カテゴリー
仮想通貨

ビットコイン(BTC)のアビトラージ(裁定取引)とは?やり方の流れ・儲け方や注意点を解説

仮想通貨取引を始めて取引経験をある程度積むと「アビトラージ」という取引手法を耳にすると思います。

アビトラと略して使っているトレーダーも多く、リスクを抑えられる手法として大きな注目を浴びています。

しかし実際にアビトラージでリスクを抑えて取引出来るかわからない人も居ますよね。

今回は仮想通貨におけるアビトラージとはどのような手法なのか詳しく解説していきます。

アビトラージのやり方や注意点を紹介するので、仮想通貨取引をしている人やこれから取引する人は参考にしてください。

【2021年】ビットコインで爆死した人の失敗談!ビットコインはバブル崩壊・暴落でもう終わり?

ビットコイン(BTC)アビトラージとは

ビットコインでのアビトラージは、日本語で裁定取引と呼ばれており、金利差や価格差などを利用して利益を出す手法です。

FXでもスワップ鞘取り手法が流行っており、価格変動で利益を得る手法ではないのでリスクを抑えることができます。

ビットコインでアビトラージ手法を用いる場合は、取引所の価格差を利用して利益を得る手法が主流です。

例えばA取引所とB取引所があり、ビットコインの価格が下記の通りだとします。

A取引所 B取引所
購入 売却 購入 売却
100万円 99万円 102万円 101万円

上記の場合、A取引所で1BTC100万円で購入しB取引所で売却すれば1万円の利益になります。

上記の様にアビトラージは各取引所の価格を比較して、安く購入出来る所と高く売却出来る所を探し、差額を狙って利益を得ます

FXのスワップポイントサヤ取りとは?取引方法とおすすめのFX会社の組み合わせを紹介

取引所の価格差を使って利益を得る取引

通貨の場合、取引所によって価格差が生まれることはスプレッド以外ありません。

なぜなら円やドルなどの通貨は充分な流動性があり、取引量があるため価格が安定しているからです。

一方で仮想通貨は、取引量が取引所によって異なったり仮想通貨の種類が豊富であったりする為、取引所によって価格が異なる事案が発生しやすい相場になります。

特に仮想通貨の価格変動に関連する大きな経済指標や要人発言などがあるケースは、取引所間の価格差は大きくなる傾向にあります。

裁定4~5箇所の取引所の口座が必要

ビットコインで取引している人は既に1~2口座ほど開設していると思いますが、アビトラージは最低でも4~5箇所の口座開設が必要になります。

アビトラージは各取引所の価格差を利用して稼ぐ方法なので、より多くの取引所で価格差を狙える様に下準備しておくのが必須になります。

アビトラージのメリット

アビトラージの取引方法を知っても、どのようなメリットがあるのか理解出来ていないと仮想通貨取引に活かすことはできません。

これからメリットを紹介するので、ご自身の取引方法とうまく組み合わせてメリットを活かせるか判断しましょう。

低リスクで利益を見込める

アビトラージは各取引所の価格差を狙って利益を得る方法なので、仮想通貨の価格変動を待って利益を得る必要がありません

価格が大きく変動するタイミングで取引しない限り、確実に利益を得ることができるので低リスクでしっかり利益を得ることができます。

価格変動が小さい相場でも利益を出せる

仮想通貨の価格変動が小さい相場状況でも、アビトラージは利益を出すことが可能です。

価格変動幅ではない方法で利益を狙うので、仮想通貨の相場状況に大きく振り回されることが無く、コツコツ利益を積み重ねられます。

アビトラージのやり方の流れ

アビトラージのやり方の流れを紹介します。

  • 【STEP1】暗号資産取引所の口座開設(4~5箇所)
  • 【STEP2】各口座に資金を入金
  • 【STEP3】取引所の価格を確認
  • 【STEP4】安く購入できる取引所で暗号資産を購入
  • 【STEP5】高く売却できる取引所に暗号資産を送付
  • 【STEP6】送付した取引所で暗号資産を売却

アビトラージは変動幅を狙った手法ではないので、取引するまでの事前準備が重要になります。

現在仮想通貨で取引している人も、口座が1~2つしか無い人は他の取引所での口座開設を検討してください。

【STEP1】暗号資産取引所の口座開設

アビトラージは複数の取引所で口座開設する必要があります。

暗号資産取引所は国内でも10箇所以上存在するので、自分に合った取引所で口座開設することをおすすめします。

またアビトラージは価格差を狙った手法なので、取引手数料や入出金手数料を抑えると利益をより多く取得することができます。

口座を選ぶ際には、取引手数料などのコストを考慮して選びましょう。

【STEP2】資金の入金

口座開設が終わると、日本円を口座に入金します。

入金方法は各取引所によって異なりますが、大体の取引所は取引手数料が無料のリアルタイム入金が可能になっています。

リアルタイム入金はネットバンクを利用して取引所に資金を入金します。

ATMや銀行から入金する振込入金は、手数料を取られてしまうので注意しましょう。

【STEP3】各暗号資産取引所の取引価格の確認

口座に資金を入金した後に、各暗号資産取引所の取引価格を確認します。

暗号資産を安く購入できる取引所と高く売却出来る取引所をチェックしていく必要があるので、アビトラージ向けのサービスを利用するのも1つの手段です。

取引所を選定すると取引に移行します。

【STEP4】暗号資産の購入

取引価格の確認が終わり、安く購入できる取引所を選定すると暗号資産を購入します。

取引所によって暗号資産の購入操作は異なるので、購入時に誤操作しないように注意しましょう。

事前に操作マニュアルなどで確認しておくこともできます。

【STEP5】別の取引所に暗号資産を送付

暗号資産の購入後、売却する取引所に購入した暗号資産を送付します。

暗号資産を送付して売却する際に注意しておきたい点が、手数料です。

アビトラージ手法は必ず利益を出すという事が重要で、送付先の取引所の手数料が高く、利益がゼロになってしまうと意味がありません。

価格差だけでなく、手数料がいくら掛かるのか利益勘定する際に加算して純利益を計算しておきましょう。

【STEP6】送付した取引所で売却

手数料を加味して売却する取引所に暗号資産を送付した後は、暗号資産を売却します。

購入した取引所とは取引操作が異なるので、間違えないように注意しましょう。

また購入した時点での売却価格と、実際日売却する時の価格が大きく乖離しているケースもあるので事前に確認しておきましょう。

アビトラージで稼ぐ時の注意点

アビトラージで稼ぐ時の注意点をまとめました。

アビトラージは低リスクで利益を確実に狙う手法ですが、リクスがゼロになる訳ではありません

急な価格変動が発生すると、売却価格を大きく下げてしまう相場もあるのでアビトラージを過信して利用するのはやめましょう。

アビトラージを実施している最中に価格が大幅に変化する可能性がある

アビトラージを実施している最中にも暗号資産の価格は変動しています。

取引所へ送付している間に大きな価格変動が発生して、価格が大幅に下落してしまう可能性があります。

アビトラージを判断する時点で、大きな利益を狙えると考えても逆に損失してしまうリスクもあるので注意しましょう。

各取引所の手数料体系を確認しておこう

暗号資産でアビトラージを行なう際に発生する手数料は下記の通りです。

  • 入金手数料
  • 取引手数料
  • 送付手数料
  • 預入手数料
  • 出金手数料

大手企業が提供している暗号資産取引所は、取引手数料が無料だったり入金手数料が即時入金のみ無料だったりするのでコストを抑えられます

手数料は利益を減らす要因の1つになるので、口座開設する時に事前確認しておきましょう。

アビトラージ向けのサービスを利用して誤操作を防ぐ

アビトラージは各取引所の暗号資産の価格を把握する必要があります。

しかし、他の取引所の価格を比較する操作は様々なアプリを開いて確認する必要があるので面倒です。

面倒な操作をして間違った取引で失敗してしまうと勿体ないので、価格を比較する時はアビトラージ向けのサービスを利用しましょう

アビトラージ向けのサービスは。、複数の暗号資産取引所の価格情報を一覧で表示してくれます。

コイン相場

コイン相場

コイン相場は、価格差をチェックするのに最適のアプリです。

コイン相場は通貨の種類ごとに、複数の取引所の価格をリアルタイムで表示してくれます。

暗号資産の種類は21種類以上取り扱っており、Coin check・Bit Flyer・Zaifの取引所に直接アクセスして取引できるので手間を省けます。

アビトラージにおすすめの取引所

アビトラージにおすすめの取引所を紹介します。

アビトラージは価格差を狙うので、取引手数料をいくら抑えられるかが重要になってきます。

また信頼性・安全性も重要になってくるので、安心できる環境でアビトラージ手法を使える様にしておきましょう。

Coin check

CoinCheck

Coin checkは東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っている暗号資産取引所なので、信頼性が高いです。

また取引手数料も無料になっており、入金手数料も無料なのでコストを抑えられます。

更にCoin checkの取扱通貨は国内最多の16種類です。

マイナーな暗号資産も取り揃えているので、アビトラージ手法以外の手法も幅広く対応しているのでおすすめです。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM BitcoinはFXや株でも有名なDMMグループを親会社に持っている暗号資産取引所で、安全性・信頼性が担保されています。

DMM Bitocoinはレバレッジ取引が可能で、取り扱っている12種類の暗号資産でレバレッジ取引できます。

レバレッジ取引と言っても最大2倍までとなっているので、FXのようなハイレバレッジでリスクを高くした取引をせずに、利益効率を上げることができます。

DMM FXの評判・口コミはどう?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインはGMOグループが運営している暗号資産取引所で、GMOクリック証券でのノウハウを活かした管理体制やサービスを提供しているので、初心者におすすめです。

GMOコインはレバレッジ取引にも対応している上に、取引ツールのテクニカル指標も揃っているので、初心者~上級者まで充実した環境で取引できます。

GMOクリック証券「FXネオ」の評判・口コミはどう?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

アビトラージは低リスクで利益を狙えるからおすすめ

アビトラージは低リスクで利益を狙える手法なので、取引経験の少ない人でも利益を出すことができます。

ただしアビトラージは資産をある程度用意する必要があるので、少額資金の人には難しい手法でもあります。

アビトラージを試してみたいという人は、ある程度資産を確保できた状態で始めることをおすすめします。

関連記事