カテゴリー
仮想通貨

仮想通貨のおすすめ取引所10選!取扱い通貨・手数料と取引所選びのポイントを紹介

近年仮想通が注目を集め、仮想通貨に投資をしようと考える人が多くなっています。

有名なビットコインを筆頭に現在までに仮想通貨は5000種類以上あります。

そんな仮想通貨ですが、投資を始めるためには取引所の口座を開設しなければなりません。

取引所によって、取り扱っている仮想通貨・手数料がことなります。

この仮想通貨に投資したいと思っても、取引所が扱っていなければ投資をすることができません。

また、取引所は複数存在しているためどの取引所がどの通貨を扱っているかがすぐにわかりません。

そこで今回この記事では、おすすめの仮想通貨取引所ごとに取扱っている仮想通貨や手数料について紹介します。

取引所の選び方についても解説しているので、最後まで読んでください。

仮想通貨FXとは?メリット・デメリットとやり方とおすすめ取引所を紹介

おすすめの仮想通貨取引所11選

数ある仮想通貨取引所の中でも、おすすめな取引所を紹介します。

取引所によって、取扱っている仮想通貨や手数料が異なります。

おすすめの仮想通貨取引所を11種類紹介します。

FX・株・仮想通貨…一番儲かるのはどれ?それぞれの特徴と初心者に最適な投資方法を紹介

Coinbase(コインベース)

取扱い通貨 5種類
最低単元 0.001BTC
販売所手数料 1.99%
取引所手数料 1.99%
送金手数料 2%
入金手数料 無料
出金手数料 三菱UFJ銀行:110円(3万円未満)、330円(3万円以上)
レバレッジ取引
セキュリティ 2段階認証と

国内での取引通貨は5種類のみであるが、アメリカでの取り扱い通貨数は83種類ととても多いです。

今後、国内の取引所でも取り扱い通貨が増える可能性も非常に高いです。

世界最大規模の暗号資産取引所で、これまで不正ハッキングされたことがないためセキュリティは非常に高いです。

しかし、他の取引所では手数料無料を謳うことが多いですが、Coinbase(コインベース)は1.99%と非常に高い手数料となっています。

Coincheck(コインチェック)

取扱い通貨 17種類
最低単元 (BTC/JPY) : 0.005BTC以上かつ500円(相当額)以上
(FCT/JPY) : 500円(相当額)以上
(ETC/JPY) : 500円(相当額)以上
(MONA/JPY) : 500円(相当額)以上
(PLT/JPY):100PLT以上 かつ 500円(相当額)以上
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
送金手数料 変動手数料制
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円(3万円未満)、1018円(3万円以上30万円以下)
クイック入金:770円(3万円未満)、1018円(3万円以上50万円未満)、入金金額×0.011%+495円(50万円以上)
出金手数料 407円(1回当たり5,000万円まで)
レバレッジ取引 不可
セキュリティ 2段階認証コールドウォレット

Coincheck(コインチェック)は、初心者向けの取引所として人気で仮想通貨取引所の中でアプリダウンロード数NO.1です。

取引手数料がほぼかからなく、銀行振込なら入金手数料も無料です。

注文画面もわかりやすく簡単に操作ができるため、初めてでも仮想通貨取引を容易にすることができます。

セキュリティに関しても二段階認証だけでなく、コールドウコールドウォレットを採用しています。

コールドウォレットとは、インターネットに繋がっていないウォレットで仮想通貨を管理し、ハッキングをされないようにするセキュリティ方法です。

DMM Bitcoin

取扱い通貨 12種類
最低単元 (BTC/JPY) : 0.001BTC以上
(ETH/JPY) : 0.01ETH以上
(ETH/BTC): 0.01ETH以上
販売所手数料 無料※
取引所手数料
送金手数料 無料※
入金手数料 無料※
出金手数料 無料※
レバレッジ取引 2倍(手数料0.04%/建玉ごと)
セキュリティ 2段階認証コールドウォレット、生体認証

※BitMatch取引手数料を除く

DMM Bitcoinの一番の強みは、アルトコインをレバレッジ取引することができる点です。(現物取引では4ペアのみ)

レバレッジ取引2倍に設定されているので、100万円の仮想通貨を動かす際は、元でに50万あれば100万円分動かすことができます。

両建ての取引が可能で、BitMatch注文を利用すれば手数料はかかりますが仲値で売買することができます。

アルトコインをメインに仮想通貨取引をするならばDMM Bitcoinがおすすめです。

セキュリティも安全で、アプリを利用して取引をする場合は端末に保存されている生体認証を用いたパスワードの保存をすることが可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

取扱い通貨 13種類
最低単元 (BTC/JPY) : 0.00000001BTC以上
(ETC/JPY) : 0.00000001ETC以上
(MONA/JPY) : 0.00000001以上
(XRP/JPY):0.000001以上
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.2%
送金手数料 BTC:0.0004BTC
ETC:0.005ETC
MONA:無料
XRP:無料
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:
・住信SBIネット銀行:無料
・住信SBIネット銀行以外:330円
出金手数料 三井住友銀行:220円(3万円未満)、440円(3万円以上)
三井住友銀行以外:550円(3万円未満)、770円(3万円以上)
レバレッジ取引 2倍
セキュリティ JBA ガイドラインにおけるプラチナメンバー

販売所だけでなく、個人投資家を相手にも売買取引ができます。

取引所取引を利用した個人投資家との売買では販売所よりも手数料を安くすることが可能です。

仮想通貨取引に慣れてきて、さらにもう一つ上の段階に進みたい人におすすめな取引所です。

レバレッジ取引も可能で、初期予算が少なくても取引をすることができます。

また、セキュリティ面も非常に優秀で、JB(日本ブロックチェーン協会)が定めるプラチナメンバーにも選ばれています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミはやばい?特徴やメリット・デメリットを解説

GMOコイン

取扱い通貨 14種類
最低単元 (BTC/JPY) :0.00000001BTC以上
(ETH/JPY):0.001ETH以上
(BCH/JPY):0.002BCH以上
(LTC/JPY):0.01LTC以上
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 2倍
セキュリティ マルチシグとコールドウォレット

親会社は、GMOインターネットです。

そのためインターネット金融システムに高度なセキュリティを誇っています。

コールドウォレットだけでなくマルチシング対応をしています。

マルチシングは複数の電子署名を必要するセキュリティ技術の一つです。

暗号資産は、不正ハッカーが度々アクセスし暗号資産を盗み出す事件が頻発しています。

自分の資産を守るためには、セキュリティの高い取引所を選ばなければなりません。

セキュリティを重視したいならGMOコインがおすすめです。

SBI VCトレード

取扱い通貨 5種類
最低単元 (BTC/JPY) :0.0001BTC以上
(ETH/JPY):0.0001ETH以上
(BCH/JPY):0.0001BCH以上
(LTC/JPY):0.0001LTC以上
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 住信SBIネット銀行 : 50円
住信SBIネット銀行以外 : 160円(3万円未満)
住信SBIネット銀行以外 : 250円(3万円以上)
レバレッジ取引 不可
セキュリティ マルチシグネチャとコールドウォレット

仮想通貨の中でも知名度の高いメジャーな通貨のみ取り扱いをしています。

出金手数料なども安く、取引にかかる手数料を抑えたい人におすすめです。

しかし、他の取引所と違い、SBI VCトレードの取引時間は午前7時~翌午前6時までなので毎日1時間取引をすることができない時間があります。

24時間取引ができないのはデメリットですが、取引を全て一時的に停止し、メンテナンスを行っているのでセキュリティは堅牢です。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

取扱い通貨 5種類
最低単元 (BTC/JPY) :0.0001BTC以上
(ETH/JPY):0.002ETH以上
(BCH/JPY):0.001BCH以上
(XRP/JPY):1XRP以上
(QASH/JPY):1QASH以上
販売所手数料
取引所手数料 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 2倍
セキュリティ 2段階認証とDDoS対策

Liquid by Quoineは金融庁から仮想通貨交換事業者の第一号登録を受けている、国内最初の仮想通貨取引所です。

アジア最大の取引所であり、ME(マッチング・エンジン)・SOR(スマート・オーダー・ルーティング)・CCCE(クロスカレンシー菅さんエンジン)を利用しているネットワークのため、流動性がとても高くなっています。

そのため中々取引が出来ない通貨ペアでもLiquid by Quoineなら取引が成立しやすいです。

また、QASH(キャッシュ)という仮想通貨があります。

Liquid by Quoineのネイティブトークンで、ここでしか取引をすることができないです。

bitbank(ビットバンク)

取扱い通貨 9種類
最低単元 (BTC/JPY) : 0.0001BTC以上
(LTC/JPY) : 0.0001LTC以上
(ETH/JPY):0.0001ETH以上
(MONA/JPY) : 0.0001以上
(XRP/JPY):0.0001XRP以上
販売所手数料 無料
取引所手数料 メイカー: -0.02%
テイカー: 0.12%
送金手数料 通貨ごとに異なる(BTC:0.0006BTC)
入金手数料 無料
出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
レバレッジ取引 2倍
セキュリティ マルチシグネチャとコールドウォレット

ビットバンクは国内での仮想通貨取引量が№1です。

近年注目を集めている仮想通貨の火付け役者であるビットコイン取引のリーディングカンパニーです。

誰でも使いやすく、高機能なトレーディングツールを兼ね備えています。

リアルタイムで日本円入金が可能で土日を含めた24時間リアル取引をすることもできます。

2018年10月行われた「ICORating」では国内セキュリティ№1の評価を受けており、セキュリティも万全です。

ビットポイント

取扱い通貨 7通貨
最低単元 (BTC/JPY):0.00000001BTC
(BCH/JPY):0.00000001BCH
(ETH/JPY):0.00000001ETH
(LTC/JPY):0.00000001LTC
(XRP/JPY):0.000001XRP
(BAT/JPY):0.00000001BAT
(TRX/JPY):0.000001TRX
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 2倍
セキュリティ 2段階認証とホットウォレット

独自の管理システムを利用したホットウォレットで暗号資産を管理している。

セキュリティ能力が高くISRatingで“A”の評価を受けており、安心して取引を行うことができます。

ただしビットポイントは他の取引所と比較して流動性が低いため、指値注文では取引が成立しにくい点に注意が必要です。

TAOTO(タオタオ)

 

取扱い通貨 5種類
最低単元 (BTC/JPY):0.001BTC
(ETH/JPY):0.01ETH
販売所手数料 無料
取引所手数料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 -0.015%~+0.007%
セキュリティ コールドウォレットとマルチシグ

レバレッジ取引が可能な通貨が豊富です。

二段階認証などセキュリティ対策をした上での、不正ログインによる損失を最大100万円まで補償してくれます。

手数料もほとんどかからず、定期的に行われているキャンペーン期間中はレバレッジ取引も無料になります。

ただし、取引所取引に対応をしておらず取引手段が1つしかない点には注意が必要です。

仮想通貨取引所の見るべきポイント

ここまでおすすめの取引所10戦選を紹介してきましたが、初めて取引所を解説する人は、どこを見ればいいかわからないという人も多くいます。

そこで、取引所を解説する時はどこを見ればいいのかを解説します。

大切な資産を投資として運用するのですから、損をしないように取引所選びからしっかりとしましょう。

取引手数料が安いか

初心者の方は、低コストで取引できる取引所を選ぶようにしましょう。

仮想通貨は、初めてすぐに大きな利益をあげることは難しいです。

そのためコストをおさえて利益を確保する必要があります。

仮想通貨取引所は、取引手数料・入出金手数料・振込手数料・管理費用と様々な手数料を課せられる恐れがあります。

自分がどの銀行を使っているか、どの取引方法をとるかで抑えるべき手数料の種類が変わります。

できるだけ手数料をかけないで、手数料にかかる分を仮想通貨に使うことで利益を大きくすることができます。

FXの費用はすべて無料?実際にかかる手数料・取引コストをケース別に紹介

取扱い仮想通貨の種類が多いか

取引所によって扱っている仮想通貨の種類が異なります。

少ない取引所では5種類、多い取引所では数十種類と大きな違いがあります。

市場の動向をみて、別の仮想通貨での取引に参入したくても取扱いが行われていないでは選ぶことすらできません。

そのため、市場の将来性をみてどの通貨にでも投資できる環境を整えることでスタートダッシュをきって投資をすることが可能です。

最低取引単位が少ないか

取引所によって最低取引単価が異なります。

例えばBTCならば、最低取引単価が0.001~0.0001と差があります。

BTCの価格を500万円とすると、0.001の場合は5000円、0.0001の場合は500円から取引をすることができます。

資金力に余裕がある場合は、そこまでこだわる必要はありませんが、最低取引単位が小さければ小さいほど資金の分散を細かくすることができます。

【2021年最新】ビットコイン(BTC)の今後の見通しはどうなる?仮想通貨が暴落する理由や2025年に上昇するのか予想

セキュリティは万全か

ハッカーによる仮想通貨の不正流出が度々ニュースにあがっています。

そのため仮想通貨取引所のセキュリティは口座選びと深い関りがあります。

自分の大切な資産を不正に奪われないようにするためにも、セキュリティ対策がしっかりと行われている取引所を利用するようにしましょう。

仮想通貨は今後もしばらく注目を集めつづけるのでハッキングやサイバー攻撃への対策は今後も続く課題です。

自分にあった仮想通貨取引所を利用しよう

あなたにピッタリの仮想通貨は見つかったでしょうか。

仮想通貨の取引所はその取引所ごとに扱っている仮想通貨の種類や手数料がことなります。

仮想通貨取引所の特徴をしっかりと把握した上で、口座を開設することで、仮想通貨取引をスムーズに行うことができます。

関連記事