カテゴリー
バイナリーオプション

バイナリーオプションは最低10円から少額取引可能!少額から稼ぐポイントとおすすめのバイナリー業者を紹介

バイナリーオプションはレート方向が上がるか下がるか予想する取引で、裁量トレードよりシンプルに稼ぐことができるので初心者から高い人気を得ています。

今回はバイナリーオプションが少額取引できるかについて解説していきます。

最低取引金額や少額取引できるFX会社も詳しく説明しているので必見です。

バイナリーオプションで少額取引したい人は参考にしてください。

バイナリーオプションとは?初心者にとってリスクがある理由・対処法

バイナリーオプションは最低50円から少額取引可能

国内FX会社ではバイナリーオプションのチケット最低金額を50円に設定しており、1000円以下ではじめられます。

投資金額を数十円単位に抑えられる為替投資は少ないので、少額取引したい人に最適の投資方法です。

通貨ペアによっては50円以上かかるものもあるので、1000円程度で取引を開始しましょう。

バイナリーオプションは少額で始めるのがおすすめな理由

バイナリーオプションはチケットを少額で購入できることはもちろんですが、ロスカットで追証が発生することが無いのも理由の1つです。

裁量トレードの場合、損失金額が一定でないので少額取引でも大きく損失してしまう可能性があります。

しかし、バイナリーオプションはチケット購入代金が損失金額になるので資金がマイナスになる心配がありません。

損失額がチケット購入代金のみ

FXの裁量トレードでも少額取引可能ですが、損失金額が一定ではないので資金をすべて失ってしまう可能性があります。

バイナリーオプションは自分で損失金額を管理することができるので、どんな取引でも損失額をコントロールできます。

値段が安くても損失リスクが高いと儲けることができないのでおすすめできませんが、バイナリーオプションはリスクを抑えて稼ぐことができるのでおすすめです。

ロスカットの危険性が無い

バイナリーオプションは裁量トレードのようにロスカットになる危険性がありません。

チケット購入分だけ損失することが決まっているので、資金すべてをチケット購入に回さない限りすべて失うことはありません。

FXでの裁量トレードはロスカットで資金マイナスになると追証が発生します。

FXの強制ロスカットとは?間に合わなくて借金が発生するケースと回避するポイントを解説

資金を失った上に支払いが発生しますが、バイナリーオプションは追証が発生しません。

チケット購入数量をしっかり管理すれば資金をすべて失うことはないので少額取引向き投資方法です。

FXの強制ロスカットとは?間に合わなくて借金が発生するケースと回避するポイントを解説

取引回数が少なく損失を引きずらない

バイナリーオプションは裁量トレードのように何回も取引することができません。

日本ではバイナリーオプションの規制があり、1日11回ほどしか取引できません。

裁量トレードのように感情的になってポジションを保有し続けてしまう心配がありません。

1回1回取引が完結するので、損失をずるずる引きずることもありません。

回数制限があると少額取引内容を管理することができます。

少額でバイナリーオプションを始める時におすすめの業者

少額からでもバイナリーオプションを始められるサービスは海外業者と中心に多くあります。

しかし、少ない資金であるほど安全な取引が難しくなるので注意が必要です。更に海外業者は厳格なルールが課されていないため、初心者が最初の口座に選ぶのは危険です。

国内バイナリー業者の中にも、少額から始めて利益を増やせる業者は存在します。ここからは、その中でもおすすめの2社を紹介します。

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券の外為オプションは、デモトレードから始められることや、取引ツールが使いやすいことなどが高く評価されています。

スマホから気軽に取引を進められて、操作性に優れていて気軽に取引が可能です。

ラダーオプションで銘柄もメジャーな5種類を採用しているので、値動きが予想しやすく初心者でも始めやすい点が魅力的な商品です。

50円ほどでエントリー可能なので、試しにバイナリーオプションを始めたい方も低リスクで楽しめます。

トレイダーズ証券「みんなのオプション」

みんなのオプションの攻略法を解説

みんなのオプションもチケット価格を1lotあたり50円~990円に設定しているので、少額取引が可能です。

ペイアウト価格は一律1,000円なので、少額から始めても高倍率の利益を得ることが出来ます。

ラダーオプションとレンジオプションの2種類の取引タイプがあり、相場環境に応じた切り替えが出来るので投資戦略の幅は大きく広がります。

初心者から上級者まで使える魅力的な商品です。

みんなのオプションの評判はどう?リアルな口コミと攻略法・取引のやり方・使い方を解説

YJFX!「オプトレ!」

オプトレ!

オプトレは最低チケット購入金額が10円、ペイアウト金額が1,000円一律なので、最大100倍のペイアウト倍率を誇ります。

国内バイナリーの中ではトップの利益率を誇る上、損失額が少なくて済むのでお試し感覚で利用するのも一つの手です。

通貨ペアも合計8種類と豊富に取り揃えています。

オプトレ!(YJFX!)の評判・口コミはどう?メリット・デメリットや口座開設の流れを解説

少額のバイナリーオプションで必須のテクニカル指標

バイナリーオプションではテクニカル指標をいかに活用するが勝敗を分けます。

経済政策から金利見通しを分析するよりも、テクニカル指標から過去の推移と比較したほうが瞬時に正しい判断をすることが可能です。

ここからは、バイナリーオプションを始めるなら必ず覚えておきたいテクニカル指標を紹介します。

FXのテクニカル分析とは?2つの種類と初心者におすすめの手法・分析時の注意点を徹底解説

移動平均線

移動平均線

一定期間の価格から平均値を計算して折れ線グラフを表したものです。

期間中の価格を毎日計算して、その結果に応じて平均値が移動していきます。

例えば、移動平均線を利用してチャートを分析して以下の情報が分かったとします。

  • 平均線は低いが現在はトレンド傾向
  • 期間中は過去にも同じ推移をしている

この場合、以前にも傾向だけで判断して負けたトレーダーが多いということが分かり、安易に買い注文するのは危険だと分析できます。

三尊・逆三尊

三尊

三尊(ヘッド&ショルダー)とは、チャートが高値を更新した後に直近の安値まで戻り、一度反発して高値を更新した後に抜ける状態を指します。

チャートの形が人の頭と肩のような形状になるため、ヘッド&ショルダーとも呼ばれます。

三尊の形でチャートが推移した後は下降トレンドに転換する傾向が強いので、注文時の参考に出来ます。

逆の形(逆三尊)の場合は、反対に上昇トレンドへ転換する傾向が強いです。

一目均衡表

一目均衡表

一目均衡表は、チャート上に5つの線を引いてチャートを分析する方法です。

線の名称 内容
転換線 過去9日間の最高値と最安値の平均を結んだ線。相場の短期的な方向性を示す。
基準線 過去26日間の最高値と最安値の平均を結んだ線。相場の中期的な方向性を示す。
先行スパン1 基準線と転換線の平均値を26日先行して表示
先行スパン2 去52日間の最高値と最安値の平均値を26日先行して表示
遅行スパン 当日の価格と26日前の価格をした線

こちらの5つの線を利用し、3つの理論をもとに取引を実施していきます。

理論 内容
時間論 時間の視点から分析をおこなう
波動論 チャートの波形パターンから分析をおこなう
水準論 上値と下値から次の天井と底を推測して分析をおこなう

一目均衡表を使った分析は時間論・波動論・水準論という3つの理論に分けておこない、取引に活用していきます。

一目均衡表を使った手法は豊富なバリエーションがあるので、初心者は学習を進めていきましょう。

海外のバイナリーオプションをおすすめしない理由

最低金額が10円に設定されているのは日本国内の話で、海外のバイナリーオプションなら更に少額で取引できる商品も存在します。

どんなに少額で取引できる海外バイナリーオプションでも、国内FX会社をおすすめします。

海外FX会社はトラブルが頻繁に起きる可能性があり、国内の公的機関がサポートしてくれないので非常に危険です。

海外FX会社が危険な理由
  • 出金できない可能性がある
  • 信託保全が無いから安心して資金を投資できない
  • 日本語でサポートしてくれるところが少ない
  • 出金手数料が高い

特に初心者は取引経験がないので、サポート体制が万全な国内FX会社で取引しましょう。

海外FX業者で出金できないトラブルが多発している

海外FX業者で取引して出金できないトラブルが多発しています。

口座開設して儲けることができても、利益を回収できなかったら意味がありません。

国内の法律が適用されないので、出金トラブルが起きると最悪の場合すべて資金を失ってしまう可能性があります。

信託保全制度がない

信託保全制度

信託保全がない海外業者で取引すると、万が一のことが起きた時資金が返ってきません。

信託保全制度(破綻時)

信託保全は万が一業者が倒産しても資産が守られるシステムなので、自分の資金をしっかり守ることができます。

信託保全のない海外FX会社で取引していて会社が倒産すると資金を失ってしまうので非常に危険です。

日本語サポートに対応していない

海外FX会社が日本語サポートに対応していない場合、全て外国語で対応する必要があります。

なにかトラブルが発生した時対応してくれないケースが多発しているので、取引以外の部分で損をしてしまいます。

日本語対応だとしても海外に電話しているので、電話代が高くなります。

コストが高くついてしまうのでおすすめできません。

出金手数料が高い

海外口座なので、出金時の手数料が高くつきます。

せっかく稼いだ収益なのに、手数料で数千円も持っていかれると勿体ないです。

国内FXで出金する場合、手数料は会社で負担してくれます。

取引コストをしっかり抑えて取引できるので国内FX会社のほうがおすすめです。

少額バイナリーオプション取引の注意点

バイナリーオプションはリスクを限定できる取引方法ですが、損失することは変わりないので資金管理をしっかりする必要があります。

バイナリーオプション詐欺の業者もあるので、口座開設する時は安全性の高いところを選びましょう。

少額取引は利益が少ない

バイナリーオプションはペイアウトが一定しているので、裁量トレードのように大きく稼ぐことはありません。

Lot数を少なくして取引すると、当然利益率も低くなるのでしっかり稼ぎたい人はある程度資金を集めて取引しましょう。

利益とは別に練習したい・相場環境になれたいという人は少額取引向きなのでおすすめです。

低リスクでも根拠のない取引はNG

少額取引で損失額もきまっているからといってギャンブルトレードしていると、いつの間にか資金がゼロになってしまいます。

ギャンブルトレードはどのような投資方法でもしないように心がけましょう。

バイナリーオプションは二者択一の投資なので、ギャンブル性の高い取引と思いがちですが勝率を上げるには根拠をもってトレードする必要があることを理解しましょう。

バイナリーオプションは少額でも利益を期待できる

バイナリーオプションは最低50円から取引できる投資方法ということがわかりました。

損失額も限定されている初心者向きの投資方法です。

ただし、バイナリーオプションは詐欺団体も多いので、初心者は国内FX会社で口座開設しましょう。

知識のあるトレーダーは、ある程度怪しい団体を避けることができますが、初心者は知識が少ない為騙される可能性があります。

国内FX会社が提供しているバイナリーオプションは国が保証しているので、はじめてバイナリーオプション取引をする人におすすめです。

関連記事