カテゴリー
仮想通貨

ビットコインFXのやり方とは?取引方法・儲け方を初心者向けに徹底解説

近年、ビットコインなどの仮想通貨により多額の利益を出している方が増えています。

高額の利益が望めるビットコインFXですが、1億を超える利益を出している「億トレーダー」なんて言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

ビットコインFXは実際に少額の取引から簡単に始められ、外国為替取引や株式取引と比較しても市場が成長段階であるため初心者でも参入しやすいジャンルです。

このページではビットコインFXの取引の始め方について徹底的に解説していきますので、基礎知識を身につけてビットコインFXを始めてみましょう。

【2021年】ビットコインで爆死した人の失敗談!ビットコインはバブル崩壊・暴落でもう終わり?

ビットコインFXとは?

ビットコインを考えている人

ビットコインとは仮想通貨の一種です。

私たちが日常で使用している「円」や「ドル」など国家が定めた正式な通貨とは異なり、インターネット上のみに存在している仮想の通貨です。

ビットコインは他の仮想通貨や現金と換金することで入手でき、買い物やサービスの支払いなどインターネット上では現金と同様に使用でき、また、実際の現金と同様に市場の動向によって価値が変わるため、外国為替取引や株式取引と同じく資産運用にも活用されており、その資産運用の手法の一つとしてビットコインFXがあります。

ビットコインFXについては、以下の3つの項目に分けて詳しく解説していきます。

  • ビットコインFXは差金決済取引
  • ビットコインFXと現物取引の違い
  • ビットコインFXとFXの違い

ビットコインFXは差金決済取引

ビットコインFXとは買値と売値の差額だけ決済される差金決済取引です。

例えばビットコインを現物取引する場合、ビットコインを購入した時点で受け取りことができ、反対に売った時に日本円が受け取れます。

しかし、差金決済取引では買値と売値の差額のみ決済する制度なので実際に手元にビットコインがあることはありません。

例えば10万円でビットコインのポジションを購入し11万円で決済した場合は、1万円の利益が生じて合計11万円の日本円が手元に残ります。

上記のように取引の中ではビットコインのポジションを保有しているだけで、実際にビットコインを購入せずに行う取引を差金決済取引といいます。

ビットコインFXと現物取引の違い

現物取引では一度ビットコインを購入し、再度売った際に利益が生じるといった取引手法であるためビットコインが手元にない状態では売ることができません。

しかし、ビットコインFXでは、ビットコインを実際に購入するのではなくポジションを購入し取引する差金決済取引であるため「売り」から取引が始められます。

例えば、価格が高い時点でポジションを売って相場が下がったタイミングでポジションを買うことで売値と買値の差額から利益を生むことができます。

ビットコインFXは上記のように下落相場でも取引できる点が特徴です。

また、ビットコインFXには実際の資本金にレバレッジという倍率を掛けて取引できるため少ない資本金でも大きな取引額を扱えるといった特徴があります。

ビットコインFXとFXの違い

外国為替取引を行うFXでは株式市場が開いている平日しか取引できませんが、ビットコインFXは24時間365日取引可能ですので、好きな時間に取引できます。

また、FXはすでに多くのトレーダーが取引しているため取引額・実績が豊富なことなら値動きの幅がある程度決まっていますが、ビットコインFXはできたばかりの相場であるため値動きの幅が大きいのが特徴です。

値動きの幅が大きいと大きな利益を狙える反面、リスクも大きいため初心者は少額から取引を始めることをおすすめします。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

ビットコインFXのメリット

喜んでいる人

これまでビットコインFXの特徴について解説してきましたが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからはビットコインFXならではのメリットについて紹介していきます。

以下の4つの項目に分けて詳しく解説していきますので、確認していきましょう。

  • 現物取引よりも大きな利益が期待できる
  • 価格が下がっている相場でも利益が出せる
  • 少ない資本金から取引できる

現物取引よりも大きな利益が期待できる

前述したとおりビットコインFXにはレバレッジという制度があります。

基本的に現物取引の場合は長期保有が前提となるため、大きな利益を得るためには数ヶ月以上かかってしまうことが多く、資本金が少ない人はさらに長い時間を掛ける必要があります。

レバレッジは資本金の数倍の金額で取引できる制度であるため少ない資本金で、かつ、短期間で大きな利益が狙えます。

多くの取引所ではレバレッジの最大倍率を4倍としているため、例えば100万円の資本金がある場合は400万円相当の取引が可能です。

レバレッジはリスクがある取引ですが上手に活用できると大きな利益を狙えるので、基礎知識を身につけましょう。

FXのレバレッジとは?計算方法と倍率のかけ方・最大値やリスクを徹底解説

価格が下がっている相場でも利益が出せる

現物取引や株式取引では、取引する通貨や株を実際に購入し売ることで利益を出す手法であるため手元に通貨や株がないと売ることができませんが、ビットコインFXはポジションの保有によって決済した時点での買値と売値の差で利益を出す「売り」の取引が可能です。

そのため現物取引では価格が低下するまで「買い」を待たなくてはなりませんでしたが、ビットコインFXでは待つ必要がありませんので、時間を有効活用して取引できます。

短期間で利益を出したい方におすすめの取引手法です。

FXのショートとは?ロングとの違いやショートポジションで利益を出す方法を解説

少ない資本金から取引できる

ビットコインは1通貨あたりの単位が「1BTC」で、1BTCの価格は300万円を超えることも珍しくありません。

そのため、ビットコインの取引では大金がないと取引ができないと思っている方も多いのではないでしょうか。

取引所によって異なりますがビットコインFXは0.01BTCから取引ができるため、例えば1BTCの価格が300万円の場合は3万円から取引が始められます。

ビットコインはFXや株式取引より価格の変動幅が大きいため、少ない時で1BTCの価格は100まんえん程度になることもありますので、タイミングによっては1万円から始めることもできます。

ビットコインFXのデメリット

困っている人

これまではビットコインFXのメリットを紹介してきましたが、もちろんビットコインFXもいい点ばかりではありません。

実際にビットコインFXを始めた方にも、制度をあまり理解せず取引をして大きな損失を出した方もいます。

取引を始めてから後悔しないようにビットコインFXのデメリットについても確認しましょう。

以下の2つのデメリットについて、一つずつ詳しく解説していきます。

  • 損失が大きくなる
  • 取引が強制終了される可能性がある

損失が大きくなる

先ほど紹介したとおりビットコインFXにはレバレッジは少ない資本金で大きな取引が行える反面、損失も大きくなってしまうリスクがあります。

例えばビットコインの価格が100万円の時、資本金25万円に4倍のレバレッジを掛けて1BTC分のポジションを購入したとします。

その後、予想と反してビットコインの価格が購入時の半額になってしまうと損失額は50万円です。

この場合は資本金の25万円がなくなるだけではなく、さらに25万円分の支払いが必要です。

上記のようにビットコインFXは価格が大きく変動する性質とレバレッジの制度があるため、損失が大きくなる可能性がありますので、リスクを理解した上で取引しましょう。

取引が強制終了される可能性がある

先ほど紹介した例では資本金よりも大きな損失を負ってしまい追加で支払いが発生しましたが、ビットコインFXでは損失額が資本金を超える前に強制的に決済する「ロストカット」という制度があります。

例えば、損失が25万円になった時点で決済して資本金以上の損失を生まないようにする制度です。

ロストカットは機械的に行われる決済であるため基本的には資本金を超える損失は発生しませんが、相場の変動が激しい場合はロストカットの対応が間に合わず追加で損失分を支払うケースもあります。

また、長期的にみると上昇すると見込んでポジションを保有していた場合でも、一時的に価格が下落してロストカットされてしまう可能性があります。

思わぬロストカットで損失が発生しないよう、証拠金の維持率には細心の注意を払いましょう。

FXの強制ロスカットとは?間に合わなくて借金が発生するケースと回避するポイントを解説

ビットコインFXのやり方

始め方

これまでビットコインの特徴について紹介してきましたが、実際にはどのように始めるのでしょうか。

ここからはビットコインFXの始め方や取引のやり方について解説していきます。

ビットコインFXの流れは以下のとおりです。

  • 取引所に登録する
  • 日本円を入金する
  • 取引を開始する

一つずつ詳しく紹介していきますので、確認しましょう。

取引所に登録する

ビットコインFXを始めるなら、まずは仮想通貨取引所に登録が必要です。

取引所によって詳細は異なりますが、基本的には登録の流れは以下の手順のとおりです。

  • メールアドレスの登録
  • 個人省情報の登録
  • 本人確認書類の登録

インターネット上での登録作業は10分程度で終えることができますが、本人確認書類登録の2~3日後に取引所から「本人確認の通知文書(ハガキ)」が届いてから実際の取引が開始できます。

おすすめの取引所については後ほど紹介しますので、ご確認ください。

日本円を入金する

取引所への登録が完了したら次は入金です。

日本円の入金は主に次の3つの方法でできます。

  • 銀行振込
  • ネットバンキングから入金
  • コンビニ入金

ネットバンキングからの入金は即時または当日、銀行振り込みは当日~翌営業日に反映されることが多いです。

ただし、利用する取引所によって入金時間が異なりますので、お急ぎの方は事前に確認しておきましょう。

取引を開始する

入金が完了したら早速取引を開始しましょう。

取引は「買い」または「売り」の注文を入れて、決済するといった流れで行います。

具体的な取引の流れについて、以下の2つの項目に分けて解説します。

  • 買い・売りの注文を入れる
  • 決済する

前述したとおりビットコインFXは実際にビットコインを購入するのではなく、ポジションを保有し買値と売値の差額で取引をする手法です。

そのため現物取引や株式取引とは異なり「売り」から取引を始められますが、取引手法は「買い」と大きく変わりませんので、「買い」と「売り」を合わせて紹介していきます。

買い・売りの注文を入れる

ビットコインFXのチャート

ビットコインFXの取引では基本的に今後の相場の動向を予測して取引します。

例えば今後、価格が上がると予測した場合は買い、価格が下がると予測した場合は売りの注文を入れます。

注文を入れる方法は指値注文と裁量取引の2パターンあり、指値注文は相場が一定の価格に達した場合に自動的に注文を入れる手法で、裁量取引は自分のタイミングで注文を入れる手法です。

指値注文は機械的に注文を入れるため定期的に上下する相場に向いていて、裁量取引は大きく価格が変動するタイミングで行う際に向いている手法です。

最初は指値注文で取引して、ある程度取引に慣れてきたら裁量取引も合わせて使えると良いでしょう。

決済する

ビットコインFXは差金決済取引であるため決済しないと損益が決まりません。

決済も注文と同様にある一定額まで相場が達したら決済する指値決済と、ご自身のタイミングで決済する裁量取引があります。

ビットコインは株式取引やFXと比較しても価格変動が激しいため、決済するタイミングを誤ると大きく損失してしまう可能性があります。

もちろんロストカットによって損失額を抑えることができますが、相場の変動が激しい場合はロストカットが遅れる場合がありますので、損失する可能性が高いときは早めに決済しましょう。

ビットコインFXで失敗しないコツ

ビットコインのコツ

前述したとおりビットコインFXは大きな利益が期待できる一方、リスクも大きいです。

そのため、リスク管理ができていない初心者が失敗してしまうケースが多いです。

取引開始後に後悔しないよう失敗しないコツを押さえておきましょう。

ビットコインFXで失敗しない3つのコツについて紹介していきます。

  • ポジションを長く持ち続けない
  • レバレッジの倍率は低めに設定する
  • 取引のルールを決める

一つずつ確認していきましょう。

ポジションを長く持ち続けない

ビットコインFXでは日をまたいでポジションを保有しているとレバレッジ料が掛かります。

レバレッジ料は多くの取引所で1日あたり「1BTCの価格×保有ポジション数×0.04%」としており、1BTCが100万円の場合、1BTC(ビットコイン)あたり400円のレバレッジ料が掛かります。

場合によっては利益を圧迫する可能性がありますので最初のうちは長くポジションを持ち続けないようにしましょう。

もちろんポジションを長期的に保有して大きな価格変動に期待する場合もありますが、レバレッジ料が積み重なることも考慮して取引する必要があるため資産管理が複雑になりますので、ある程度取引に慣れるまでは短期的にポジションを売り買いすることをおすすめします。

レバレッジの倍率は低めに設定する

レバレッジは資金以上の取引ができる魅力的な制度ですが、倍率を高くするほどロストカットの対象となりやすく、ちょっとした価格変動で資金を失ってしまうリスクがあります。

ビットコインFXは価格の変動が激しく慣れている人でも相場の動向を予測することは、簡単ではありません。

市場の傾向がある程度、把握できるようになるまでは低いレバレッジで取引することをおすすめします。

初心者は特に1倍以下のレバレッジで取引して、まずは取引の流れを把握することを優先しましょう。

取引のルールを決める

ビットコインFXなどの投資では、「損失を取り替えした」「大きな利益を得たい」という気持ちが先行してしまい、失敗してしまうケースが少なくありません。

熱くなってしまう気持ちを抑えて冷静に取引することが重要ですので、取引をする前に自身のルールを決めておくと良いでしょう。

例えば、ビットコインFX以外も含めた自分の総資産額の何%まで取引するといったルールや、損切りするタイミング、何回連続で負けたら1月間は取引をしないなど、自身の冷静さを保つためにマイルールを作りましょう。

ビットコインFXのおすすめ取引所

これまでの記事では、ビットコインに関する特徴・失敗しないコツ、取引の流れなどを紹介してきました。

しっかりと読み基礎知識を抑えたら実際に取引所に登録してみましょう。

ビットコインFXの取引所は国内でも多数ありますので、中でも初心者におすすめの取引所を3つ紹介します。

  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン
  • BitMEX

一つずつ詳しく紹介していきますので、ご自身にあった取引所を見つけましょう。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

大手企業「DMMグループ」が運営する仮想通貨取引所のDMM Bitcoin。

DMMグループはDMM FXなど金融関係の事業を行なっていることもあり、セキュリティと信頼性は業界でもトップクラスを誇ります。

また、ビットコインの他にもリップルやイーサリアムなど豊富な種類の仮想通貨の取引ができます。

さらに取引手数料や出入金手数料、送金手数料が無料なので、コストを掛けずに取引可能です。

365日対応可能なLINEでの有人サポートや豊富な機能でチャート分析できるツールがあるため、初めての方でも始めやすい取引所です。

GMOコイン

GMOコイン

顧客満足度No.1のGMOコイン。

DMM Bitcoinと同様に各種手数料が無料で、さらに数百円から取引できるため少額から取引を始めたい方におすすめです。

また、毎月500円から積立して決まった暗号資産を自動で購入できる「つみたて暗号資産」や資金をGMOコインに預けて運用してもらい、さらに資金の賃借料として資金の3%を受け取れる「暗号資産」など独自のサービスがありますので、資産運用を簡単に依頼したい方にもおすすめです。

各種機能やセキュリティも業界トップの水準を誇りますので、安心して使用できるでしょう。

BitMEX

BitMEX

ビットコインの取引高が世界No.1のBitMEX。

海外にある取引所で、パスポートやマイナンバーなどの提出による本人確認書類の提出がないため、簡単に取引が始められます。

また、国内の取引所ではレバレッジが最大4倍に設定されているところが多い中、BitMEXでは100倍のレバレッジを掛けて取引できます。

高いレバレッジを掛けて万が一、損失額が資本金を超えても資本金以上の損失については支払いが発生しない制度もありますので、リスクを抑えて取引できる点もおすすめです。

ただし国内の取引所と比較するとサポート体制は充実しておりませんので、ご注意ください。

まずは少額取引から始めよう

ビットコインFXは現物取引やFX、株式取引と比較しても少額で取引を始められ大きな利益を期待できる反面、価格変動が激しくリスクも高い取引です。

億トレーダーなど高額を稼いでいる人もいますが、失敗している人が多いのも事実です。

まずは取引の知識を身につけるために少額から取引を始め、ある程度慣れたら取引の幅を増やしていきましょう。

また、取引を始める前にルールを決めて資産管理を徹底してリスクマネジメンをも忘れずに行いましょう。

関連記事