運用していきたい人は別のツールをおすすめします。

スキャルピングが禁止されている

DMM FXはスキャルピング禁止を公言している為、スキャルピングトレードができません。

DMMFX PLUSのツール内容を見るとスキャルピング向きに見えますが、禁止されているので注意しましょう。

スキャルピングを考えている人はスキャルピング禁止を公言していないFX会社をおすすめします。

FXのスキャルピングとは?手法の特徴・勝つコツやおすすめFX会社を解説

DMMFX PLUSの動作環境

DMMFX PLUSの動作環境は下記の通りです。

ブラウザ OS
Windows 8.1 Windows 10 macOS 10.14
macOS 10.15
Microsoft Edge最新版 × ×
Internet Explorer11 ×
Google Chrome最新版
Firefox最新版
Safari最新版 × ×

ブラウザが最新版であってもOSの問題で作動しない可能性もあるので注意しましょう。

解像度 1024×768以上
メモリー 2GB以上
CPU Intel Core 2 Duo 2.93GHz以上
通信回線 ADSLや光ファイバーなどのブロードバンド通信環境

パソコンのスペックの問題や通信回線の問題でチャート反映が遅れる可能性もあるので、心配な人は事前に確認しておきましょう。

DMM FXの「DMMFX PLUS」はデイトレ向きの取引ツール

DMM FXが提供しているDMMFX PLUSはデイトレ向きの取引ツールです。

操作性がシンプルで、初心者でも使いやすく直感的に取引することができます。

チャート上でエントリーライン・損切ラインを把握することが出来る機能は、初心者にとって非常に有効的に利用できるのでおすすめです。

DMM FXの口座を開設しようか悩んでいる人は、DMMFX PLUSの高性能は機能をチェックして口座開設を検討してみてください。

DMM FXのデモ取引完全ガイド!やり方から動かなかった時の対処法まで徹底解説

 

関連記事