W2C-Clipper MT4資産運用システム … 3

Posted by:


W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」… 2/
 より...

当方が実践している「さらなるリスク低減」について列記させていただきます。参考になれば幸いです。

① 本EAは設定時期によりエントリーポイントが揃うことはありません(業者サーバーにやさしい(笑))ので、例えばInitial deposit:$10000、0.06ロット(ハイパフォーマンス設定=ハイリスク設定)の場合、M1チャートを6枚用意し、時期、あるいは任意値幅変動毎にEA設定(※マジックナンバーはチャート1枚ごとに別ナンバーを付与します) → 稼動させます。
これによりEAの出し入れでリスク管理の幅を大きく拡げることが出来ます。また両建て確率の上昇により「PLカーブ滑らか効果」も同時に期待できます。

② 短期トレードタイプEAとポートフォリオを組むことによるリスク低減。
例えば投下資金の50%を用いてハイパフォーマンス設定でW2C-Clipperが大きく含み損を抱え掴まった場合でも、前記トレードタイプEAを一時止めることで、容易にスタンダード設定として始めたのと同じリスク度に下げることが出来ます。短期トレードタイプEAが同様にワークするものと仮定すれば、年間パフォーマンスの低減もありません。
あくまでも参考程度ですが、例えばこのようなものを指します。

③ ナンピン+マーチンゲール改だけでEAポートフォリオを組むことも可能かと思います。
W2C-Clipperのロジックは、USD/JPY以外の通貨ペアでもワークします。もちろんそれぞれのパラメータは効率を考えて変更する必要がありそうですが、30%の戻り/押し目すら無いような暴落/暴騰相場でもない限り、ロジックに破綻はないと考えています。従いまして、USD/JPYに対して拮抗関係にある通貨ペアの同EAを並列に稼動させることで、容易にリスク分散することができると思います。
現状USD/JPYのリスクヘッジに効果を発揮すると考えられる通貨ペア EUR/USD、CHF/JPY、GBP/CHF、EUR/GBP に対応したW2C-Clipperについては、順次アナウンスします。

運用成績2011.01.10-

W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」… 4/
 に続く...

【関連記事】
トレーダー(相場師)として一貫した成功を収めるために...

【W2Cメールについて】
W2C情報・連絡メールが届かないメンバーが多数いらっしゃるようです。
原因はいろいろあるとおもいますが、当方は独自ドメイン: **@trgy.co.jp
または Gmail: **@gmail.com で送信しておりますので、
受信の設定、および迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
受信されるメールアドレスの変更も、こちらまでその旨ご連絡ください。

ユーザーの皆様へ...
W2C-Clipperやこの記事が皆様の投資にお役立ち頂けました際には、
お手数とは存じますが、下記URLをクリックし、ランキングアップにご協力下さい。
http://fx.blogmura.com/swinggroup/ 
http://blog.with2.net/link.php?512999 


0

About the Author:

  Related Posts
  • No related posts found.

Add a Comment