自称プロトレーダーのセールストーク…

Posted by:



自称プロトレーダー、無登録FX塾やセミナー業者のセールストークにツッコむ

「最近では月に資金を4倍にした経験を持つ」

単なるリスクの取り過ぎ。1万円を4万円にしたのか?
FX相場では、1億円を4億円にするのも同じ作業(FX業者が約定するのであれば)
もしできるのであれば生涯賃金もあっさりと1ヶ月で稼げてしまう。
為替相場はランダムネスではないがそれに近いもの。 → 参照:市場はランダムウォーク!?
そのトレードの潜在的リスクを無視し、たまたま取れた利益を自慢しているようでは、そのキャリアは信用に値しない。
またプロフェッショナルであればあるほど、これは口外したがらないはずである。 → 参照:トレーダー(相場師)として一貫した成功を収めるために...

「どんな相場でも『週単位』ではまず負けない」

エントリー(/イグジット)の確度を上げるためには、エントリーにフィルター(ex.MA○○が上向きの時にショートポジションは取らない等)を掛けていく。
このフィルターが多ければ多いほど、トレード毎の確度は上がるが、反してトレード数は激減してしまう。
このトレード数を補うために、売買ルールを増やし、複数時間軸、複数通貨ペアでトレードするのだが、人間が対応できる数など高が知れている。これが「週単位で負けない」を否定するひとつの理由である。
これは仮に「月単位で負けない」であったとしても、その実現は非常に難しいと考えている。
年単位で勝ち続けているファンドがないこともこの証左となる。たかが10年程度でもほとんど存在しない。
このトレーダーは損切りをしてないだけ?大量にポジションを持ち、利益の出ているポジションだけ利食いしているだけなのかもしれない。
実績を上げてきたプロと呼ばれるトレーダーは「相場で永く生き残る為には、損失は早めに確定し、利益を最大限引っ張るべきだ」と真逆のアドバイスをするものである。 → 参照:利大損小でないと相場では生き残れないのか?

FX塾やキャリアの少ないトレーダーに多いセールストーク。
よく考えれば、ツッコミどころ満載なので注意されたい。

【関連過去記事】
トレードの幻想と現実
残念ながら...エクイティカーブは 綺麗な右肩上がり にはなりません
平均回帰と呼ばれる現象
FXで破産に至る理由とメカニズム


0

About the Author:

  Related Posts

Add a Comment