W2C-Clipper MT4資産運用システム

Posted by:



W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」

以前よりメール等でアナウンスしておりました、ウィンスクエアクラブ初のMT4自動売買ソフト『W2C-Clipper(ウィンスクエアクラブ- クリッパー)』 の一般発売を開始いたしました。

専用HP:http://w2c-clipper.com/

リーマンショック以降これまで様々な売買ルール(ASPでの販売物や海外Forum、W2C会員オリジナル等)を収集し勉強してきましたが、

後述(※) するような、毎回そのトレード自体の正確性を高めることを目的とした手法では、同一ルールであっても取り組む人によって差が大きいこと、
またEA化した場合、使用者のサインがほぼ同時に出ることの弊害( ⇒ ①業者サーバー負荷の振れ幅が大きくなることからくるスプレッドの拡大やスリッページ、未約定  ②同時に出るサインがわかっているディーラー側からの妨害や個人が不利益となる行為)から、安定して勝つことが難しい。。。ハードルが高いと判断しました。

(※)
・ 現在のナロースプレッド取引環境にベストマッチした、超利小損大のスキャルピング手法。
・ 複数時間軸のテクニカル指標や罫線分析、あるいはフォーメーション分析を用いて大きな値幅を狙うスイングトレード手法。
・ サポート/レジスタンス等を利用して逆張りで狙うボックスレンジトレード手法。
・ テクニカルポイントやチャートポイント、トレンドラインの破綻に追従する、ブレイクアウト手法。
・ ブレイクアウト後の相場に限定して、フィボナッチ数列等を利用して押し目や戻りのみを狙う気長な人向けの一点集中手法。
・ ある特定の、癖のあるマーケットだけをターゲットに、明確にトレード時間に制限を設け、一定幅を同方向に取り続ける時間相場限定手法。
 

ウィンスクエアクラブを通して今年、”相場でメシを食っている” 本物の専業トレーダーに出会う機会がありました。
その方の手法に多大な影響を受け、とりあえずとだけ付け加えさせてもらいますが、相場には 「資金管理のみで勝つ」 という結論に至りました。
そしてまずはじめに着手したものが、誰もが取り組める自動売買ソフトの開発です。

 その一つの完成形とも言えるものが『W2C-Clipper』なのです。

W2C-Clipperを簡単に説明するなら、前記トレードを点で捉えたものと表現すると、線で捉えたものというような表現になるかと思います。

言い換えれば、前記は、相場の性質や期間、参加者の心理状態に、結果が大きく左右されてしまうトレード手法なのです。

W2C-Clipperが、上に列記したような売買手法と根本的に異なる最も注目すべき点は、その”恒久性”にあるのです。

W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」… 2/
 に続く...



0

About the Author:

  Related Posts

Add a Comment